■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
有明の月とカヌー
唐突ですが先日妻が会社からお菓子のお裾分けを貰って来ました(^^)
よくあることではあるのですがその日のお菓子はその名も「有明の月」!?
どこかで聞いたことある名前と思いつつ袋を開けるとどことなく見覚えのある丸い形のスポンジで、食べると中にカスタードクリームという予想通りの味でした(^^;)
これはどこからどう見ても仙台銘菓「萩の月」のいわゆるパクリというヤツではないですか!やっぱりというか予想を裏切らない結果に逆に安心している自分がいたりもしましたけど(笑)

それにしてもこの手の萩の月もどきというか類似品は全国にいくつあるんでしょうか?中でも那須の月なんか有名な気がしますが、まさかこんな近くにも類似品が存在していたなんて...
それだけ萩の月がスゴイのか何の臆面も無く似たような商品を作る他のメーカーが図太いのかわかりませんが、ここまで来たら全国の萩の月もどきを一同に集めて、どれが一番美味いかランキングを決定するイベントとかして欲しいですね(^^ヾ

まぁ、ヘタな新商品を作るより安定して人気のある萩の月もどきを作った方が計算できるのかもしれませんが、それだけ地域の特色を活かした名物とか特産品とか作るのは大変ってことなんでしょうね...
お菓子に限らず野菜とかのブランド化を図ろうとする地域も多いと思いますが、まず商品を開発して広報してお客さんに認知されて評価を受けて初めてブランドとして確立する訳でそう簡単にはいきませんよね(^^;)

かなり前の話ですが僕もある人から九州新幹線全線開業に向けて和水町のお土産になりそうなモノでも作ったら新玉名駅で販売できるよと言われたことがあって、しばらく放置していましたがこの前の木工房展に合わせてようやく商品化してみました!
和水町は有名なカヌーイスト野田知佑さんの出身地で、民家村のすぐそばにはカヌー館という施設まであり実際に夏場を中心にカヌーを楽しむ人も多く訪れます。
そんな訳で木でカヌーイストを作ってみたのです(^^)v

カヌーイスト01

大きさは2人艇で長さ10cmなので作るのは小さくて結構大変です(^^;)
値段は1人艇で1,700円、2人艇(人と人)で2,600円、2人艇(人とカヌー犬)で2,700円にしました。
何の役にも立たないただのオブジェにしちゃ高いじゃないかと言われそうですが、かなり手間が掛かっているのでこれでも赤字なんじゃ?と思うくらいです。
まぁ、売れなくてもお客さんのつかみにはOKかな?と思ったら先日の木工房展でも2つほど売れました!買ってくれたのは2人とも知り合いでしたがm(_ _)m
あんまりたくさん売れても作るの大変なので正直困るのですが、新玉名駅はさておきとりあえずカヌー館に売り込んでみようかな?と思ったらカヌーのシーズンは終ってたので来年になってあと10個くらい作る余裕があったら改めて交渉に行ってみますかね(^^ヾ





スポンサーサイト
未分類 | 08:01:34 | Trackback(0) | Comments(6)
難しい時期...
何だかいきなり寒気がやってきてるみたいですね(^^;)
ここ数日は結構暖かかったのでこのギャップは応えます...
短かった秋が終わりまさに冬が駆け足でやって来てる感じがします(^^;)

そんな季節の変わり目ですが昨夜は早くも来年の夏に向けた古墳祭の企画委員会でした!
今年は相川七瀬という全国区のビッグネームを呼びながら観客動員は過去最低だったので議題は当然来年のライヴをどうするかでした(^^;)
このご時勢ですから熊本では(熊本だけの話かどうかわかりませんが)どこのライヴも集客が思わしくないとのことで難しい時期に来ているのは確かですね...
一応、昨日は企画委員からの意見を集約するというかヒアリングの様な形で、町内の各団体向けにもこういう会議をしてから最終的には町長や商工会長などからなる古墳祭実行委員会で方向性を決定するということらしいです。

企画委員会のメンバーはそもそも町づくりに関心があったり古墳祭を盛り上げようという意識の高い人が多いので「やっぱり継続すべきだ」とか「業者任せではなくもっと町民が関わらないと」という積極的な意見が大勢を占めていました。
まぁ予想通りという感じで確かに止めるのは簡単ですが紆余曲折を経てせっかくこれまで20年近く続けて来ているのですから僕も個人的には継続したいと思ってます。
しかし企画委員の思いとは別に一般の町民がどのくらい古墳祭のライヴに対して思い入れがあるかというとかなり疑問ですね(^^;)

そこで僕が提案したのが公開コンペです!
昨年からライヴの主催が町から業者に変わり、コンペにより町の審査委員会が出演者を決定するという形式になり今年は僕も審査委員会のメンバーを務めました(^^ヾ
このコンペを町民総参加の投票で決定するようにしたら町民の関心も高まるのでは?と思うのです!
やり方は検討する必要がありますが例えば業者名は伏せるとして提案のあったアーティスト名とチケットの金額だけを全てオープンにして、投票期間を1週間として最も投票の多かったアーティストに決定するとか。そうすると自分の呼びたいアーティストがいたら他の人にも声を掛けるだろうし、仮にそのアーティストに決まった暁にはチケットの販売にも協力してくれるんじゃないか?と。おまけに投票の中間結果とかも公表したら結構盛り上がると思いません?(^^)
万が一お客さんが少なくても町民全員で選んだ結果なので納得はするだろうし皆で祭りを作り上げる感じで我ながらなかなか良いアイデアだと思うんですけど(^^ヾ

実際には今年のコンペでも内容や結果についてはオフレコと念を押されていたので、業界のルールとして提案段階の企画をオープンにするのは難しいのかもしれませんけど、実現したら面白いと思うので事務局には是非前向き検討して欲しいですね♪
まずは実行委員会の結果がどうなるか楽しみに待ちたいと思いまーす!

柿の葉02
写真は民家村の東屋の上で撮りました。柿の葉は色づいてすっかり落ちてしまいましたね。




未分類 | 08:01:13 | Trackback(0) | Comments(2)
窯元展はじまる!
いやはや奄美大島の大雨は物凄いことになってますね...
今後もまだ降るみたいなので本当に心配です。何となく自然が人間の考える限界を超え始めている気がします(^^;)
奄美大島にお住まいの方はくれぐれもご注意ください。そして被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m

さてさて普通に考えると今の時期は気候がよいので各地でイベント目白押しですね。
民家村でも昨日から荒尾玉名地域の窯元展が始まりました!
早いもので今年で4回目の開催となり何となく秋の民家村のイベントとして定着してきた感じもしますね(^^)
主催は荒尾玉名地域窯元振興会という要するに近隣の窯元さんたちが集まった団体なのですが、こういう民家村以外の人に利用してもらうイベントが一番良いパターンで、しかもかなりの集客力があるのでこちらとしては大歓迎です(^^ヾ

昨年までは旧布施家を会場としていたのですが今年は野外ステージ前の広場にテントが張られてました。聞けば旧布施家ではスペースに限りがあり15くらいの窯元さんの作品を並べるのには狭かったみたいでお客さんからも作品が少ないという声を受け今年は場所を移してテントを12も張ったそうです!!
本当はテントじゃなくてゴールデンウィークの里山美術展みたいに古民家を全部使って民家村全体で展示して欲しいところですが、皆さんプロでシビアに売り上げを求めないといけないのでそれぞれの場所でお客さんの数が変わったりするのも問題があるのでしょう(^^;)

何はともあれ民家村でたくさんの窯元の作品が見られるのは良い機会と思い、早速僕も探していた茶碗をゲットしました!選んだのはたまたま振興会の代表をされている陶房丸山さんの作品でしたが、決して代表は大変だろうと気を使った訳ではなく純粋に作品が気に入ったからですよ(笑)
おまけに貰ったサービス券で食べたぜんざいも美味しかったです(^^ヾ

という訳で荒尾玉名地域窯元展は24日まであってますので興味のある方は民家村に遊びに来て下さいね♪

窯元展201002
こちらはそれぞれの窯元の作品を集めたコーナーでした。

窯元展201001
だいたい1つのテントに1つの窯元さんが入っていてそれぞれの作風がわかって見やすかったです(^^)

窯元展201003
ランプシェードを集めたコーナーもありましたが、これは昨年までの旧布施家の土間の方が雰囲気がありましたね...
まぁイロイロ試行錯誤をしながら継続していってもらえると嬉しいので応援の意味を込めてブログで紹介させてもらいました(^^ヾ




肥後民家村のイベント情報 | 07:43:00 | Trackback(0) | Comments(0)
神楽の夜♪
報告が遅くなりましたが先週の土曜日に地元の用木日吉宮の神楽がありました!
最近は神楽組も若い舞手が増えたので、さすがに僕も声を掛けられなくなって安心してたりします(^^ヾ
と言っても地区の分館役員をしているので本当は練習にも顔を出したりしないといけないのですが、今年は展示会の準備で夜も殆ど時間が取れずご無礼ばかりでした(^^;)

せめて当日は頑張って焼き鳥でも焼くかと思って行ったら、応援の人がほとんどいないではないか!?
いきなり分館長に「お釣りはここに置いとくけん」と言われて必然的にお金の管理をする羽目に(^^;)
焼き鳥は消防団の若者に任せて全体を見渡せるジュースの売り子をしていると団子汁担当のオバちゃんからやれ火がつかないとかティッシュはないのかとか、お客さんからも輪ゴムはないかとか袋はないかとか問い合わせ殺到!?準備をしてるのは神楽組なので僕に聞かれても知らないんですけど(苦笑)
本当に焼き鳥焼いてる方が楽でしたね(^^ヾ
まぁそんなこんなで個人的には大変ではありましたが今年も無事に神楽が奉納できて良かったのではないかと思います(^^)

行政も町内に数多く残る神楽を観光資源の1つとして考えているようで古墳祭や山太郎祭など町が主催する大規模なイベントでも神楽の披露がありますが、やはりその地区で見てこそ本当の神楽の醍醐味が感じられるのではないかと思います(^^ヾ
僕の住んでいる用木地区は基本的にオープンな感じで神楽も竹明かりのライトアップなど年々パワーアップしてるので来年はもっともっと多くのお客さんに見に来て欲しいですね(^^)
神楽組はもちろん関係者の皆さん本当にお疲れ様でした!

神楽201001
こんな感じで雰囲気は伝わりますかね?(^^)

神楽201002
神楽のクライマックス!神主と鬼のやり取りです。

神楽201004
鬼こわっ(^^;)




なごみ百景 | 08:34:58 | Trackback(0) | Comments(4)
Gアート展
民家村のガラス作家 假屋園くんが中心になって立ち上げた「Gアート展」という新しいクラフトイベントが昨日から始まったので、会場の「水辺プラザかもと」に夕方の終了間際に行ってきました!
ガラスはもちろん、陶芸、木工、鉄、アクセサリ、押し花などなどたくさんの作家さんが出展してます。先日の民家村の体験まつりに出展してくれた人が多いので、ほとんどの作家さんが顔見知りですが(笑)
僕も出展するように誘われたのですが、さすがに伝統工芸館の翌週だったのでそんな余力も余裕もないと思って今回はご無礼させてもらいました。ただ来年は会場を民家村に移して開催する予定ということなので、そういうことならとオブザーバー的な立場で会議には何回か顔を出していました。という訳で一応どんな感じになったのか見ておきたくて陣中見舞い(?)に行って来た次第です(^^ヾ

「水辺プラザかもと」は熊本県北では一、二を争う人気の物産館で集客的には文句ナシなのですが、その敷地の奥の方にある「きなっせ」という建物がメイン会場なので、物産館のお客さんをどうやって奥まで引き込むかが課題でした。
そのためにオブジェを作ったりテントの出展者を増やして並べたりしてお客さんの動線を作ろうと試みていました。今日は平日ということもあってその効果はあまり出ていなかったみたいですが、土日でお客さんがどのくらい流れてくるか後で結果を聞いてみたいと思います(^^)

僕が感じたのはやっぱり幟(のぼり)がいるなぁということですかね...
幟があったら何かやってる雰囲気が出るし、せめて草木染めの作家さんとかに協力してもらって桜並木にカラフルな布を掛けておくだけでもイメージが変わるんじゃないかと。今回は流木でオブジェを作っていたのですが、残念ながら桜の木とカブってあまり目だって無かった気がします(^^;)
まぁ、こういうのは実際にやってみないとわかりませんから、今回はまずアクションを起こしたことに拍手です!あとはこれをどうやって続けていくかが問題で、そのためにもある程度の収穫と課題が得られると良いですね(^^)
「Gアート展」は17日の日曜まで開催してますので、興味のある方は水辺プラザかもとにおいでくださいませ!僕は土日は民家村にいるのでGアート展ではお会いできませんけどね(^^ヾ

Gアート展
写真はGアート展の入口?で撮りました。何だかすっかり夕方な感じですね(^^;)



展示会情報 | 07:55:14 | Trackback(0) | Comments(0)
くまもとの木工房展終了しました!
おかげさまで「くまもとの木工房展final」が無事に終了しましたぁ!(^^)
展示に見合うだけの製作はもちろんですが、DMの作成(デザインから印刷屋さんとの交渉まで)やらマスコミ各社への名義後援以来、協賛企業への書類作成、DMを携えてのギャラリーや店舗巡りまで含めて準備に相当な時間とエネルギーを費やしてきたので今は脱力感で一杯です(^^;)

以前と比べるとお客さんもかなり少なかったみたいで、尚且つこのご時勢ですから高額商品はなかなか売れないという厳しい状況ではありましたが、僕個人としては売り上げは前回の3倍増!という自分でも驚く結果となりました(^^)v
まぁ前回がそこそこしか売れてなかったという話もありますし、今回も知り合いが気を使って顔を見に来たついでに何か買って行ってくださるケースが多かったので単純に喜んでばかりはいられませんが頑張った甲斐があったってもんですね(^^ヾ
少なからず民家村のPRにもなったので僕にとっては有意義な展示会でありました(^^)

それにしても本当に友人・知人はありがたいです。来てくれるだけでも十分なのに中には差し入れまで持って来てくれる人もいますし、結構それなりの値段のモノを買ってくださる人もいて恐縮してしまいます。この場を借りて心より感謝申し上げますm(_ _)m

とにもかくにも「くまもとの木工房展」という形では残念ながら今回が最後なので、今後についてはまた新たな枠組みで展示会をという話もチラホラと出てたりもします。個人的には今回の展示会を終えてイロイロと思うところもありますが、その辺の話はまた改めてということで(^^ヾ

何はともあれ関係者の皆さんお疲れ様でした!そして来て頂いた全てのお客さん、ありがとうございました(^^)
あとは都合がつかずに来られなかった人のために僕の作品を写真でお楽しみください(^^ヾ

木工房展201005
コーヒーテーブルと椅子のセットです。
昨年のくらしの工芸展で作った三本足の椅子がデザイン、座り心地ともに好評でした(^^)

木工房展201006
こちらは珍しく(?)和風な感じの展示にしてみました。
麻紐と組み合わせた衝立が外人さんに「ゴージャス!」と言われたヤツです(笑)

木工房展201007
こちらは小物のコーナーです。今回は壁を使おうと思って額縁や時計などを多く準備しました。
日によって売れる小物が違うのが不思議でしたね(^^;)

木工房展201008
今回のテーマ「贈り物」に合わせて作った子供用の椅子です。「はじめての椅子」と名付けました(^^)
出展者それぞれが趣向を凝らしたテーマ作品でしたが、蓋を開けたら椅子、からくり箱、額がそれぞれ2人ずつとかぶっていたのが面白かったです。皆考えることは同じですね(^^ヾ







木工の仕事 | 07:47:55 | Trackback(0) | Comments(2)
街も楽しい
火曜から始まった「くまもとの木工房展final」も残すところ今日と明日の2日間になりました(^^)
街に通うのにもすっかり慣れましたね!なーんて、こんなに毎日街に出てくることは滅多にないのでこの機会を逃してはならないと街を満喫してます(笑)

今度から民家村の水車小屋に入ってくれるアイアンズの三島さんという鉄の作家さんがタイミング良く街中のギャラリーでグループ展をしていたので見に行ったり、昨日は「みずあかり」というライトアップのイベントに行ったりとたまには街も良いもんです(^^ヾ
「みずあかり」は先日一緒にマイ箸作りワークショップをしたユースかんくまのメンバーがお手伝いをしているということだったのですが残念ながら会えたのは2人だけでした。まぁ2人と会えただけでも良かったですけどね(^^;)

それにしても「みずあかり」はものすごい人出でしたね!
単純に考えて熊本城をバックに何千何万というローソクを並べればそれはそれは綺麗ですから人が多いのも当然です(^^)
本当に準備の皆さんは大変だと思いますがそれだけ多くの人間が関わらないとできないところに町おこし的な意味合いもあって良く出来た企画だと思います。
田舎でもこういう素敵なイベントが出来たら楽しいんですけど二番煎じにならない新しい企画は簡単には思いつきそうにないですね(^^;)

という訳(?)で「くまもとの木工房展final」は11日の体育の日までなので伝統工芸館でお待ちしてまーす♪

木工房展201004
写真は甲斐武さんの作品です!
相変わらず上品でセンスもピカイチで大人の雰囲気が漂ってます(^^)

木工房展201003
こちらは銘木・木の根工芸ふくしまの福島友博さんの作品です。
福島さんと言えばやっぱり一枚板のテーブルですね!




展示会情報 | 07:48:53 | Trackback(0) | Comments(0)
好評開催中でーす
かねてよりお知らせしていました「くまもとの木工房展final」が始まりました!
という訳で今週は民家村を離れて毎日街に通ってます(^^ヾ

一昨日は初日ということもあってかそれなりに賑わい、その反動か昨日はちょっと少なかったですが、それでも平日の民家村とは比べ物にならないくらい大勢のお客さんに作品を見てもらえてありがたいことです。そもそも普段の木工館ではこんなに自分の思い通りに展示はできないので比較のしようもありませんけど(^^;)

イロイロなお客さんから「良いねぇ!」とか「でも値段が高いわねぇ」とかイロイロな声をいただいて一喜一憂してますが、中でも新作の衝立は評判が良いみたいでこの展示会のために準備した甲斐がありましたよ(^^)v
昨日は外人さんから「ゴージャス!」と言われて、別に絢爛豪華な訳ではないのにこういうときにもゴージャスという表現を使うのかぁ!と妙なところに感心しつつメチャメチャ嬉しかったです(^^)
僕は誉められて伸びるタイプですから素直に喜んでおきます!衝立をはじめ大物が売れる気配は全くありませんけどね(笑)

僕の友人・知人はもちろんですが早くも見に来てくださった皆さんありがとうございますm(_ _)m
今日も含めてまだ5日間ありますのでまだまだたくさんの人とお会いできるのを楽しみにしてます(^^)

木工房展201001
写真は五家荘工芸の松田剛さんの作品です。後ろに座ってるのが松田さんです(^^)
定番の囲炉裏はやっぱり目を惹くのでお客さんの関心も高いですね!

木工房展201002
こちらはWoodWorkこうづまの上妻義則さんの作品です!手前の椅子は松田さんのですけど(笑)





展示会情報 | 07:37:01 | Trackback(0) | Comments(0)
搬入に行ってきました!
いよいよ明日から「くまもとの木工房展final」が始まります!
という訳で今日は搬入のために朝から伝統工芸館へ。
9時前に家を出たのですが思いのほか道路が空いていて40分で到着!このくらいなら快適なのですが、明日からはもう少し早く出ないといけないので通勤時間帯と若干重なるんでしょうねぇ(^^;)

到着した順番に皆で荷物を降ろして後はそれぞれ各自の担当スペースを設営です。
気合の入り具合の表れ(?)なのか作品の数に相当バラつきがあるのが結構面白かったですね。
僕はどうにか格好がつくくらいには持ってきたつもりですが、テーブルなどの大物がないので大量に用意してきた両隣と比べると何となくこじんまりとまとまった感じです(^^;)
まぁ、それはそれとして僕の中では自分のカラーを出せていると思うので良しとしましょう(^^ヾ

他の出展者の作品はまだゆっくり見てませんが、パッと見ただけでこれは誰の作ったモノかというのが大体わかりますね。ということはそれぞれが自分の持ち味を出しているということでお客さんにとってもバリエーションがあって面白いのではないかと思います。
僕がセッティングしている横から作品を見に来た出展者の奥様が「これカワイイ~!」と言って、早速新作小物のカードスタンドをお買い上げしてくださいました。搬入のときに売れたのは初めてでしたが、何だか幸先良いスタートが切れた感じがします(笑)

何はともあれ明日から1週間イロイロな人との出会いを楽しみに、民家村にはない新たな刺激が得られればイイなぁと思います(^^)
期間中は常駐(あくまで予定ですが多分大丈夫のはず!)してますので、大勢の皆さんのお越しをお待ちしてます♪

くまもとの木工房展201000
写真は伝統工芸館1階展示場の入口です!看板の向こうは実際に見に来てのお楽しみということで(^^ヾ



展示会情報 | 22:11:13 | Trackback(0) | Comments(0)
こちらも入選
唐突ですが先日古墳祭写真コンテストの表彰式がありました!
前回の和水町の観光写真コンテストのときは欠席しましたが、今回は展示会前の忙しい中でしたが出席してきました(^^)

古墳祭の写真コンテストは毎年行われているのですが、昨年までは熊日フォトサークルの会員しか応募できなかったのです。でも今年はその制約がなくなったので僕も初めて応募してみました(^^ヾ
と言っても古墳祭のスタッフをしながら合間を見て適当に撮ったモノで、特に今年は江田船山古墳から殆ど動けなかったので入選という結果はまぁ良しとしようという感じですね。そもそも写真はプロじゃないし(笑)

古墳祭201004
その写真がこれです!
限られた時間とスペースの中で撮った割りにはなかなか情緒があって我ながら良い写真だと思うのですが、祭りの主役である卑弥呼も松明行列も写ってないので入選より上の賞は難しいでしょうね(^^;)

実際に他の入賞・入選作品を見てもこういう感じの写真は殆どなく、どれもストレートど真ん中の卑弥呼がドーンと写っているモノが多く、失礼ですがただ撮っただけなんじゃ?という写真も散見されますが、こればっかりは審査員の決めることですから言っても仕方ありませんね(^^ヾ

それにしても表彰式でくれる額縁と副賞の文鎮(前回の観光写真コンテストのときと同じヤツでした)は使い途がないので役場に返せないかと相談したら予想通りダメでした(^^;)
でも毎回応募してる人の中には文鎮コレクターになってる人もいるんじゃないかと思うのは大きなお世話でしょうか?僕もこれ以上使わない額縁(もし賞状を飾る気になってもそのときは自分で額縁作りますからね!)とか増えても困るので来年からの応募は止めようかと結構真剣に考えてたりします(笑)

という訳で僕の作品も見られる古墳祭の写真展が民家村の歴史民俗資料館で11日まで行われていますので、民家村に遊びに来るついでに見てやってください(^^)



未分類 | 08:22:16 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad