FC2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
狭く広く
今年も残すところ2週間あまりですね...
さすがに年内の仕事も追い込みで、今はウォールナットのシンプルなサイドテーブルを2つ(サイズもデザインも異なるモノです^^;)を作ってますが、その内の1つで久しぶりにやりました!
何を?って蟻組ってヤツです(^^ゞ

蟻組01
角度が付いてない真っ直ぐな組み合わせはあられ組と言いますが、蟻組の方が接合強度も上で言うまでもなく難易度も上です(笑)
まだ塗装前の状態ですが、オイルを塗ると木口と木端のコントラストがハッキリして美しくなりますよ!幅が50cmなのでここまで広いのは本当に久しぶりでしたが、やっぱりピタッと決まると気持ちが良いですね(^^)

セオリー通りだと上から見たときに1辺の長さが板厚のサイズとなる正方形が連続する様な感じになるので、今回は幅50cmに対して板厚が3cmで計算すると17枚組くらいが適当なのでしょうが、それだとちょっと手間が掛かりすぎだなぁと...
何せ予算が限られているので、こちらとしてはなるべく簡単にして尚且つ見た目も違和感ない様ににしないといけません!で、今回はあえて上から見たときに板厚よりも狭い長方形を間隔を広く配置する様な感じにして、これでどうにか13枚組という計算です。
文章で読んでも何だかわからないかもしれませんが、ニュアンスは伝わりましたかね?(^^ゞ

まぁ写真で見ても良い感じなのではないのかと思うので、気に入ってもらえたら嬉しいですね!って、その前にもう1つのテーブルも早く作らないと(^^;)









スポンサーサイト
未分類 | 23:20:10 | Trackback(0) | Comments(0)
ご利益
いやぁ、一気に寒くなりましたね(>_<)
まぁ12月だから当たり前という話もありますが、これまで暖かかっただけに余計に堪えますね(^^;)

寒さも増して年末っぽくなってきた昨日は地元の用木日吉宮の門松用の竹の加工でした!
実際に門松を立てるのは今度の日曜とのことですが、その前に竹の先を斜めにカットしておけば来週の作業がスムーズに運ぶという段取りなのでしょう...
この斜めに切る作業だけここ数年は僕が頼まれてしているという訳です(^^ゞ

2m弱に切った竹を12本(門松2セット分です!)工房に持って来てもらって機械で切るだけなのですが、竹を切ると刃が傷むので機械の刃も普段仕事で使うのと別に竹を切る用に準備した刃に変えないといけません。
あと機械のスライドテーブル上に竹を置くのですが日頃使わない位置に置くことになるので、その為のスペースを空ける必要があります。これは普段から僕がきちんと整理整頓しておけば問題ないんですけどね(笑)
さらに機械を使うときは素手で行いますが竹がよく冷えていてツライですし、切りたての竹は水分も含んでいるんでカットした後に竹の切り屑をキレイに掃除して機械が錆びない様にメンテしておかないといけないのです(^^;)

という感じで切ること自体より準備と後始末がなかなか大変なのですが、少しはご利益があるのではないかと思ってます(^^)

クリスマスツリー2018
これだけ門松の話を書いたのに写真はクリスマスツリーです(笑)
前回の紅葉と同様にここだけ切り取ってるとどこのお洒落な家?と思うかもしれませんが、少しでもアングルを変えると未だに現場っぽいのがバレますので(^^ゞ








未分類 | 23:37:52 | Trackback(0) | Comments(0)
12月?
今日は12月とは思えない記録的な暑さでしたね!12月ということを考えるとこれはもう猛暑?
暖かいのは助かりますが今週末には一気に真冬の寒さになるみたいなので、本当に何が起きてるの?って感じです(^^;)

実際に最近は台風とか集中豪雨とかこれまでの常識では考えられない規模のモノも多く、数十年に一度というレベルが毎年来てるし気もしますよね?異常気象が異常でなくなって来てるような...
こうなると「地球は大丈夫か?」とか「地球が危ない!」とかいう人もいますが、地球にしてみれば大きなお世話というか爆発でもしない限りどんな環境になっても地球は存続すると思うので、危ないのは地球じゃなくて我々人間の方ですよ(笑)

46億年という長い歴史の中には氷河期もあった訳だし、長いスパンで考えるとその内にかつての恐竜みたいに環境の変化に対応できなくなって人間が絶滅する可能性もあるんだろうなぁ...とボンヤリ考えてしまいます(^^ゞ
まぁ、遠い将来でもそうならない為には単に異常気象を嘆くだけでなく、少しでも環境に対するストレスを減らすことを普段の生活の中で意識しないとですね...
確かに環境と経済を両立させるのは難しい問題ではありますが、インディアンは物事を決めるときに7代先のことを考えるそうなので、何でもかんでも経済優先の日本人も目先の利益ばかり追うのはイイ加減にした方が良いのでは?と、思った季節外れの暑さでした(^^ゞ

紅葉2018
写真は少し前に撮った我が家のモミジです!一部を切り取っているので実物は写真ほどではありませんが、小さいながらも今年はなかなか見事で目を楽しませてくれしたよ(^^ゞ
昨日の雨で殆ど散ってしまいましたが、紅葉も自然の恩恵ですね(^^)










未分類 | 22:29:28 | Trackback(0) | Comments(0)
激レアな仕事
先日、山鹿の和傘職人(そもそも激レアな存在です!)から連絡があって、傘の軸になる木に溝を掘れないか?とのことでした...
電話ではよくわからなかったので、直接会って説明を聞いたら傘を開いたときにロックする金具を埋め込む為の溝で、金具の形に合わせて溝の深さに勾配を付ける必要があります。そもそも木工の基本は平面と直角なので、丸棒に加工をするのはかなりの難易度なのです(^^;)

しかし、図面を見ると丸棒に1つ穴が開いているので、この穴を利用すれば丸棒でも固定できるではないか!ということに気が付いて、何とか出来ると思いますと引き受けることにしました(^^ゞ
最近ふと思ったのですが、僕のところに仕事を頼みに来る人は他にアテがなかったり断られたりしてどうしようもなく...というケースも多い気がするので、そうなると無下に断るのも申し訳ないというか知り合いなら特にどうにかしてあげたいと思ってしまいます。過去にはそれで安請け合いして失敗したこともありますけど(笑)

で、今回の加工は冶具という材料を固定したり加工のサポートをする道具を作らないと不可能で、実際にその冶具を作るのが一番大変でした(^^;)
溝の長さ10cmに対して深さが2mmから15mmまでということで、材料を冶具にセットしてみたら予想以上の勾配でしたね。更に溝は両側に掘るのですが2mの丸棒は反っていて片方で勾配を合わせてもひっくり返して反対側にセットしなおすと微妙に勾配も変わってしまいます...
そんな訳でなかなか苦労しましたが、どうにかちゃんと加工ができて良かったです(^^ゞ

今日、無事に引き渡しましたが、とても喜んでくれて安堵しました(^^)
やはり職人さんだけあって僕が作った冶具を興味深そうに見て「スゴイ、スゴイ」と感心することしきりでしたが、木工屋さんは山の様にいるのに和傘職人は数えるほどしかいないので、やっぱり和傘職人の方がスゴイと思うのは僕だけではないはず(笑)
また何かあったら相談には乗りますよ!と言っておきましたけど、なるべくお手柔らかにお願いしたいですね(^^ゞ

丸棒溝掘り冶具
写真ではわかりにくいですが、真ん中の丸棒に溝を掘ったところです(^^)v








未分類 | 23:17:38 | Trackback(0) | Comments(0)
大台
私事ですが、先日誕生日を迎えまして、何と何と50歳になりました!アンビリーバボー(笑)
SNSなどでメッセージを下さった方もたくさんいて、この場を借りてお礼申しあげますm(_ _)m

30歳になったときも40歳になったときもイロイロと思うことはありましたが、50歳はまた全然違う重みがありますね...当たり前ですがアンケートでも50代に○しないといけないんですよ(笑)

織田信長じゃありませんが人生50年という時代もあった訳ですから、そう考えると人生1回終わったくらいの感覚はあるかも?(^^ゞ
実際にもし今この瞬間に人生が終わっても「幸せだったなぁ...」とシミジミ思えるくらい素晴らしい50年でした。そりゃあ振り返れば紆余曲折ありましたけど、これまでの全ての経験が今の僕を作っている訳ですから、そう意味では後悔とか殆どない(さすがに全然ないとは言いませんけど^^;)ですよ!

こんなに幸せな人生を過ごせているのもひとえに生み育ててくれた両親と、支えてくれている妻のおかげと心から感謝してますm(_ _)m
家族だけでなく僕は本当に人に恵まれていると思っているので、僕の50年に関わってくれた愛すべき皆さんにも感謝です(^^)

まぁ、おかげ様で両親揃って元気ですし、どうやら長生きの家系みたいなので、50歳も通過点の1つとして人生の後半戦は来世に繋がる様な意識を持って(話が壮大過ぎるw)充実した日々を過ごせればと思います(^^ゞ
という訳で長くなりましたが、皆さんには今後も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いしつつ、大台突入の挨拶でした(^^)

日本一石段
折角なので(?)50歳の記念に何かしようと考えて美里町にある日本一の石段(実に3,333段!)を登ってきました(^^)v
達成感も凄かったですが、その後の筋肉痛も凄かったです(^^;)









未分類 | 23:47:00 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

次のページ

FC2Ad