■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
モデルさんいらっしゃい
今日の熊本は雨の予報でしたが夕方まで雨は降らず、しかも「曇」より「晴」の時間が長い意外な行楽日和でした。まぁ、梅雨時ですから蒸し暑いのだけは仕方がありませんが(^^;)

唐突ですが民家村ではたまに写真の撮影があっています。
何の撮影かわかりませんがカメラマンとモデルだけという場合もあるし、大勢のアマチュアカメラマンがモデルを囲んでのいわゆる撮影会という場合もあります。
本来なら民家村のイイ感じの写真を撮ってもらって何らかの形で発信してもらえればこちらとしては喜ばしいことのはずなんですが、撮影しているところを見ているといつも微妙な感じがします(^^;)

モデル01
写真は少し前にガラス工房の前で撮りましたが、対馬の石屋根の前でポーズを取ってる感じが微妙を通り越して痛々しくさえあります(笑)
こういう撮影のときはモデルは若い女性で当然と言えば当然ですが、せっかく民家村なのですから和服とかの方が絵になると思いませんか?
しかし、若いモデルに着物を着させるというのは大変なのか和服での撮影は見たことがありません。それだったらモデルはそこまで若くなくてもイイじゃないか?と思いますが、そういう訳にはいかないんでしょうかね?(^^ゞ

どうせミスマッチを狙うのならもっとド派手なギャルっぽいコか女子高生とかをモデルにすれば面白いのに、いつも中途半端で何が狙いなのかよくわかりません(^^;)
まぁ今回の80年代アイドル風くらい外してもらうと違った意味で面白いですけど(笑)
それにしてもこの写真は何に使われるんでしょう?もし雑誌とかで見かけた人は教えてくださいね!(^^)




スポンサーサイト
肥後民家村の日常 | 23:57:01 | Trackback(0) | Comments(2)
ピザはいかかですか?
ようやく少し梅雨らしい天気が続いたかと思ったのも束の間、ここ数日はまた連日の真夏日です。そうかと思えば台風も近づいているらしくそっちも心配です...

最近のニュースは東国原知事シアター一色ですね!
総裁候補発言ばかりが注目されますが、実はもう1つの出馬条件である全国知事会のマニュフェストを自民党のマニュフェストに盛り込むというのが目的なんじゃないか?という気がします。
古賀誠との間で事前にシナリオが書かれていたのか、それとも全く筋書きの無いガチンコ勝負なのかわかりませんが、後者だったらあまりに自民党はマヌケで笑うしかありません(^^;)
東国原知事は元お笑い芸人だけあってマスコミの使い方も上手だし、何かやってくれそうな期待感はありますが、個人的には一期目の途中で知事職を放り出すのはいかがなものかと思います。
いずれにせよ我々有権者は政党の思惑とかに左右されず、政策を吟味して投票しないといけませんね(^^ゞ

さて、やっと今日の本題ですが民家村にはパン焼き窯があるのを知ってました?って、おそらく殆ど知ってる人はいないでしょう(笑)
以前、ストローベイルハウス(現在は宿泊用の五右衛門風呂になってます!)のワークショップをしたときに隣に作ったのですが、蓋が出来ておらず未完成のまま放置されてます(^^;)
ゴールデンウィークの里山美術展のときにそのパン焼き窯を見た人が「ちょっと改良すればピザくらい焼けるのに...」と言ったのがきっかけで、この度民家村でピザ焼き体験が行われることになりました(^^)
その人は大牟田のピザ家 甚平さんといってトラックの荷台に自前のピザ窯を作って出張ピザ屋をしているとのことで、今回も移動ピザ窯での体験になりますがゆくゆくは民家村のパン焼き窯をどうにか活用してくれないかな?と勝手に期待してます(^^ゞ

こうやって民家村を使ったイベントを外部の人にもドンドンやって欲しいですね!
民家村には食事処が蕎麦屋さんしかないので、このピザ体験を月イチくらいでしてもらうと嬉しいですが、そのためにも今回は大勢のお客さんに来てもらわないと(^^)
という訳で数に限りがありますのでご予約はお早目に♪

肥後民家村でピザ体験を!
[日時]7月11日 11:00~14:00
[場所]肥後民家村 旧山野家
[体験料]1枚800円
[予約・問い合わせ]090-2589-3254(ピザ家 甚平)
詳細はこちらです

てんとう虫01写真は木工館の前で撮りました。



肥後民家村のイベント情報 | 08:23:17 | Trackback(0) | Comments(0)
夏至の日に考えた
一昨日、昨日とようやく熊本でも雨が降りました(^^)
それでも降水量としてはまだまだ少ないようで田植えを延期しているところもあるみたいです。本当に自然が相手のことなので大変ですね...

日曜は夏至だったので全国各地でキャンドルナイトなどのイベントが行われたみたいですが、我が家でも電気やテレビ、パソコンなどを消して妻と2人でささやかなキャンドルナイトをしました(^^)
たまにはこうやって静かな時間を過ごすのもイイなぁと日頃の生活を反省したりもしました(^^ゞ

しかし最近はやたらとエコという言葉を耳にしますが何となく違和感も感じます(^^;)
まず眉唾なのが政府が推進しているエコポイントですね。何をどうするのかもハッキリしないまま導入が決まっていましたが、どうやら保証書のコピーやレシートをエコポイント事務局に郵送しなければならないとのことで、莫大な事務局経費がかかることは必至だし郵送には送料だけでなく封筒なども使わないといけないので全然エコじゃないんじゃ?という気がしてなりません(^^;)

あとは2005年を基準として15%のCO2削減という日本の目標数値が示されましたが、そのために何をすれば良いかというと太陽光パネルの設置とかエコカーやエコ家電への買い替えなどの話ばかり(^^;)
太陽光パネルは自然エネルギーの利用としては素晴らしいですが、実はパネルの製造過程ですごいエネルギーを使うという話も聞いたことありますし、確かにエコカーやエコ家電への買い替えは出来ることならしたいところですが、このご時世にはなかなか難しいといういう人も多いはず...
エコポイントにしてもエコカー減税にしてもどちらかと言うとエコはエコでもeconomy(経済)の話で、景気支援が目的で本気でCO2削減を考えているとは思えないんですよねぇ。一方では高速道路1,000円でドンドン車に乗りましょうという政策もしてるくらいですから(笑)

大企業などが取り組むべき問題は別として、我々が日々の暮らしの中でできることもあるはずです。マイバックやマイ箸の利用などはゴミを減らすことに繋がりますし、省エネや節水など1つ1つの取り組みは小さなことかもしれませんが、こういう意識を国民全員が持つことが重要なんじゃないかと思います(^^ゞ
この大不況のときに環境のことなんて考えられないよという意見もあるかもしれませんが、人間も自然の生態系の一部ですからこのまま温暖化が進んで作物が育たなくなったらどうしようもありませんからね!

キャンドル01写真は我が家で使ったキャンドルの一部です♪
手前のはパーマカルチャーの物々交換でゲットした手づくりのアロマキャンドルで奥のは友だちの結婚式で貰ったモノでーす。



未分類 | 09:01:05 | Trackback(0) | Comments(0)
紫陽花
空梅雨です!誰がどうみても疑う余地の無いくらいの空梅雨です!
何せ熊本では梅雨入り宣言の翌日に1日雨が降ったきりですから(^^;)
確かに僕も晴の日の方がテンションが上がるとか言ってますけど、たまに雨が降るのは全然OKなんですよ!
そりゃあ毎日毎日雨だったらさすがに嫌気もさしますが、梅雨というのは本来そういうモノだということも、梅雨の重要性もちゃんと頭では理解してますから(^^ゞ
これでいきなり集中豪雨とかいうパターンは勘弁して欲しいですね、マジで...

という訳で(?)今日は本来ならこの時期は雨に濡れながら綺麗な花を咲かせているはずの梅雨の代名詞とも言える花アジサイについて(^^)
アジサイ04
早速ですが、これは木工館の横に咲いているアジサイです。

アジサイ09
こっちは旧布施家の前の道で撮りました。

アジサイ08
これは小林政嗣美術館の庭のアジサイです。

民家村でアジサイの写真を撮っていてふと気がつきました。
よく考えたら民家村に咲いているアジサイは全部青いではないですか!?
全部というのは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも僕は青以外のアジサイを見てません(^^;)
子供の頃のアジサイのイメージはお寺とかに青と赤と紫のアジサイが一緒に咲いているという感じだったのですが...

アジサイの色は土壌の酸性度(phって奴ですね)で決まって、土壌が酸性だと青、アルカリ性だと赤になるという話を最初に聞いたときは目からウロコだったのを覚えてます。
実際にはそれだけでなくあくまでも色を決める1つの要因にすぎないらしいのですが、青いアジサイばかりを見ているとこれも酸性雨の影響だろうか?などと考えてしまいます(^^ゞ
それから何となくアジサイを気にしながら歩いていたら見つけました!
アジサイ11
民家村の外ではありますが江田船山古墳からカヌー館に降りる階段のところ見事な紫のアジサイが咲いているではありませんか(^^)

アジサイ10
これもカヌー館の前で撮りました。後ろのはガクアジサイです。
実は今あちこちで咲いているアジサイは西洋アジサイで、日本に昔からあるのはガクアジサイなんですってね。

まぁ、何にせよアジサイには雨が似合うのでそろそろ雨が恋しいところです。あまりの暑さに一雨欲しいというのが本音だったりして(^^ゞ





肥後民家村の日常 | 08:04:00 | Trackback(0) | Comments(0)
またですか?(^^;)
梅雨入りしたのが嘘の様に毎日イイ天気ですね!
熊本では昨日の最高気温が30度を越え早くも真夏日です...
さすがに少しは雨も降らないとと心配になりますよ(^^;)

さて昨日は朝からガラス工房の假屋園くんがやって来て「資料館の裏の工事は何をしてるんですか?」と。国土交通省の菊池川河川整備事業でガラス工房の裏が船着場兼駐車場として整備された関係で、ガラス工房の裏からも民家村に入れるようになったために門を作るという話は聞いてましたが、資料館の裏は位置的には微妙にずれてるし假屋園くんの話では切り株の直径が1メートル近くもある大きな木が2本も切られているとのこと。
どういうこと?頭の中が「?」で一杯です...

昼前に役場の担当者が来たので聞いてみたら「教育委員会の管轄でペーロン(和舟)の倉庫が出来るんですけど聞いてませんでした?」とのこと。聞いてないよーっ!
もっとも経済課の担当者も工事が決定した後に話を聞いてビックリしたとのことでしたが(^^;)
5年前?いや6年前?くらいから古墳祭の一環としてペーロン大会が行われるようになって、それはそれでイベントとして定着して参加チームも増えてきており船着場の完成もうってつけではあったのですが、年に1度のペーロン大会の為だけにわざわざ木を切ってまで倉庫を作るなんてどうなんでしょう?

ペーロン大会は教育委員会の担当だし、民家村の敷地内でも資料館と国指定重要文化財の旧境家だけは教育委員会の管轄なので丁度良い場所があったということなんでしょうけど予想外の展開にただただ涙です(T_T)
船着場の工事のときにはガラス工房の裏にあった桜の木を2本も切られた過去があったので、経済課には今後は民家村の工事などがあるときは事前にアナウンスして貰うように切にお願いしていましたが教育委員会までは気が回りませんでした...

そんな予算があったら民家村の案内看板を作って欲しいんですけど、当然ながら経済課と教育委員会でお金の出所も違うってか?縦割り行政の弊害がぁ(^^;)
うーん、詳しい事情は知りませんがこれも無駄な公共事業と言ってもイイと思うので、本当にどうにかならないモノだろうかと善良な(?)一般町民は悲しくなります。困ったモノだ...

アメンボとオタマジャクシ01
写真は木工館の横で撮りました。アメンボと比較してオタマジャクシの大きさがわかりますかね?ちなみに熊本ではまだオタマジャクシは降ってません(笑)





肥後民家村の日常 | 08:20:10 | Trackback(0) | Comments(0)
ブーム到来?
唐突ですが木工館の隣の篠笛工房 山彦さんでは毎週土曜日の午後に篠笛教室があってます。昨日も15時前には賑やかな音が聞こえてきました♪

その篠笛教室の生徒さんが最近にわかに増えてるみたいなのです!
先月のことですが山彦さんが中心となって「肥後篠笛愛好会」が発足したことも関係あるのでしょう(^^)
何せ山彦さんはいつでもどこでも誰とでも篠笛や神楽について語りだしたら止まらないという熱い思いを持った人なので、念願の篠笛サークル発足までこぎつけたのも納得ですね。民家村の仲間としては頼もしい限りです!

もっとも現時点での「肥後篠笛愛好会」の会員は23名とのことですが、篠笛教室に来ている生徒さんは含まれていないんだとか...
ということは潜在的な篠笛愛好者はもっと多い訳で、興味を持っている人まで入れたら結構な人数になるのかもしれませんね?
まぁ何千人規模とまではいかないかもしれませんが、実際に篠笛をやってみたいという人がよりどころに出来る数少ない受け皿ですから、山彦さんの目標の会員100人というのはそんなに遠い話ではないのでは?と勝手に思っています(^^ゞ
だって、もし篠笛を教わる立場だったら町のカルチャースクールや公民館で練習するより、やっぱり民家村みたいな緑豊かなところで練習した方が気持ちイイと思いますし、肥後篠笛愛好会の会合は古民家で行うのですから何とも贅沢ではないですかっ!(笑)

何はともあれ篠笛に興味がある人は土曜の午後に遊びがてら民家村にお越し下さい(^^)

篠笛教室04
昨日の篠笛教室の写真です。県内のみならず柳川や佐賀からも生徒さんが来ているそうです。



肥後民家村の日常 | 08:41:17 | Trackback(0) | Comments(2)
明るさとやる気
今日の熊本は梅雨の晴れ間で青空が広がりましたね(^^)

今年は5月の降水量が極端に少なかったので、農家の人にとっては待ちに待った梅雨入りなのかもしれませんが、週間天気予報では今後もしばらくはあまり雨は期待できないみたいですね。
雨も降らないと困るのは頭ではわかっているのですが、やっぱり晴れてる方がテンション上がります(^^ゞ
確かに雨の日は民家村のお客さんも少ないですが、そういう日は逆に作業に集中できてそれはそれでOKなので、雨の日のやる気の出なさは何でかなぁ?と思ったら原因はどうやら暗さにあることに最近ようやく気がつきました(^^;)

もちろん雨じゃなくても暗いときは電気をつけて仕事をしますが、できれば木工は自然光の入る明るい場所で作業したいものです...
職業訓練校に行ってたときの作業場は4列に並んでいたのですが、先生曰く「毎年窓側の列の人が上達が早い」と言ってたくらいです。仕上がり具合や墨(線のことです)がよく見えるだけでなく鉋の台直しなんかは下端定規を当てたときの隙間の光を見たりするのでそれも納得です。
ちなみに僕は窓側の列ではありませんでしたが、列ごとに班分けされていて僕らの班が一番面白かったと自他共に認めるところでした(笑)

そんな訳でこれからの季節は雨で暗い日も多いかもしれませんが、やる気を奮い起こして頑張ります!
なんて梅雨が明けたら今度は暑くて仕事にならないとか言い出すんですけど(^^ゞ

アジサイ06
写真は小林政嗣美術館の庭で撮りました。




未分類 | 23:42:15 | Trackback(0) | Comments(0)
やったね!
祝!2010W杯南アフリカ大会出場決定\(^-^)/
アウェーでタフな試合でしたがこれが最終予選の厳しさですねぇ...
しかしながら岡田ジャパンの目標である世界のベスト4にはまだまだ程遠いので今後の更なる強化に期待します!

そんな訳で眠い目をこすりながら今日は早朝から消防の防災訓練大会へ(^^;)
分団の出動率というのに関係するので点呼までは参加して点呼が終わったらすぐに民家村に移動という売れっ子アイドル並みのタイトなスケジュールです(笑)
今日は初夏の里山体験のイベントなので朝からバタバタでしたが、訓練大会の会場が民家村のすぐ裏の河川敷で本当に良かったです(^^ゞ

9時前には参加者の皆さんがちらほら集まり始めましたが、ドタキャンのお客さんが何組かいてこればっかりはどうにかならないものかと(^^;)
特に親子三世代で申し込んでた人とかにドタキャンされると食事の準備に大きく影響するのでどうにか対策を考えないといけませんね...

それでも熊本市内を中心に遠くは久留米や宇城市などから25名の参加者があり、民家村の園内を散策しながらの梅ちぎり、梅酢と梅味噌作りを楽しまれた後で、炊きたてのかまどご飯と田舎料理という豪華(!)な昼食をお腹一杯食べて満喫されたようでした(^^)
特に食事はご飯をおかわりする人も多かったし、これが楽しみで昨年に続けて参加したという人がいるくらい大好評でした!
僕も食べましたが実際にお世辞抜きで美味しかったです♪

ちぎり過ぎて余った梅はお土産に持って帰ってもらいましたが、その変わり(?)に民家村の維持管理のためにカンパをお願いしたところ、思っていたより集まって理解のある参加者の皆さんに感謝ですm(_ _)m
アンケートを見ても皆さん満足されたようなので今回も大成功と言ってイイでしょう(^^)v

それにしてもこれだけちぎってもまだまだ梅の実があるので、来年は誰か梅干しとか梅ジャムとか加工品を作って販売してくれる人とかいないですかね?
何はともあれ皆さんお疲れ様でした!

梅体験200900
今年は梅も早くてもうすっかり完熟です!

梅体験200902
皆さん梅ちぎりを楽しんでました♪

梅体験200907
右が梅酢で左が梅味噌です!出来上がりが楽しみですね(^^)

梅体験200908
旧山野家に移動してお待ちかねの食事です。熊本城の本丸御殿の食事より美味しかったと言われたお客さんもいたそうです(笑)






肥後民家村のイベント情報 | 23:52:22 | Trackback(0) | Comments(2)
根気のいる仕事
Yチェアの張り替えを頼まれました!
かの有名なハンス・J・ウェグナーというデンマークのデザイナーの椅子で背もたれの形からYチェアと呼ばれています。
座面はデーニッシュラッシュという紙でできたコードで編まれているので、どうしても長く使っていると切れてしまいます。切れてしまうと張り替えるしかないのですが、正規ルートでは東京の代理店に送るしか手段が無く値段も18,900円+送料という結構な額になってしまいます(^^;)
そのために結構困っている人も多く、実は民家村の蕎麦屋木阿彌さんもその1人で自宅で使っているYチェアの張り替えを頼まれていたのですが何年もほったらかしてました(笑)

今回別のお客さんから張り替えを頼まれたのを機に木阿彌さんのも一緒にすることにしたので全部で3脚の張り替えをしましたがこれがまた大変な作業でした...
何が大変って長いコードは取り扱いが面倒な上にすぐに絡まるし、コードを張るのにかなりの力で引っ張るので指は痛くなるし、コードが細いのでいくら巻いてもなかなか進まないし本当に根気がいる仕事です(^^ゞ

まぁ、よく考えたらこれに限らず木工の仕事って本当に根気が要る仕事ばかりですねぇ...
基本的には木取りといって材料を揃えてから墨付け、加工、組み立て、調整、塗装という工程を経て製品が出来上がる訳ですが、1つ1つの作業を確実に進めていくのはかなりの手間が掛かります(^^;)
以前テレビで若きフレンチの天才シェフが「仮に何かの工程を忘れたとしてもそんなに影響は無いんだけど、1つ1つの工程をしっかり押さえていくと最終的な出来上がりが全然違うんです!」と言ってました。まさにその通りです!
そう考えると本当に木工は手間の割りに利益が少ない仕事ですが、やっぱり好きな仕事なので手は抜けませんよね。もちろんお客さんにも喜んでもらいたいですし(^^)
そう言えば知り合いの木工家の人たちもみんな根気強い人たちばかりかもしれません(笑)

Yチェア05
張り替え前のYチェアです。

Yチェア06
張り替え途中、これでやっと半分くらい?

Yチェア08
ようやく完成!なかなか良い出来です(^^)v

木工の仕事 | 08:58:26 | Trackback(0) | Comments(0)
今年の古墳祭ライヴ
昨日はお休みだったので例によって家づくりの作業をして、夕方は玉名の菖蒲まつりを見に行きました。今年は株の植え替えをしているのか密集して咲いているのは1箇所だけで例年に比べて極端に少ない印象でした...
まぁ、長年続けていくにはこういう年も必要なのかな?とも思いますが、ちょっと物足りなかったですね。しかも古墳祭の企画委員会があったのでライトアップが始まった19時過ぎにはトンボ帰りでした
(^^;)

古墳祭の企画委員会は昨日も22時近くまであって、今年はなかなか盛り上がっているのではないかと思います。
同じ町が主催する山太郎祭という秋の産業祭は新しいことをやろう、何かを変えてもっと良くしようというエネルギーが全くといっていいほど感じられませんが、古墳祭の方は今年は大きく変わるので、必然的に会議も長くなってしまいますね。まぁ産みの苦しみってヤツですか?それでもわざわわざ時間を割いて会議に参加するので、ただ例年と同じという会議よりは楽しいですけど(^^ゞ

さてさて古墳祭ライヴが決定したのでお知らせしておきます。
今年のライヴはメインになごり雪でおなじみのイルカ、ゲストに樋口了一という2人です!
樋口了一は僕は知りませんでしたが現在「手紙」という曲がヒットしているらしいです。
今年はよりによって「a-nation」という浜崎あゆみや倖田來未、大塚愛といったビッグネームがそろうエイベックスの野外ライブが同じ日に熊本の農業公園であるらしいので、ある意味そちらと差別化できてなかなか良いアーティストの選択だったのではないかと思います(^^ゞ

古墳祭ライヴinなごみ「イルカフォークナイト」
[日時]8月1日(土) 18:00開場 19:00開演
[会場]肥後民家村野外ステージ
[出演]イルカ 樋口了一
[チケット]全席自由
[前売り]一般3,500円 中学生以下2,000円(当日券は500円UP)
[問い合わせ先]エフエム熊本 096-353-3131
          和水町役場経済課 0968-86-3111

昨日から町内先行発売が始まって一般発売は6月8日からです!
夏の夜にゆっくりライヴを楽しみたい方はチケットはお早目に♪

さつき01
写真は民家村の篠笛工房の横で撮りました。



肥後民家村のイベント情報 | 08:58:51 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad