fc2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
丁寧な暮らし
毎日毎日なかなかの寒さですねぇ...
雪国の人などから見れば笑われそうですが、熊本では最低気温0℃/最高気温10℃を下回るとメッチャ寒いです(^^;)

まぁ、我が家はいわゆる高気密高断熱という今どきの家とは程遠く、寒いときは朝起きると家の中が3℃なんてこともありますから寒さを凌ぐには薪ストーブ、風呂、そして湯たんぽです(^^ゞ
何度か書いたかもしれませんが我が家の風呂は五右衛門風呂(と言っても見た目は普通にバスタブなのに直焚きが出来るモノで、ボイラーも繋がっているので普通にお湯を溜めることも出来ますが薪で沸かした方が気持ち良いのです!)なので、とにかく家に帰るとまず火を起こさなければなりません...

スイッチ1つで暖房とか風呂を沸かしたり出来る生活に比べたら何とも手間が掛かりますが、よく考えたらこれは流行り(?)の「丁寧な暮らし」っていうヤツではないですか!そう考えると何とも贅沢な気になりますね(^^)
実際に薪ストーブの炎とか見てると温度が上がるまで時間も掛かりますが幸せな気持ちになりますし、五右衛門風呂も毎日焚火をしているみたいで楽しいですよ!って、そもそも楽しいと思えない人はこんな暮らしはできないですね(笑)

という訳でまだしばらくは寒さに耐えながら丁寧な暮らしを楽しみたいと思います(^^ゞ

薪ストーブ2022
薪の準備も大変ですが薪が増えると豊かな気持ちになるので、蓄財じゃなくて蓄材にも励んでます(笑)








スポンサーサイト



未分類 | 22:39:57 | Trackback(0) | Comments(0)
改造中
唐突ですが1月も11日になるというのに今年はまだ何も作ってません!
というのも今年の最初の仕事はルーターテーブルの改造なのです(^^;)

実は昨年末にルーター(簡単に言うと溝を掘ったり面取りしたりする電動工具です)が動かなくなってしまいました(>_<)
僕が使っていたのはドイツのFESTOというメーカーのモノで、独立したときに大枚をはたいて購入したのですが、今同じモノを買えるかと言われたら無理ですね(笑)

まぁ20年も使ったので仕方ないとは思いますが、まずは修理を考えて購入した代理店に連絡したところ社長の急逝により会社を畳んだとのこと...
FESTOのルーターに愛着がありましたし実際に20年間故障しなかったのは流石!と思いましたが、仮に別のルートを使って修理ができても時間やコストなどどのくらい掛かるのかもわかりませんし、サポートのことなどを考えるとやはり国内メーカーのルーターに買い替えた方がベターと判断して信頼のマキタ製のルーターを購入しました(^^ゞ

しかし、ルーターテーブルというルーターを固定する治具(?)は勿体ないのでFESTOのモノを使いたい、でもそのままではマキタのルーターと形状が合わないので、ルーターテーブルをカスタマイズしているという訳です(^^;)
ただ、これがなかなか厄介でまず何をどうすればちゃんと固定できて更に使いやすく出来るかというプランを練るのが試行錯誤の連続で、更に相手が金属なので切ったり削ったりするのに手間が掛かます...
加工するのはやっぱり木が良いですね(笑)

部分的に木を使ったり力の掛かる部分は金属を使ったりという感じで毎日の様にホームセンターをウロウロして丁度良い適当な部品を探しながらでしたが、どうにかゴールが見えて来たので改造が終わったら木の仕事を始めますよ(^^ゞ

新阿蘇大橋
写真は本文と関係ありませんが、正月に行った新阿蘇大橋です(^^)







未分類 | 22:08:37 | Trackback(0) | Comments(0)
くる年2022
遅ればせながら、皆さんあけましておめでとうございますm(_ _)m
今年も僕の取り留めのないブログにお付き合いをヨロシクお願いします(^^ゞ

2022年ですよ!この前21世紀になったと思ったらもう21年も経ってるんですよ(笑)
更に言うと令和4年ですよ!いやぁ、こうやってアッという間に時間が過ぎていくんですねぇ...

この年末年始は朝は寒かったですが、熊本は天気もまずまずでゆったり過ごせたと思います(^^)
今年は仕事でもイロイロと考えていることはありますが、まだ内緒にしておきます(^^ゞ

昨日は地域の初寄り(コロナの影響で会食ナシです)もありましたが今年も昨年に続きどんどやは中止ということになり、年齢層が高いこともありますが熊本では新規感染者もほぼゼロの状態なのにやっぱりテレビの洗脳ってスゴイなぁと思ってしまいました(^^;)
早く皆さんが不安を感じずに生活できる様になれば良いなぁと思いますが、鈍感力じゃないけどイロイロと気にし過ぎないメンタルでいる方が人生楽に生きられる気がするのは僕だけでしょうか?(^^ゞ

まぁ、僕は今年もイロイロなことに配慮はしますが、もうイイ大人ですし自分の頭で考えて自然体で過ごします!という訳で今年も良い年になります様に(^^)

天安河原
正月は高千穂に行って来ました!写真は天安河原(あまのやすがわら)という天照大神が岩戸に隠れたときに八百万の神が相談したと言われる大きな洞窟でパワースポットらしいです(^^)
パワーはよくわかりません(鈍感なのでw)が天孫降臨の地だけあって新年早々霊験あらたかな感じはしましたよ(^^ゞ









未分類 | 21:17:27 | Trackback(0) | Comments(0)
ゆく年2021
いよいよ2021年も残すところあと僅かですねぇ...
本当に年を追うごとに1年が過ぎるスピードが速くなるのを実感してますよ(^^;)

という訳で(?)今年も僕が超個人的に選ぶ三大ニュースで2021年を振り返りたいと思います(笑)

まず第3位は、未だに続くコロナ禍です(^^;)
日本では今は感染者もかなり落ち着いていて、何となく日常を取り戻しつつあるのかな?と思いきやオミクロン株の影響でまたピリピリして来ましたね...
まぁ相手はウィルスなので今後もどんどん変異を繰り返していきますから、その度に同じことをしていたら一生コロナ禍のままですよ(^^;)
個人的には今の状況(と言うか昨年からずっとですけど)は過剰反応だと思っているので、コロナも単純に病気の1つとして受け入れるという方向にシフトして欲しいですね(^^ゞ

第2位はやっぱり大谷翔平のリアル二刀流です(^^)
詳細は前回も書いたので割愛しますが、今年は大谷翔平だけでなく松山英樹のマスターズ制覇や東京オリパラなどアスリートが大活躍の年でしたね!来年も競技問わずにアスリートの皆さんの素晴らしいパフォーマンスを楽しみにしてます☆

そして第1位は...僕の移住20周年でした(笑)
先日も20年前のタイムカプセルの開封式の話題を書きましたが、最近移住者を増やそうという動きもあり実際に地域おこし協力隊なども含め移住者も増えてくる中で、僕の20年というキャリアは自分で言うのも僭越ですが特筆すべきモノではないか?と(^^ゞ
「最初は大変でしたか?」ともよく聞かれますが、僕は周りの皆さんにも恵まれていたおかげで全然苦労した覚えはないですけどね(笑)
20年という歳月は振り返ればアッという間という気もしますが、それなりのボリュームも確かに感じていて、実際に30代前半だった僕も50代になった訳ですし今年から協議員という役員にもなったので年齢も含めそういうポジションになったんだなという意味でも感慨深いモノはあります(^^ゞ
まぁ、これからも都会で疲弊している人に田舎暮らしの楽しさや可能性を伝えられる様に微力ながら発信していきたいと思います(^^)

という訳で、今年も僕の他愛もないブログにお付き合い頂いてありがとうございました☆
大晦日から元旦にかけて寒い年越しになりそうですが、皆さんも穏やかな年末年始をお過ごしくださいね(^^)

ウエスタンヒンジ
写真は今年の最後の仕事だった妻の同級生のやってるラーメン屋さんに付けた建具です(^^)
厨房と客席の間の仕切りですが、西部劇に出てくるみたいな両側に開くヤツというオーダーで、調べたら本当にウエスタンドアヒンジという丁番があるんですね(笑)
今年もおかげ様で一年間それなりに忙しく仕事をさせて頂いてこの場を借りて感謝ですm(_ _)m









未分類 | 22:28:55 | Trackback(0) | Comments(0)
物差し
今年も残すところ10日あまりですね...
イロイロと今年を振り返る話題も多いですが、今年は何と言っても大谷翔平の歴史的な活躍に尽きるでしょう!暗い話題が大半を占める中で日本中を明るくしてくれましたからね(^^)

大谷の活躍で思うのは二刀流にチャレンジして本当に良かったということですねぇ...
日本代表の監督に就任した栗山監督は名監督なのか?と言われれば個人的には即答できませんが、大谷に二刀流を継続させたという一点については文句ナシに評価してます(^^ゞ

何せ日本ハムに入団したときはほぼ100%の評論家が二刀流に反対していましたからね!本人もメジャーに行ったときは日本のときに比べてウェルカムな感じだったと言ってましたが、日本ではとりあえず160km投げられるんだから投手に専念すべきという意見が大半だったと記憶してます(^^;)

でも結局これは評論家というのはプロ野球OBで自分の経験を基準にした物差しでしか判断していないので、自分の理解を超える存在が現れたときに「そんなの無理だよ」と否定することしかできないのだろうなぁ、と...
もちろん僕たち野球ファンは評論家が何を言おうと純粋に投打で活躍する姿を楽しみにしてましたし、現実は僕たちの想像の遥か上を行って来季以降も更に期待は膨らむばかりです(^^)

ただ、これって野球評論家の読みが甘いとか了見が狭いとかそういう話では無くて、いわゆる大人にありがちな図式なのかな?と思います(^^ゞ

若者が何かにチャレンジしたいと言ったときに多くの大人は「止めとけ」というでしょう...
大抵の場合はその人の物差しで判断して「無理」だと思えるというだけで、その「無理」がその若者に当てはまるかと言ったら答えは「やってみないとわからない」ですよね?
結局大人に言われてチャレンジすることを止めても後悔するだけなので、大事なのは若者が自分の意志で決断することで、そうすれば仮に失敗してもそれは自分の責任と受け止めて納得がいきますよ(^^)
だから大人は若者のチャレンジに対してブレーキを掛けるのではなく、とりあえず背中を押してあげるという対応をしたいですね!その上で壁にぶつかったり何かあったときはサポートしてあげるというのが大人の役目ではないかと(^^ゞ

大人がよってたかって若者の可能性を潰していたら大谷がメジャーリーグでMVPを獲るなんてことも無かった訳ですからね!
という訳で若者は大人の言うことを聞くのもほどほどにしておけということですね(笑)

サンタ2021
写真は本文と関係ありませんが、先日街に出たときにたまたま居合わせたサンタさんとクリスマスツリーです(^^)








未分類 | 22:35:38 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

次のページ