■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ぶらりくまもとサウンドスケッチ
昨晩は町の体験観光スタンプラリーの会議があり「今日は大会議室かぁ、大勢来るんだろうなぁ」と思ってたら行ってビックリ!出席者はわずか5人。スタンプラリーの受け入れ先は20箇所以上あるのにですよ。しかも5人中3人は民家村の関係者(優秀!)。
月末で忙しいのかもしれませんが僕も別の会議をキャンセルして出席したのにもうちょっとどうにかならないものかと(^^;)
今回のスタンプラリーは行政側の仕掛けではありましたが、受け入れ先として引き受けたのならもう少し協力する姿勢を見せた方が良いんじゃない?と思いましたよ。

民家村は和水町を代表する観光スポットの1つなので、そこに関わっている以上は協力するのは義務だと考えています。
先日も小柄で元気の良い女性が突然やって来てFM番組の録音に協力してもらえないかとのこと。場所柄メディアの取材なども多く慣れっこなので「イイですよ!」と引き受けたら、ものすごく感謝されてしまいました。聞けばいつも1人でマイク片手に飛び込みで録音をお願いしているみたいで快く引き受けてくれる人は少なく相当苦労されてるみたいです。田舎にはシャイな人が多いのでわかる気がします。
僕はテレビでもラジオでも自分を良く見せようとかいう気持ちが皆無なので全く緊張もしません。どんなに頑張ったところで普段以上の自分は出せませんからね(^^ゞ

という訳でそのときのオンエアが明朝あります!僕が喋ってるのは30秒くらいですけど良かったら聴いてやって下さい。って、自分は聴けるのか?(笑)

FM熊本「ぶらりくまもとサウンドスケッチ」
02月01日(金)朝7時48分~

石人01

写真は和水町のランドマーク(?)とも言える石人です。
高さは5mくらいあるでしょうか?地元の凝灰岩という加工しやすい石でできているのですがさしづめ江田船山古墳の番人のようです(^^)




スポンサーサイト
肥後民家村の日常 | 18:36:52 | Trackback(0) | Comments(3)
献血してきました!
今日、用事があって役場に行ったら献血バスが停まっているじゃあーりませんか!
役場には4ヶ月に1回定期的に献血バスが来るので、もうそろそろだと思ってたけど今日が献血の日だったのかと思いすぐに受付へ。
自営業者になってからは健康管理も兼ねて毎回献血するようにしています。
年に1回は町の健康診断も受けますが、献血でも血液検査の結果を送ってくれるので多少の気休めにはなりますよ。

献血01

ちなみに写真に映っているビニール袋は何かと言いますと、役場で献血すると町からティッシュと卵をくれるのです!スゴイ太っ腹でしょ?おかげで僕は10年近くティッシュを買ったことがありません(^^)

人の役に立って健康管理ができてお土産までもらえるなんて、これからも献血は続けます!
なーんて本当はお土産が一番の目的だったりして(^^ゞ

未分類 | 23:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
今週も休日は家づくり
熊本は今日も雨でした。
僕の奥さんは東京に3年ほど出ていたので「東京の冬は天気が良かったのに熊本の冬は好かん!」とよく言ってます。
あまり気にしてませんでしたが言われてみれば東京の冬は寒いけど晴れの日が多くて青空が綺麗だった気がします。それに比べると確かに熊本の冬は曇りや雨が多いような...

今日は民家村はお休みなのでこんな寒くて天気の悪い日は家でぬくぬくしていたいところですが、8月の引越し目標に向け怠けたくなる気持ちを押さえて家づくりの作業へと。その時点で既に11時だったので充分怠けてるという話もありますが(^^ゞ

畑の家06


写真は2階の東側の部屋のから撮りました。
今はこの部屋の床の下地をしていて、天井からはまだ照明の線がぶら下がってます(^^;)
ご覧の様にウチの2階は南東向きの一面は全てガラス、しかも欄間もないので見た目は非常にスッキリしています。
そのために建具も大きくて作るの大変でしたし、鉄骨の筋交いが入ってたりするので収まりが難しかったりしましたが、やはり開放感があって気持ちイイですね。
雨の日は外の緑も濃く見えるなぁと思わず作業中に写真を撮りました(^^)
早くこの家に住みたいのですがまだまだ先は長いので地道に頑張りまーす!



セルフビルドで家づくり | 23:29:39 | Trackback(0) | Comments(2)
未完の軌跡
民家村の仲間だったガラス工芸家の仲村 章さんが47歳の若さで急逝されてから早いもので1年と3ヶ月、仲村さんの1人息子とお母さんの名前で展示会の案内が届きました。

「玻璃・仲村 章 未完の軌跡」
 ガラス工芸家 仲村 章の遺した仕事

日時:2008年1月31日(木)~2月25日(月)
    10:00~18:00[最終日は12:00まで]
場所:木と生活文化ミュージアム南風人館 ゲストハウスギャラリー
    鹿児島県霧島市隼人町小田630
    TEL 0995-42-1148
アクセスはこちら

仲村さんの作品が多くの人に見てもらえる機会ができたことを心から嬉しく思います(^^)
しかーし、場所があまりにも遠過ぎるぅ!
日帰りするのはキツイし、かと言って一泊してゆっくりというような余裕もないし、どうしたものかと(^^;)
そこで、せめて肥後民家村として花だけでも贈りませんか?と民家村の面々に提案したところ皆さん快く賛同してくれ、善は急げということでさっそく集金(^^ゞ
多めに出資してくれた人もいて本当にイイ人たちだと思います。一緒に活動した期間は短かったですが、それだけ仲村さんが民家村に与えたインパクトが大きかったということかもしれません。

昨日の岡田ジャパンの初陣は内容、結果ともにお寒い試合でしたが、今日は皆さんのおかげでちょっと暖かな一日でした(^^)
仲村さんの作品は一見の価値がありますので興味のある方は是非どうぞ!
仲村さん01



展示会情報 | 21:18:42 | Trackback(0) | Comments(0)
熊本は今日も寒かった!
今朝の最低気温は-2℃。
何でも今日は「最低気温の日」らしく、旭川で-41℃という観測史上最低を記録したのが1月25日なんですって。
旭川に比べたら-2℃なんて全然大したことないんでしょうけど寒いモノは寒い!

水車01

そんな訳で民家村のシンボル(?)水車小屋の水車にも氷がついて、傍にある枝にはつららも下がってました。見るからに寒そうな姿でも黙々と動く水車を見習って僕も寒い寒いと言ってばかりいないで頑張らないとですね(^^;)

旭川で思い出したけど、僕は木工を始めるときに最初は旭川に行こうと思ったんですよね。
すごく気に入った工房があって話を聞きに行ったら、すぐに就職は無理だけど旭川の職業訓練校に行って勉強しながら手伝いに来ればイイみたいな感じで言われて行く気満々でした。
しかしながら旭川の職業訓練校の試験は失業中の人しか受験できないということで、僕はそのときはまだサラリーマンをしていた(既に会社に辞意は伝えてましたが試験は退職の3ヶ月も前でした)ので残念ながら北海道行きを断念しました。

その後、受験に制約のない足立の訓練校の試験を受けて紆余曲折を経て熊本に落ち着いたことを思うと感慨深いモノがあります。
民家村という素晴らしい場所に出会って、周りの人にも恵まれて僕は運が良いんだと思います。しかも今住んでいる地区は木を用いると書いて「用木(もといぎ)」、何と言う偶然!本当に熊本に来て良かったです。旭川で冬を過ごすのは無理だっただろうし(笑)


肥後民家村の日常 | 23:55:56 | Trackback(0) | Comments(0)
寒さに耐えて
今日は寒かったですね!
熊本の最高気温は7℃いや6℃だったかな?どっちにしても10℃を下回ることは年に数えるほどだと思うので、今日の寒さはまったく暖房のない工房で作業する身にはこたえました(^^;)

梅01

そんな中でも工房の横にある梅の木は花が咲き始めています。
まだ一分咲きくらいですが寒風に吹かれながらも精一杯咲いている(ように見える)小さな花びらは健気な感じがしました。

民家村にはイロイロな木が植えられていますが梅も結構多いんですよね。
実がたくさんなったときはただ落ちて腐らせても勿体無いので僕も何度か梅酒をつけたことがあります(^^ゞ
民家村の梅で梅干とかつけて販売したら売れるんじゃない?とか話をすることもありますが自分では時間的にも技術的にも無理なので、孫のためにちょっと小遣い稼ぎでもというおバアちゃんを募集中です。もちろん若者でも構いませんが(笑)




肥後民家村の日常 | 23:41:04 | Trackback(0) | Comments(0)
お気に入りのカフェ
今日は関東地方は雪でしたね。
都会に住んでたときは電車がすぐに止まるし、朝の出勤時などは路面が凍結して革靴で駅の長い階段を登るのに難儀したり雪のときは大変でした。
そのくせ毎週の様にスキーに行ってたときもあったし、挙句の果てには雪中キャンプに行ったりもしてましたけど(^^;)
熊本は午後から少し晴れ間も覗きましたが相変わらず曇りがちなお天気でした。
こんな日は仕事なんかしないでゆっくりコーヒーでも飲みたくなりますけど、現実にはそうもいかないのでせめて気分だけでもということで僕のお気に入りのカフェを紹介しましょう!

美術館01

我が民家村が誇る「小林政嗣美術館」です。なかなか良い雰囲気でしょう(^^)
美術館という名前はついてますが築260年の江戸時代の古民家で、館内では小林さんの奥さんが「茶房千芳」をされている言うなれば茅葺き屋根のギャラリーカフェですね。
洋画家の小林政嗣さんは僕と同様Iターン(横浜出身)で繊細なタッチの絵に似合わず気さくなオジさんです。今日はたまたま政嗣画伯の妹さんが函館から遊びにいらしてました。

ここのコーヒーは注文を受けてから一杯ずつ豆を挽いてくれるので、いつでも挽きたてのコーヒーが味わえます。それでいて1杯たったの400円!都会では考えられない贅沢ですよ。
僕もたまに用事があって行ったりするとあまりの居心地の良さに2時間くらい平気で時間が経ってしまうので、仕事が忙しいときはなるべく近寄らないようにしています(笑)
コーヒーだけでなく抹茶などもありますので都会の喧騒を忘れてのんびりしたい方は小林政嗣美術館をお気に入りに追加しておいてください。
政嗣画伯はいるときといないときがありますが、普段は加藤登紀子似のマダム小林がお待ちしています。

小林政嗣美術家(茶房千芳)
営業時間 11時~16時
定休日 月・火(月曜が祝日の週は火・水)




肥後民家村の日常 | 23:18:17 | Trackback(0) | Comments(0)
あいにくの天気でしたが
木工クラブ02

今日の熊本は一日雨でした。
ここ数日はほとんど晴れの日がなく厳しい寒さも手伝ってついつい気持ちも沈みがちですが、今日は地元の小学校の木工クラブがあったのでこんなときは子供たちから少しでも元気を分けてもらうことにしますか(^^)

という訳で今年度のクラブ員は4年生から6年生まで合わせて8名で、今は学校に置くベンチを作ってます。年に10回くらいクラブがあるのですが、充分な時間があるとは言えないので子供たちには部分的にしか作業してもらうことが出来ず、どこまでモノ作りの楽しさを実感してもらっているかは疑問でもあります(^^;)
まぁ子供たちにとっては新鮮な体験であることは間違いないと思うので、こういうクラブ活動を通して木工に限らずモノ作りに興味を持つ子どもが増えてくれればイイなぁと思います。

3学期のクラブはあと1回なので、とりあえず子供たちが完成の喜びを味わえるように頑張らないとですね(^^)




肥後民家村の日常 | 23:57:16 | Trackback(0) | Comments(2)
久しぶりのお休みでした
昨日は熊本市内に住む奥さんの友達の家にお呼ばれしてそのまま泊めて貰ったので、いつもの現場作業もお休みして街でイロイロな用事を済ませてきました。
街での一番の目的は奥さんのPC(MacのiBook)を修理に出すことだったのですが、iBookは既にサポートも終わっておりメーカーに修理を頼むと故障内容に関わらず一律5万円くらい修理代がかかるらしいです。うーん、困ったモノだ(^^;)
そろそろ買い替えの時期かもねと言いながら今どきのPCを見て回りました。

ついでと言っては何ですが僕のデジカメ(2000年の秋に買ったFinePix1300)も相当な年代モノなのでちょっと見てきたのですが、最近のデジカメは小さいし機能は充実してるし値段も安いしビックリですよ!
もともとカメラは好きで15年位前に買ったキャノンのEOS100を今でも愛用しています。
HPを作成するときにやっぱりデジカメが必要だと思って買ったものの、アナログの現像してみないとわからない一発勝負な感じの緊張感が好きで、旅行などの時も迷わず重たい一眼レフとズームレンズを持って行きますね。
なので僕の中ではデジカメは記録用という位置付けであまり関心もなく、デジカメの一眼レフを持ってる人を見るとさすがにイイなぁとは思うけど高くて手が出ないので見て見ぬ振りというスタンスでした。
しかし、ブログを始めてからはやはりデジカメの手軽さを実感しし、そうなるともう少しマニュアルで遊べるデジカメが欲しいなぁと思う今日この頃です。


百舌01

写真は以前の民家村のパンフレットの表紙です。
実は撮影したのは僕なので採用されたときは結構嬉しくて知り合いに自慢したりもしました(^^)
ちなみにモデルの鳥は百舌(もず)で数年前の冬に民家村の僕の工房の目の前で撮った(もちろんアナログで!)モノです。
新しいデジカメも欲しいけど、露出とシャッタースピードが変えられる機種がもう少し安くなるまで我慢しないとですね。欲しがりません勝つまでは!ちょっと違うかな?(笑)





未分類 | 23:21:22 | Trackback(0) | Comments(2)
待ち人来る
これまた昨日のことですが(なんとなくブログの内容が1日遅れになってる?)、新しく民家村のガラス工房で活動される作家さんが挨拶に見えました(^^)
思えば昨年の春頃から公募していたのになかなか決まらず関係者一同気をもんでおりましたのでようやく正式に決まって嬉しい限りです。

まぁ僕も他人事ではありませんがモノ作りでメシを食うのは大変厳しいですし、特にガラスの場合は莫大な燃料費がかかるのでランニングコストが半端じゃないですし、本人にしてみれば喜んでばかりもいられないといったところだと思います。
もちろん一番重要なのは本人のやる気とセンスだと思いますが、民家村にはイロイロなジャンルの人が集まっていて、それぞれ独自のネットワークを持っているのでその辺も上手に利用して作品の販売につなげていって貰えればと思います。
実を言うと民家村のメンバーで僕より年下の人は初めてなので、僕もできる限りサポートしてあげたいと思ってます!

写真は民家村の山茶花(さざんか)です。
霜がビッシリついて寒そうですが冬来たりなば春遠からじということで。
春のガラス工房のオープンが今から楽しみですね(^^)
山茶花02



肥後民家村の日常 | 21:50:45 | Trackback(0) | Comments(0)
楽しい宴でした
昨日は近所のお宅にお呼ばれして帰ってきたときにはスッカリ午前様!
という訳で日課になりつつあるブログもお休みしました(^^;)
まぁ最初から日課にしようとは思ってないのでちょうど良いペースかも。

それにしても昨日お邪魔したお宅は1年半ほど前まで「菜の花亭」という自然食レストランをされていたので料理は抜群に美味しいし、囲炉裏を囲んで飲む日本酒(途中からは竹に注いだ酒を囲炉裏で暖めた「かっぽ酒」)は最高!!!でした(^^)
メンバーはそこのご主人の他に合併前に隣町で町長をされていた方と2年前に熊本市内から来て有機農業をしている若い夫婦とその子ども、それに僕ら夫婦という一見バリエーションにとんだ、しかしどこか共通するところがありそうな面白い顔ぶれでした。
そういう状況でしたから盛り上がらない訳も無く気がつけば「あれっ、もう0時回ってますよ!?」ってことに。おかげでお腹もココロも大満足な楽しい夜でした(^^)

写真は民家村のり口に飾ってある花です。
竹に入れるのは日本酒も良いですが、花もヘタな花瓶より絵になって良いですね(笑)
管理人さんの心遣いに拍手!

入り口の花01



未分類 | 22:54:21 | Trackback(0) | Comments(0)
まゆみ窯に行ってきました
まゆみ窯01


今日は昼から2月10日に和水町の三加和地区で行われる「第31回戦国肥後国衆祭り」の会議に出席。
その後、中途半端に時間が空いたので久しぶりに町内の陶芸家・真弓亮司さんの「まゆみ窯」に行ってきました!
相当ご無沙汰していて2年ぶり?いや3年ぶり?でしたが、以前より作品の数も増えていて店内にところ狭しと並べられ、薪ストーブの暖かさも良い感じでした(^^)

真弓さんは熊本県の伝統工芸品にも指定されている「小岱焼」の窯元で働きながら自分の窯も持っているという忙しい人で、普段はまゆみ窯は奥さんが作陶しながら店番をしています。
小岱焼は土の色のせいか落ち着いた雰囲気が特徴で、真弓さんの作品も華美ではないけど丁寧な仕事でセンスも良く僕は個人的に好きな作家さんの1人です。
同じ町内にこういう素敵な陶芸家がいらっしゃるのは本当に嬉しい限りで、真弓さんも民家村に思い入れを持ってくれているので、これから民家村でイベントをする際の協力をお願いしてきました。
和水町にお越しの際は民家村と同様にまゆみ窯もごひいきに(^^)

ということで今から僕は地元の消防団の会議に行ってきます。
あー、忙しい(^^;)




なごみ百景 | 19:55:48 | Trackback(1) | Comments(0)
休日は家づくり!
今日は民家村はお休みです。
基本は月曜定休なのですが月曜が祝日の週は火曜日がお休みになるのです。
しかし、僕には休みはありません!
なぜなら自分で家を作ってて休日は現場の作業があるからなのです(^^)

畑の家01

本邦初公開!これが我が家です。
棟上まではプロに頼んで筋交いを入れるところから自分でやってます。
セルフビルド(正確にはハーフビルドかな?)で家を作ってますというと大抵の人は山小屋風のログハウスみたいな感じをイメージするらしく、実際に我が家を見に来た人にはほぼ例外なく驚かれます。
実は僕の奥さんの後輩(ナガノくん:仮名)が設計士をしており、熊本のアートポリスという建築の賞も取ったその有能な先生の設計なのです!
一応、僕は家具職人なのでズブの素人とは違うと思ってましたが、やはり大工とは勝手が違う上に設計士さんの家は細かい部分の収まりが難しく、仕事の合間の作業ということもあって棟上から既に3年も経ってしまいました(^^;)

今はどういう状況かと言うと外部はベランダ部分以外は終わってますが内部は天井がようやくできて床の下地を始めたところです。
今日は2ヶ月ぶりに設計士のナガノくんが現場に来て打ち合わせをしました。
取り敢えず1部屋だけ仕上げて電気・ガス・水道などの設備が使えるようになったら引越しを強行してあとは住みながら作ろうと思ってます。
引越し目標は今年の8月ですがどうなることやら(笑)

セルフビルドで家づくり | 22:43:48 | Trackback(0) | Comments(3)
パーマカルチャーな人たち
今日はパーマカルチャーネットワーク九州(以下PCNQ)のギャザリングがあり、そのために昨日は夕方から民家村の門松撤収と会議をこなした後、打ち合わせを兼ねたPCNQの鍋パーティーへという超ハードスケジュールでした。ギャザリングとはわかりやすく言うと集会のことでルー大柴風に言えばトゥギャザーしようぜ!って感じですね(笑)

パーマカルチャーというのは自然の生態系を利用して持続可能な暮らしをデザインするということで、使い捨ての消費型社会から循環型の社会へ転換するための方法論とも言えるでしょう。
PCNQはNPO法人になっていて僕は一応理事をしてますが、土日は民家村も営業しているのでなかなかイベントには参加できないことが多いです(^^;)
しかし今日は年明け最初のイベントということもあって昼休みにちょっとだけ民家村を抜けてギャザリングに顔を出してきました。
会場に着いたらちょうどドンドヤ(これも田舎ならではの行事かも)に火をつけるところでグッドタイミング!
つきたての餅を食べて参加者の皆さんと交流して民家村へトンボ帰り。
短い時間でしたがとても有意義に過ごすことができて良かったです(^^)

それにしても九州各地から30名を越える方が参加されていて、年齢や境遇は違っても持続可能な社会やオルタナティブなライフスタイルなど目指すところは同じだなぁと感じ、大変心強くなりました。

今年は1年間かけてパーマカルチャーデザインコースという講座を実施しますのでアンテナにピピッと来た人は要チェックです!
PCNQのサイトはこちら

ドンドヤを囲む参加者の皆さん
ドンドヤを囲む参加者の皆さん

パーマカルチャー | 19:09:27 | Trackback(0) | Comments(2)
篠笛の調べ
篠笛って言っても最近の若者は知らないでしょうね。
よく考えたら僕らの世代でも実際に聞いたことある人は少ないかも?
簡単に言ってしまえば竹でできた横笛なんですけど、澄んだ音で遠くでもよく聞こえるんですよ。
僕の工房の隣には篠笛の工房があって作業中に篠笛の音が聞こえてくると何か得した気分になります(^^)
そんな訳で我が民家村の篠笛工房「山彦」さんから新春コンサートのお知らせです。

「新春篠笛コンサート」
日時:1月27日(日) 14時から
場所:ギャラリー蔵(三加和温泉そば)
料金:500円(小学生以上)
お問合せ先:090-7061-3213(高原)

場所は民家村ではありませんが、篠笛教室の生徒さんや地元の神楽の笛吹きさんの演奏も楽しめるので是非どうそ!もちろん秋田の民族歌舞団わらび座で長年にわたって活躍していた山彦さんの演奏は一聴の価値ありです。
写真の篠笛も全て山彦さんの手作りです。

篠笛01



肥後民家村のイベント情報 | 21:52:44 | Trackback(0) | Comments(0)
こんな近くにこんなスゴイものが
今日の熊本は久しぶりにまとまった雨でしたね。
ウチは地下水(いわゆる井戸水ですね)なので、乾燥する冬場は水量が足りずに水が出なくなることが稀にあります。まぁ、これも田舎暮らしの醍醐味かもしれませんが(^^;)
この冬は雨が少ないからか既に2回水がとまったので今日の雨は恵みの雨ですね。
農家の人の気持ちが少しわかりました。


霧の江田船山古墳06

写真は数日前に撮った写真ですが肥後民家村の目の前にある江田船山古墳です。
霧の中で幻想的な雰囲気を醸し出しているこの古墳は歴史の教科書にも必ず載るくらい有名な古墳で出土品はナ、ナント!日本の国宝第一号(?)で上野の国立博物館(それも入ってすぐのところ)に展示されてるとのことです。
僕はその辺の歴史に疎いので江田船山古墳も覚えてなかったし国立博物館にも子供の頃に何度か行ってるのにミイラしか覚えてませんが、1500年以上も前からずっとこの場所に鎮座しているかと思うと悠久のときの流れを感じずにはいられないですね。
産業革命以降、特にここ数十年の地球環境の悪化を古墳の中で眠っている豪族の方はどう思ってるんでしょう...

こんな小さな町にこんなにスゴイ古墳があるなんて僕も最初はビックリしましたよ。
町民はもっと自慢して良いと思うし、特に国宝第一号を出土したっていうのはもっと大々的にアピールしても良いと思いませんか?


肥後民家村の日常 | 19:07:17 | Trackback(1) | Comments(0)
遅ればせながら
門松03


あけましておめでとうございます!
2008年ようやく僕もブログを始めることにしました。
って本当は元旦から始めるつもりだったのですがもう10日ですね...

写真は僕の工房がある肥後民家村の入り口にある門松です。
自分達で作ったのですがなかなか立派でしょ?(^^)

民家村は大人の隠れ家として内緒にしておきたいところですが
違いのわかるお客さんにはどんどん来て欲しいので
これから少しずつ情報を発信していきたいと思います。
まぁ無精者なので週に3日も更新すれば良い方だと思いますが(笑)

という訳で遅ればせながら新年及びブログ開設のご挨拶でした。
今後ともヨロシクです。

肥後民家村の日常 | 22:02:28 | Trackback(0) | Comments(2)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad