■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
はるかぜ再び
昨日今日と熊本は春の陽気でしたね!
実際に明日から3月ですから春はすぐそこまでという感じです(^^)

さて今日はそんな春にぴったりな(?)イベントのお知らせです!
その名も「はるかぜ2013」!!!
ここだけの話ですが実行委員長(稗島珈琲店の稗島くんとバンコCafeでもライブをしてもらってるミュージシャンの平井さんの2人です!)との距離が近いこともあり成り行きで僕も実行委員会のメンバーに名前を連ねているのです(^^ゞ

昨年の「はるかぜ」についての僕のブログはこちらですが、今年は大幅にスケールアップして野外ロックフェスなのです!
ホテルセキアにある2千人収容の野外ステージを使い2日間に渡って行われる大規模なフェスが、和水町の隣の南関町で実現するなんて2~3年前には想像も出来なかったモノスゴイことだと思います(>_<。)

何せ北は福島から南は沖縄まで日本各地から17組のミュージシャンが集まり、遠藤賢司や中川五朗といった大ベテランのビッグネームまで出演する一大イベントなので是非ともこの機会に老若男女問わず大勢の人に来て欲しいですね(^^)

一応、僕のところにもチラシも置いてるしチケットも販売してますので、少しでも興味のある人は気軽に声を掛けてくださいませ☆

「はるかぜ2013」
日時:3月30日(土)、31日(日) 10時 開場 11時 開園(19時 終演予定)
会場:ホテルセキア 屋外ステージ
チケット:一日券 前売り2,000円/当日2,500円
      通し券 前売り3,500円
詳細はこちらです!

はるかぜ
ポスターも良い感じですね(^^)





スポンサーサイト
未分類 | 23:11:41 | Trackback(0) | Comments(0)
高野祭り
今日は抜けるような青空の下「なごみの郷 高野」プレゼンツのイベント、その名も「高野祭り」が行われました(^^)
昨年まではシシ鍋祭りだったそうですが、今年から装いも新たに(?)なごみの郷 高野が日ごろの活動ができることへの感謝と喜びを多くの方々と分かち合う祭りになったようです。
という訳で僕も高野で仕事をさせてもらってることに感謝しつつ朝から参加してきました(^^ヾ

もちろん初めての参加なのでどんな感じなのかと思ってましたが、だご汁や豚汁、手打ち蕎麦、おにぎりやオバちゃんたちの一品料理、さらにシシ肉や鹿肉の焼肉まであってとても贅沢な宴会でした!こんなことなら帰りの足を確保して飲めば良かったと後悔です(笑)
特に手打ち蕎麦は皆で種を蒔いて収穫した蕎麦粉で打ったモノで大人気でしたね!僕も食べたけど美味しかったですよ(^^)

他にもカラオケやら日舞の披露やらお楽しみ抽選会やら盛り沢山で、何より皆が楽しんでる感じがとても良かったです。地域づくりは基本的にボランティアが多いのでこういう楽しみがあるのは活動を継続していく上でもとても重要なことだと思います。

イロイロな人に「農協跡で工房してる人でしょ?」とか「今度遊びに行くね」とか声を掛けてもらって改めて良い場所に工房を構えることが出来て良かったなぁと感謝です(^^)
少しでも高野が賑わうように僕の工房兼ショップも微力ながら貢献できるとイイなぁと思います(^^ヾ

あ、もちろんなごみの郷の事業にも出来る範囲で協力しますよ!そして来年の高野祭りのときは皆さんと一緒に飲みたいですね(笑)

高野祭り
地元の人を中心に50人以上参加してたみたいです!
本当に天気も良くて久しぶりに仕事じゃない日曜みたいな日曜を過ごしました☆






未分類 | 23:03:46 | Trackback(0) | Comments(0)
作家さん紹介その4
作家さん紹介シリーズ第4弾!今回は玉東町の染織家・池田由美さんです(^^)

池田さん01
自然にあるモノからこんなにカラフルな作品が出来るなんて草木染めってスゴいですね!
池田さんは民家村で10年前から行われている里山美術展の代表を務める画家の池田道明さんの奥様で気付けば長いお付き合いです(^^ゞ

池田夫妻の本業はミカン農家でこの冬はイロイロな人から本当にたくさん美味しいミカンを貰いましたが、お世辞ではなく池田さんのミカンが一番美味しいと思いました...
なんでも10年間全く農薬を使わず最近では肥料も与えない文字通りの自然栽培とのことで、そう考えると一朝一夕では作れない味ということでしょう(^^)

実際に食の安全に対する関心の高さもあって関東方面にもかなり出荷したみたいですよ!
アベノミクスだかで何でもかんでも経済優先で景気回復すれば全てオーライみたいな空気を感じますが、池田さんのミカンみたいに環境にも配慮して丁寧に作ったモノが結果として収益を生み出すというのが目指すべき社会のあり方ではないかと思う今日この頃です(^^ゞ

話はそれましたが池田さんの作品にはそういう自然に対する畏敬の念とかも含まれてる気がします...
衣食住それぞれについて丁寧な暮らしを志す自然派志向の素敵女子は是非1枚持っていたい逸品ですよ☆





未分類 | 22:49:18 | Trackback(0) | Comments(0)
日曜大工...
前回の看板に続きポストも作りました!

これまた今まで無かったんですよねぇ(^^;)
で、郵便だけでなく電気料金のお知らせやら宅配便の不在通知やらが入り口のドアの隙間から申し訳なさそうに差し込まれているという状況でしたが、これでどうにか郵便その他配達関係の方にご迷惑を掛けずに済むのではないかと(^^ゞ

本当は手っ取り早くネットで既製品のポストを買おうと思ってたんですけど、これはと思うデザインのモノは安くても2万円くらいで4~5万なんてのもザラという感じでした...
その中には北欧の木製ポストなんかもあったりして、木工屋さんとしては何万もする木のポストが売ってる時点で買うのがバカらしくなって自分で作ることにしました(笑)

という訳で出来たのがこれです!
ポスト

看板と違って全然チカラは入れてないんですけど使い勝手とかイロイロ考えたら本(言うまでもなくハードカバーで大きさ的には百科事典?)の形になりました(^^ゞ
投函された郵便物は表紙をめくって(?)中から取り出すようになってます(笑)
設置する場所も適当なところがなくて苦肉の策で入口横の雨どいにU字ボルトで固定しました...

仕上がりとしては何となく日曜大工っぽいかなぁ?という気がします(^^;)
まぁ実際には〒マークは掘り込んであるしところどころ斜めにカットしてたりRを付けたりと、多少は手が掛かってるので日曜大工でここまで出来る人は中級~上級者だとは思いますが、何万円かで売れそうな気は全くしませんね(^^ゞ

まぁ、とりあえず無くて不便だったので今回はこの程度で勘弁してくださいませ(笑)





未分類 | 23:29:36 | Trackback(0) | Comments(2)
超大作
出来ましたーっ!
一体どんな力作かと期待してしまった人がいたら最初に謝っておきますが、完成したのは工房の看板です(^^ゞ
えっ、まだ無かったの?という声が聞こえてきそうですが実は無かったんですねぇ(^^;)

一応2階のショップの方は看板らしきモノがあるのですが、せっかく県道沿いにあるので建物の前だけではなく道路側にも一目でわかる看板を出さないとと構想は最初からありました...
でもせっかく作るなら普通の看板じゃ面白くないと思ってイロイロ考え試作を繰り返した結果ようやく出来たのがこれです!
看板05
普通の看板じゃ?と思ったそこのアナタよく見てください!右上に僕の分身(?)が乗ってるのです(笑)
しかも風が吹くとノコギリを挽く仕掛けになってるのですがこの連休は風ひとつない穏やかな天気だったので実際に動いているところはまだ見てません(^^;)

本当に動くの?と半信半疑の人のために出血大サービスで実験段階の動画もUPしちゃいますのでクリックしてください(^^ゞ
動画:+木看板
こんなことに時間かけてる場合じゃない気もしますが久しぶりに技術系の血が騒ぎましたよ(笑)

という訳でお粗末さまでしたという感じですが前を通ったときは見てやってくださいね(^^)
あ、大事なこと忘れてましたが看板の設置を手伝ってくれたフエルトの貴公子に心より感謝です☆





未分類 | 23:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
作家さん紹介その3
しばらく暖かいと思ったらまた寒波がやって来てますね。熊本でも明日は雨が降るとか降らないとか(^^;)
全国的に目まぐるしく気温が変化しているみたいなので皆さん体調には気をつけましょう...

さてウチのセレクトショップに出展してくれてる作家さんの紹介ですが、第3弾は「ひろのぐらす」本田郁郎さんです!

本田さんは阿蘇の高森にある工房を大改装(改修の方が正しい?)中ということで当初は作品が揃わないからと難色を示されてましたが、点数は少なくてもイイですと説得して最終的には快くご協力いただいてます(^^ゞ
何せ熊本で吹きガラスをしている作家さんは数える程しかおらず、その中で個人的な好みでは本田さんは絶対に外せないと思ってたので是非大勢の方に見て欲しいなと(^^)

本田さんの作品は派手な色使いはせずに一見シンプルな感じでありながら、柔らかなフォルムと気泡やヒビをデザインに活かした技術とセンスが魅力だと思います!

今のところまだ工房の目処は立っていないみたいなので、本田さんの作品が見られる貴重な(?)場所としてPRしていきたいと思います(笑)

本田さん01
今は一輪挿しと皿を中心に10点ほどですが、コップとかスゴく良いので僕も「ひろのぐらす」のリニューアルオープンを心待ちにしてます☆




未分類 | 22:53:25 | Trackback(0) | Comments(0)
インターナショナル・ギフト・ショー
ここ数日の熊本は冬とは思えないほど暖かいですね!今日が節分で明日は立春だから着実に春に近づいてる感じです(^^)

さて、このブログでも紹介してましたが例の江戸切子職人のコーヘイ君とのコラボで応募した「東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞」の入賞作品が2月6日~8日の3日間だけ展示されます!会場はなんと東京ビッグサイトです(^^;)

「第75回東京インターナショナル・ギフト・ショー」という、あの広いビッグサイトを全館使っての由緒正しい国際見本市とのことです。
知らずに行っても絶対に見つけられないくらいの規模だと思うので、東展示棟5Z「伝統とModernの日本ブランド」というブースを目指してください(笑)

実際に日本の伝統工芸品に対する海外からのニーズも高いようで、表彰式のときも審査員の方が「頑張って世界に進出してください」という話もされてましたね...
まぁ、そこまで飛躍した話はないにしても、僕たちの切子行灯にどんな反応があるのか楽しみですね(^^ヾ
こういうモノ作りを組織としてバックアップしてくれるなんて、東京の伝統工芸の看板はさすがだなぁと思います!

一応、業者向けの展示会なので平日だし子供連れでの入場はできませんが、一般の人も当日名刺を持って受付をすれば無料で入れるみたいなので、前回の江戸東京博物館で実物を見逃したという方は是非☆

詳細はこちらです。

花20
写真はギフトではありませんが、昨日友だちが持ってきてくれた花です(^^)
皆さん、遊びに来るときは本当に気遣いは無用でお願いしますよ(^^;)





展示会情報 | 23:17:10 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad