■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
粉雪とクレソン
今朝は寒かったですね!この辺りも初霜で一面真っ白でしたよ(^^;)
今日はそんな寒い民家村を昼前には抜け出してもっと寒い阿蘇へ(笑)
お目当ては阿蘇神社の近くにあるetuという雑貨屋さんで行われている「粉雪とクレソン」というイベントです(^^)
朝の冷え込みが嘘の様な絶好のドライブ日和で13時過ぎに到着!この時期に阿蘇に来ることは滅多にありませんが温かな日差しの中にも凛とした空気が漂い心地良いですね。

etuさんは昔の洋裁学校を利用したレトロな雰囲気の雑貨屋さんでカフェなどもあり普段からお客さんが多いとは聞いてましたが、さすが土曜の午後しかもイベント期間中ということもあってなかなかの賑わいでした(^^)
整然とスッキリしてというよりアチコチに色々なモノが溢れていて良い意味でゴチャゴチャした盛り沢山な感じで、それに加えてお客さんもスタッフも大勢いるので久しぶりに人混みというモノを体感した気分でした(笑)

さてそもそも何でわざわざこのイベントに来たかというと、コトの始めは10月の伝統工芸館での木工房展のときでした。旦那さんがキャンドル、奥様が水引とご夫婦揃って作家をされてる「しろつめ」さんから今回のイベントの話を伺い「木を使ったワークショップって何かできますか?」と聞かれました。
水引の教室などで教えていても最近の人は何でも簡単にできると思っている人が多くて、子供の頃からモノを作り上げる大変さを教える機会をもっと作らないとということでそのコンセプトには激しく同意です!
しかし今年は準備の時間もないのでとりあえずどんな感じのイベントなのか見に行きますとお約束していたのでした(^^)

今日見た感じだと糸鋸などの電動工具は使えないだろうし、すぐそばで飲食の出展もあるのでサンドペーパーの細かい木の屑などもなるべく出さない方が良さそうです。そうするとナイフなどでひたすら削って何かを仕上げるというのが良いのかな?とも思いますが、それじゃあ何を作ろうかなぁ?というのが簡単には思い浮かびません(^^;)
狭い場所で刃物を使うのも注意が必要ですし、思い切って寒さに耐えながら外でした方が良かったりして(^^ヾ
何だかステンドグラスとかキャンドルに比べたら地味なワークショップになりそうですが、何ができるかじっくり考えてみたいと思いまーす。

「粉雪とクレソン」のイベント自体は12月5日まであってます(^^)
詳細はこちらです

阿蘇神社01
写真は阿蘇神社で撮りました。見事な銀杏の絨毯でした!
etuさんの写真は慣れない人の多さのせい(?)ですっかり撮り忘れてました(^^;)




スポンサーサイト
展示会情報 | 22:26:11 | Trackback(0) | Comments(0)
困った人たち
昨日は祝日ということもあり民家村のお客さんもそれなりに多かったですね!
まぁ、今は紅葉が綺麗ですから民家村の魅力を語る上ではこの時期を逃したらいけません(^^)

しかーし、人が増えると中にはあまり宜しくないお客さんもいたりします...
個人でわざわざ民家村に来てくださる人にはそういう人は殆どいないと思うのですが、団体さんというか観光バスで何だかわからないままに民家村に連れて来られちゃったみたいな人にはたまにいるのですよ(^^;)

木工館は展示室の奥に作業場があるのですが、まずドヤドヤと作業場に入り込んできてあーだこーだ言いながらどうでもいい様なことを聞かれます。何か聞いてみたくなる気持ちもわからないではないですが、ただ聞いてるだけというのがあからさまなのでアナタがそれを聞いてどうするの?と逆に聞いてみたくなります(苦笑)
他にもとにかくアチコチ触りたがる人がいたり、「これだけ機械があれば何でも作れるよ」とか嫌味だかひがみだかわかならいことをブツブツ言う人もいます。どんなに機械が揃ってても僕の作ってる家具はアナタには作れませんから!
中でも一番困るのは機械を動かしているときに気にせず間近まで寄ってくる人で、危険だという認識が全く無いのでしょうがこちらは仕方なく機械を止めざるを得ません(^^;)
アナタが怪我しても別に知ったこっちゃないですから!と言いたいところですが本当に怪我されたら困るのは僕ですからね...

観光地なのでやむを得ないとも思いますが、こうなると作業場は立ち入り禁止にしたくなりますね(^^ヾ
でも木工の好きな人とかはどんな機械を使ってるかとかイロイロ見たいと思うし、こういう加工をしたいときはどうしたら良いかとか突っ込んだ質問をされる人もいます。そういう人にとっては作業場をオープンにしておいた方が話もしやすいし、僕もなるべく丁寧に答えるようにしてますから、一部の困った人たちのために普通のお客さんまでシャットアウトしてしまうのは何となく気が引けるというか僕の主義に反する気もします。

役場の人は以前より観光バスが増えたということをよく言いますが、現実的には団体さんが民家村のよさを理解してリピーターになったりクチコミで宣伝してくれたりというのは確率的にはかなり低いでしょうね...
もちろん団体さんの中にも良いお客さんはいるし来てくれること自体は問題ないのですが、役場が観光バスという目に見える数字が増えることで民家村の活性化につながっていると思ってたら心配です(^^;)
今は旅行の形態も様変わりしていかに個人のお客さんを増やすかが重要なのです!そしてその人たちが自ら情報を発信したくなるような時間と空間を提供しないといけないのですけど、その辺を役場はちゃんと理解してるのか最近疑問に思うことが多々あって困ったモノです。
何となく関係者のコンセンサスが取れてない気もする今日この頃ですが、行政に必要以上に期待するのではなく結局は現場にいる僕らが頑張らないとってことですね(^^ヾ

紅葉201012
写真は水車小屋の下で撮りました!見事の一語ですね(^^)




肥後民家村の日常 | 08:00:38 | Trackback(0) | Comments(0)
また1つ
年をとってしまいました(^^ヾ
19日でなんと御年42歳!自分が一番ビックリします(笑)
この歳になるとそんなにめでたいモノでもないよなぁ?と思う反面、両親や妻はもちろんイロイロな人に支えられて歳を重ねている訳でそういう人たちに対する感謝の気持ちを再確認するという意味でやはり誕生日というのは大切だと感じてます(^^)

それにしても僕が子供の頃の42歳ってスゴい大人(何せバカボンのパパより年上ですからね!)だった気がするんですけど、いざ自分がなってみると本当にこんなんで良いのだろうか?と甚だ疑問です(^^;)
まだまだ何もしてないようで、でもやりたいことも山のようにあって気持ちばかりが焦る今日この頃ですね。30代のときにはなかった感覚なのですが、最近妙に残り時間とかを意識します。
このままボヤボヤしてたらアッと言う間に50になっちゃうんじゃないかとか、気力体力共に充実している期間はそんなに長くはないんじゃないかとか...

しかし先日Twitterで興味深い話題が!
熊本市の南部に刃物で有名な川尻という町があるのですが、そこで82歳の職人さんに鍬を作って貰ったと(^^)
素晴らしい!そう考えると僕にはまだ40年もあるではないですかっ!
もちろんその為には健康であるだけでなく、ちゃんと職人として評価されて仕事を続けていないといけない訳で簡単ではありませんが何だか勇気を貰えた気がします。
いくつになっても職人にはゴールはないので日々精進ですね(^^ヾ

あと少しで厄も明けるしこれからもより一層頑張ろうと思った42歳の誕生日でした!

紅葉201003
写真は万世窯の前で撮りました!

紅葉201004
今日は大サービスでもう1枚(^^ヾ
上の写真と同じ木ですが昼過ぎに順光で撮ると全然感じが違いますね。




未分類 | 07:48:36 | Trackback(0) | Comments(3)
ガネ飯を食おう!
いやぁ、寒くなりましたねぇ...作業場は暖房がないので着膨れしてドリフの相撲コントみたいになる日も近いです(^^;)

さてさて今週の日曜は和水町の一大イベント(?)山太郎祭が民家村のお隣の菊池川白石堰河川広場で行われます!
山太郎というのは菊池川で獲れる川蟹のことで要は秋の収穫祭的な町の産業祭ということなのですが、昨年までは土日の2日間だったのに今年から何故か1日だけの開催になってます。
商工会の青年部長に「なんで1日に減ったか知ってます?」と逆に聞かれましたが、青年部長が知らないのに知る訳ないっしょ(^^;)
何となく聞こえてくる話から推測すると結局は予算削減ということなのかな?という気もしますが、何でも安易に縮小するというのもいかがなモノかと思いますね...

そんな訳で盛り上がりが心配されますが一応KABの「ふるさと情報局」(僕も1年半ほど前に出演しました!)でPRすることになっているらしく先日民家村でロケが行われてました!
出演するのは役場のコータ(仮名)ということで仕事の合間に撮影してるところを覗きに行きましたが、相変わらずの緊張ぶりで見ていて笑っちゃいけないと思いつつも他人の撮影は本当に気楽で楽しいですね(笑)
ただの冷やかしに行っただけなのに撮影用に用意していたガネ飯とガネ汁までご馳走になってしまいました(^^ヾ
実はこれまでに1,2回しか食べたことなくて何年ぶりかに食べたのですが美味かったッス!マジで(^^)
祭りの主旨とか内容とか1日に減ったとかそんなことはもうどうでも良くて、とにかくガネ飯とガネ汁を食べるためだけでもわざわざ来る甲斐があるってもんでしょ!
詳細はこちらです

ちなみにふるさと情報局は今日スタジオ収録があって、19日(金)の17時半頃から放送とのことなので緊張したコータの勇姿を見てやってください(笑)

紅葉201002
写真は旧布施家で撮りました!




なごみ百景 | 07:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
来客多し
何故だかわかりませんがここ数日はやたらと来客(?)が多いですね(^^)
まず水曜は熊日の「すぱいす*spice」というフリーペーパーの取材でした!
以前の新聞折り込みから今は戸別ポスティングに変わったみたいなのですが、フリーペーパーとあなどるなかれ発行部数30万部を越える熊本でも有数の情報誌と言っても過言ではないでしょう(^^ヾ
でも熊本都市圏のみなので和水町辺りでは読めないんですけどね(^^;)

何でも今回はオーダー家具の特集ということで、一般の人からするとオーダーで家具を作るというのは敷居が高いと感じるらしく、その辺の実態をお知らせしてもう少し身近に考えてもらいたいという趣旨だと言われました。こちらとしては願ったり叶ったりという企画です!
そもそも取材と言えば民家村の取材ばかりで純粋に僕の本業についての取材は珍しいので本当にありがたいことです(^^)
結構丁寧に写真を撮ったり話を聞いたりしてもらったのでどんな感じになるのか今から楽しみです♪

そして木曜は埼玉の木工房で働いているという女性が旅行がてら遊びに来てくれました!
聞けば飛騨高山の森林たくみ塾で2年間勉強をした後、埼玉の木工激戦区(?)である飯能で仕事を始めて2年目ということでしっかりしたキャリアを積んでるなぁという印象です。
ゆくゆくは独立したいと考えているみたいですが、そのためにはもう少し仕事のスピードを上げないとという話をしてました。僕も独立して10年目ですが全く同感です(^^;)
やっぱり同業者と話をするとイロイロと刺激を受けられて良いですね!わざわざ遠くから来てもらって何かの参考になったら嬉しいのですが、とりあえずこれからもお互いに頑張りましょうとエールを交換して見送りました(^^)

他にも今週はガラス工房の假屋園くんが中心になって行っているGアート展の打ち合わせがあったり、来週は熊日の新年号の取材(こちらは民家村のです!)と企業の広報誌を作っている印刷屋さんから取材を兼ねた体験が同じ日にあったりして何だか対応に追われてますが、基本的にイロイロな人と会って話をするのは楽しいので良い感じで民家村のPRにつながっていけばイイなぁと思います(^^)
ついでに僕の仕事にもつながっていけば言うことナシですけど(笑)

紅葉201001
写真は蕎麦屋木阿彌の前で撮りました!
ここは毎年遅めだったのでノーマークでしたがいきなり見頃を迎えていました(^^;)
今年も民家村の紅葉はなかなか良い感じですぞ(^^)





肥後民家村の日常 | 07:48:23 | Trackback(0) | Comments(4)
紅葉はまだか?
寒くなりましたねぇ...まだ11月なのにこれから冬が思いやられます(^^;)

唐突ですがこのブログも始めてから3シーズン目に入りました。
元々民家村の宣伝のためにと始めたので基本的に民家村で撮った写真を載せるようにしてます。僕の稚拙な文章だけでは心もとないので写真のチカラを借りて少しでも民家村の魅力を伝えられればと思ったのです(^^ヾ
ということは気がつけばブログ用に写真を撮り続けているおかげで3年分の撮影データも自然と蓄積されていたことになるのですね!フィルムの時代には撮影日をメモしたりとかそんなマメなことは全くしてなかったのでそういう意味でもデジタルって便利です(^^)

さてここからが今日の本題ですが、今年は夏が異常に暑くて10月末に台風が来たりして季節が1ヶ月遅れていると言われてます。
そこで心配なのが民家村の紅葉です!
民家村は園内のアチコチに紅葉する木が点在していてボリューム感には欠けるものの知る人ぞ知る(?)紅葉スポットなのです。
僕も民家村の紅葉を楽しみにしている1人なのですが、まだ若干色づき始めたくらいで何となく今年の紅葉は遅れているように感じてました(^^;)

ところが何気なく昨年の紅葉の写真を見たら最も早い撮影日は11月13日(!)ついでに一昨年のデータを調べてみたら何と11月12日から紅葉の写真を撮り始めてました(^^ヾ
ということは今日はまだ11月10日なので今年も例年通りのペースというか特に遅れている訳ではなかったのです!
結局何が言いたかったかというと人間の記憶はアテにならないなぁということですね(笑)
そんな訳で(?)今年も民家村で綺麗な紅葉が見られるのを楽しみにしてます♪

赤トンボ03
写真は木工館の前で撮りました!
紅葉は年によって当たり外れもありますが赤とんぼは必ず赤いです(笑)




肥後民家村の日常 | 08:13:07 | Trackback(0) | Comments(0)
「くらしの工芸展」&「くろくも舎」
何が楽しいのかイマイチよくわかってないのですが、とりあえずTwitterなるモノを初めてみました!
今更という感じもしますが気が向いたらフォローをヨロシクお願いしまーす(^^ヾ
こちら

さて朝晩は冷えますが日中は暖かかくて過ごしやすい日が続いてますね(^^)
そんな陽気に誘われた訳ではありませんが昨日は民家村を抜け出して伝統工芸館で行われている「くらしの工芸展」を見に行ってきました!
一応、僕の作品も展示されているのでやっぱり期間中に一度は見ておかないと。そうです、これも仕事の一環なのです(^^ヾ

今年の僕の作品はこれでーす♪
お絵かきベンチ02
子供用のベンチなのですが、倒すと小さな机として使えます。それがわかるように同じモノをわざわざ2つ作りました(^^;)
ちなみに名前は「お絵かきベンチ」にしました!脚の曲線は積層曲げという技法にチャレンジしてみたのですが我ながら良くできたと思いますし、見ているとお客さんの反応もなかなか良いようです(^^)
これで売れてくれると言うことナシなのですが、値段が高いので難しいでしょうね...
これまでも売れたためしがないのであまり期待しないでおきましょう(笑)

知り合い(10人くらいいたかな?)の作品が見られたのは良かったのですが、同じ入選でも何となくレベルの差が大きいようで客観的に見て欲しいなぁと思うような作品は少なかったですね(^^;)
まぁプロアマ問わずの公募展で審査員の選ぶことですから他人の作品をとやかく言うつもりもありませんが来年こそはグランプリ目指して頑張ります(^^ヾ

その後は八女まで足を延ばして「白壁ギャラリー」というイベントも見てきました(^^)
昨年はそこで切り絵作家をスカウト(?)して民家村の里山美術展に出展してもらったりしたので、今年も新しい作家さんと知り合えたらイイなぁという多少の下心もありましたが、昨日は平日ということもあって閉まっているところも多かったせいか思わず声を掛けたくなるような作品には出会えませんでしたねぇ。時間が足りずに全部回れなかったという話もありますが(^^;)

しかし、そんな中でも僕の贔屓にしている切り絵作家 松原真紀ちゃんのイベント期間限定のギャラリー「くろくも舎」は良かったですね!
4月頃にお邪魔したときはまだ引越しの途中だったのですが、それがすっかり綺麗に片付いて良い感じの空間になってました(^^)
作品の素晴らしさはもちろんですがお客さんに対するおもてなしとかも含めて、白壁ギャラリーで僕が見た中では群を抜いてたと思います。逆に言うと挨拶1つしない人もいたのが残念でしたね...

とは言え町全体を巻き込んだイベントで盛り上げようという気持ちはアチコチから垣間見えて、頑張ってるなぁ!というかこういう取り組みは1人ではできないので同じベクトルを持った人が集まってちゃんと形にしていることが羨ましかったりします(^^ヾ

そんな訳で八女のカフェでゆっくりお茶でもしようかと思ってたのにそんな時間もなく慌しい1日でしたが「くらしの工芸展」も「白壁ギャラリー」も7日の日曜までやってますので時間と興味のある方は見に行ってくださいね!

切り絵04
写真は切り絵の鬼です!今回のテーマが鬼だったのですが彫刻家の人から「もっと怖くしないと」とダメ出しされたそうです。「私カワイイんで無理です!」って答えたみたいですが(笑)

切り絵03
「くろくも舎」の名前通り?以前から蜘蛛の作品も多いのですが、相変わらずの細やかな仕事に脱帽です。引越したときにあまりに蜘蛛が多かったのでイロイロ調べたら別に悪いモノではないことがわかりかえって愛着が湧いたとのことでした(^^)

切り絵05
古い町家にマッチしたアンティークな振り子時計を使った作品はアイデアも見事ですね!
白壁ギャラリーでは切り絵の写真以外撮ってなかったことに家に帰ってから気がつきました(笑)
まぁ僕のイチ押しってことで(^^ヾ




展示会情報 | 07:42:21 | Trackback(0) | Comments(3)
めざせ福岡!
いつの間にか11月ですね!11月の声を聞くと何となく今年も残り僅かという気になるから不思議です(^^ヾ

9月頃からやれイベントだ展示会だとバタバタしていましたが、ようやく一段落という感じで精神的にも脳ミソにも余裕ができたので早くも来年に向けての展望を(笑)

ズバリ来年は福岡を目指します!
と言っても何のことかとお思いでしょうが要するに展示会の話です(^^)
先日の伝統工芸館での「くまもとの木工房展」では僕の作品のデザインを評価してくださる人が結構いて自分でも意外でした(^^ヾ
家具には用・強・美という3つの要素があって、わかりやすく言うと使いやすさ、丈夫で長持ちするか、そしてデザインということになるのですが、どこに重点を置くかは作家さんによってそれぞれだと思います。
僕の場合はまさに用・強・美の順番でデザインに関してはシンプルで飽きの来ないモノをというのが基本でそこまで重要視してませんでした...
ただ展示用の作品はお客さんのオーダーと違って自由なので、どうせなら少しひねりを入れてみるかという感じで作ることが多くそれが思った以上に好評だったようです。
僕の作品に関心を示してくれたお客さんに職業を尋ねるとデザイナーさんとか建築関係の人が多く「東京だったら売れるでしょうね!」という声もいただき恐縮することしきりでした(^^;)

確かにそう考えるとマーケットは大きい方がイイ訳で、東京とは言わなくてもまずは福岡辺りに進出してみるのは熊本の県北に位置し高速のインターを有する和水町の地の利を活かすという点でも現実的なのではないかと(^^)
伝統工芸館でも他のジャンルの作家さんと一緒に展示会をしようという話もあるので抽選に当たればそれには出展するつもりですが、とりあえず今後の方向性としては熊本にこだわらず福岡を目指そうではないかと思う今日この頃なのです!

とは言え福岡方面に何のコネがある訳でもなく具体的な話はまだ先のことですが、木工房展に来てくれた灯り師(和紙で照明を作るアーティストさんです!)の赤瀬重夫さんに「常日頃から口に出しておくとそのうちに自然と話が来るからイロイロな人に言っといた方がイイよ」とアドバイスを貰ったので、この場を借りて全世界に向けて宣言しておきます(笑)
なーんて、まだハードルはたくさんあるのでどうなることやらお楽しみに(^^ヾ

美術館08
写真は小林正嗣美術館で撮りました!





未分類 | 07:43:27 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad