FC2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
表彰式☆
いきなりですが今日は「くらしの工芸展」の表彰式のために朝から伝統工芸館へ...
昨年は表彰式には出られなかったのですが、今年は賞金も貰えるし万障繰り合わせての出席です(^^ゞ

周囲を見渡すと来賓も多くネクタイ率高し!僕はと言えば例によって(いつもよりキレイ目にはしましたが)軍パンに頭タオルです(笑)
まぁ、あくまで自然体というか僕の中ではこれが制服みたいなモノですから(^^ゞ

表彰式が終わって会場で他の入選作品などを見ていたらいきなりオバちゃんに「あなたカッコイイわね!」と声を掛けられ(逆ナン?)、そんなこと言われたことない僕が「えっ?」と思っていると「頭タオルがイイわぁ!あなたはそのままでいなさいね」と見ず知らずのオバちゃんにお墨付きも貰いました(笑)

そうこうしている内に「工芸の集い」という審査員を交えての懇談会が始まるというので出席したら入賞者は自分の作品について一言ずつコメントをとのこと(^^;)
話を聞いていて僕に限らず入賞作品については製作者の意図をしっかり審査員が読み取ってくれているようだということがわかりました。逆にその辺りのコンセプトがしっかりしていて、それを作品だけで伝えることが出来れば入賞に近いのかな?と...

グランプリの作品と僕の作品のときに審査員の先生が言われてましたが「計算され尽くした作品(図面に描き易いという表現でした)は頭でっかちになりがちだか、そこに実際に手や目で判断してバランス良く手を加えるのが大事」とのことでした。また「どのくらい時間を掛けたかがストレートに作品にも現れる」とも言われてたので、やっぱり手間を惜しんじゃダメなのだと再認識です(^^ヾ

そんな訳で荻野先生に昨年の審査員奨励賞のお礼も言えたし、他の作家さんとの話も刺激になったし、やっぱりモノ作りに対して真摯に取り組んでいる人たちとの交流は楽しいですね(^^)
イロイロな方からお褒めやお祝い、期待の言葉を頂いたので来年こそはグランプリ目指して頑張ります!
「くらしの工芸展」は9月30日までなので多くの人に見てもらいですね!お時間のある方は是非是非☆

表彰式
最前列に席が用意されていたのでさすがに式典中は写真は撮れず始まる前の1枚です。





スポンサーサイト



未分類 | 22:32:59 | Trackback(0) | Comments(2)

PING送信プラス by SEO対策