■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
火振り
予想はしてましたがオリンピックのおかげで寝不足の毎日です(^^;)

さて、いよいよ今年も和水町古墳祭が始まりました!
今朝(おっと日付が変わってもう昨日だった)は7時から江田船山古墳に集合してローソク並べのお手伝いです(^^ヾ
もちろん実際に火を点けるのは夕方なのですが、とりあえず朝の涼しい内に人海戦術で並べましょうという作戦で中学生も手伝ってくれるので1時間弱で作業完了です。
その後、木工館で仕事をしてたら午後になって台風の影響で江田船山古墳のライトアップは中止の連絡が...
ということは夕方の作業がなくなってフリーになった訳で他の行事は予定通り行われていたし、本来ならお客さんとして参加すべきなのですが何せ展示会の前なので、申し訳ないと思いつつ家に戻って滞っている事務作業です(^^;)

どうやら台風は九州から離れたみたいなので今夜の松明行列をメインとした「炎の宴」も予定通りに行われるでしょう(^^)
松明行列には僕も参加するつもりでしたが、何と松明行列ではなく今回初めて行われる火振りの担当になってしまいました!
川に入って火をブンブン振り回すらしいので結構迫力があって綺麗なのではないかと思いますが、練習ナシのぶっつけ本番なので若干不安ではあります(^^;)
まぁなるようになるとは思うのでこうなったら何でもしますよ!と開き直ってます(笑)

という訳で今日は僕の勇姿(?)を見に古墳祭に遊びに来てくださいね!って、これを読む頃には古墳祭終わってるって人が殆どだろうな(^^ヾ
詳細はこちら

古墳祭201008
写真は一昨年のモノですが、今日は花火も上がるのでこんな感じの幻想的な光景も見られますよ(^^)





スポンサーサイト
なごみ百景 | 01:05:19 | Trackback(0) | Comments(0)
幻の柿酢
内野邸
唐突ですが昔の文机です!
一見何の変哲もないように思うかもしれませんが、綺麗な仕事で繊細な美しさがありメチャメチャおしゃれです。本当に昔の職人さんはスゴイなぁと思い、僕もこういう仕事をしないといけないなぁと刺激を貰いました(^^ヾ

この素敵な文机のあるお宅で昨夜交流会があって僕もお呼ばれしてきました。
町内の三加和地区にあるそのお宅は元々柿酢を作っていた工場で、数年前まで家主の娘さんが柿酢を作っていたのですが体を壊されて現在は設備は残っているけど作り手がいないとのこと...
家主さんは長いこと東京でドキュメンタリー番組の製作をしていて、55歳から会社を畳んで絵描きになったという変り種で話も面白いです。今は東京と熊本を行ったり来たりしてるそうで70歳過ぎとは思えないエネルギッシュな感じです(^^)

工場以外の母屋ともう1軒ある古民家はキレイに改修されていて、この物件に目をつけた商工会の指導員からけしかけられ家主さんもどうにかここを活用して欲しいということらしいです。
4、5人の作家でシェアして工房として使ってくれるのが理想だと家主さんはおっしゃってましたが、陶芸家にしろ何にしろ場所はどこでもできる訳でせっかくの柿酢の設備を撤去してしまうのは何とも勿体ない話だと思います(^^;)

何せここで作られた柿酢は1本4,500円で東京の高島屋だけでしか販売していなかったとのことですからねっ!家主さん曰く「ノウハウはあるから誰でも簡単に作れる」ということなので、売り出し方次第で十分ビジネスとして成り立ちそうですよ。高島屋でしか買えなかった柿酢を復刻するという事実は今から作ることができませんから、これを活かさない手はないのではないかと(^^ヾ

個人的にはシェアハウスとして3ヶ月単位くらいで開放して、その中から柿酢をしたいという人が出てくれば良いのではないかと思いますし、そういう人はすぐに現れると思います(^^)
とまぁイロイロな話をしましたが、町内にまた面白い人が増えて嬉しいですね!また遊びに行きたいですし今後の展開にも期待です☆





なごみ百景 | 08:30:36 | Trackback(0) | Comments(2)
ガネ飯を食おう!
いやぁ、寒くなりましたねぇ...作業場は暖房がないので着膨れしてドリフの相撲コントみたいになる日も近いです(^^;)

さてさて今週の日曜は和水町の一大イベント(?)山太郎祭が民家村のお隣の菊池川白石堰河川広場で行われます!
山太郎というのは菊池川で獲れる川蟹のことで要は秋の収穫祭的な町の産業祭ということなのですが、昨年までは土日の2日間だったのに今年から何故か1日だけの開催になってます。
商工会の青年部長に「なんで1日に減ったか知ってます?」と逆に聞かれましたが、青年部長が知らないのに知る訳ないっしょ(^^;)
何となく聞こえてくる話から推測すると結局は予算削減ということなのかな?という気もしますが、何でも安易に縮小するというのもいかがなモノかと思いますね...

そんな訳で盛り上がりが心配されますが一応KABの「ふるさと情報局」(僕も1年半ほど前に出演しました!)でPRすることになっているらしく先日民家村でロケが行われてました!
出演するのは役場のコータ(仮名)ということで仕事の合間に撮影してるところを覗きに行きましたが、相変わらずの緊張ぶりで見ていて笑っちゃいけないと思いつつも他人の撮影は本当に気楽で楽しいですね(笑)
ただの冷やかしに行っただけなのに撮影用に用意していたガネ飯とガネ汁までご馳走になってしまいました(^^ヾ
実はこれまでに1,2回しか食べたことなくて何年ぶりかに食べたのですが美味かったッス!マジで(^^)
祭りの主旨とか内容とか1日に減ったとかそんなことはもうどうでも良くて、とにかくガネ飯とガネ汁を食べるためだけでもわざわざ来る甲斐があるってもんでしょ!
詳細はこちらです

ちなみにふるさと情報局は今日スタジオ収録があって、19日(金)の17時半頃から放送とのことなので緊張したコータの勇姿を見てやってください(笑)

紅葉201002
写真は旧布施家で撮りました!




なごみ百景 | 07:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
神楽の夜♪
報告が遅くなりましたが先週の土曜日に地元の用木日吉宮の神楽がありました!
最近は神楽組も若い舞手が増えたので、さすがに僕も声を掛けられなくなって安心してたりします(^^ヾ
と言っても地区の分館役員をしているので本当は練習にも顔を出したりしないといけないのですが、今年は展示会の準備で夜も殆ど時間が取れずご無礼ばかりでした(^^;)

せめて当日は頑張って焼き鳥でも焼くかと思って行ったら、応援の人がほとんどいないではないか!?
いきなり分館長に「お釣りはここに置いとくけん」と言われて必然的にお金の管理をする羽目に(^^;)
焼き鳥は消防団の若者に任せて全体を見渡せるジュースの売り子をしていると団子汁担当のオバちゃんからやれ火がつかないとかティッシュはないのかとか、お客さんからも輪ゴムはないかとか袋はないかとか問い合わせ殺到!?準備をしてるのは神楽組なので僕に聞かれても知らないんですけど(苦笑)
本当に焼き鳥焼いてる方が楽でしたね(^^ヾ
まぁそんなこんなで個人的には大変ではありましたが今年も無事に神楽が奉納できて良かったのではないかと思います(^^)

行政も町内に数多く残る神楽を観光資源の1つとして考えているようで古墳祭や山太郎祭など町が主催する大規模なイベントでも神楽の披露がありますが、やはりその地区で見てこそ本当の神楽の醍醐味が感じられるのではないかと思います(^^ヾ
僕の住んでいる用木地区は基本的にオープンな感じで神楽も竹明かりのライトアップなど年々パワーアップしてるので来年はもっともっと多くのお客さんに見に来て欲しいですね(^^)
神楽組はもちろん関係者の皆さん本当にお疲れ様でした!

神楽201001
こんな感じで雰囲気は伝わりますかね?(^^)

神楽201002
神楽のクライマックス!神主と鬼のやり取りです。

神楽201004
鬼こわっ(^^;)




なごみ百景 | 08:34:58 | Trackback(0) | Comments(4)
神楽♪
ブログでお知らせしていましたが昨日は神楽でした!
という訳で僕も仕事が終わった夕方から裏方としてお手伝いです(^^)
今年は豚バラ串とチーズフランクフルト焼き係でしたが、こんなところにも値上げの影響があるらしく、中には原価割れしているモノもあったみたいです。
まぁそもそもが営利目的ではないのでそこまでシビアに考えることもないのでしょうが(笑)

今年は竹明かり(実は神楽の2日前に木工館で切ったんですけど...)などでライトアップしてあって、その甲斐もあってかお客さんも例年より多かった気がします(^^)
21時前には豚バラもフランクフルトも完売して、あとはイロイロな人と話をしつつブログ用に写真を撮りまくってました(^^ゞ
やはり暗くて動きのある被写体は難しいので手ぶれ写真ばかりでしたが(^^;)

そんなこんなで今年も無事に神楽の奉納が終わり、直会(「なおらい」と読むのですが簡単に言えば打ち上げですね)まで出たので帰ったのは2時半過ぎ...
さすがに今日は寝不足でしたが今は忙しいので今日も残業でした!

都会は別として昔はどこの町でも神楽はあってたんでしょうが、今でもこうやって神楽が残っているというのは素晴らしいことだと改めて感じます。
僕も「来年は神楽組に」と毎年お誘いを受けますが、どうもそっち方面には自信がないんですよねぇ。そして一番のネックは毎晩練習があるので現状に輪をかけて忙しくなることで、僕も踏ん切りがつかないし妻は大反対です(^^;)
どうしても僕が神楽組に入らないといけないときは妻は一緒に笛を吹くと言ってますので、僕にオファーを出すときはまずは妻の説得からお願いします(笑)

神楽01
Yショップ店長が作った奉納の竹明かりでお出迎えです。

神楽02
お宮の階段を上がるとこんな感じでした。

神楽03
奉納の舞が続きます。

神楽04
1人で歌いながらグルグル回る歌舞は神楽の華ですね!

神楽05
御神燈の提灯が格好良いです。

神楽06
鬼!コワッ(^^;)





なごみ百景 | 23:58:43 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

次のページ

FC2Ad