■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
春を満喫
今日はお休みだったので朝からせっせと五右衛門風呂用の薪を準備してましたが、こんな麗らかな天気で桜も満開なのにこんなことしてる場合じゃないんじゃ?ということで午後から花見へ(^^ヾ
桜201502

昔は花見を口実に飲むのが楽しかったのですが、飲んだり食べたりしなくても純粋に桜を愛でられるようになったのは僕も大人になったなぁと思います(笑)

今日は山鹿方面に行きましたが、途中にも綺麗な桜があちこちにあって普段は気がつかないけど、こんなに桜の木は多いんだなぁと気づかされますね(^^)
そして何が素晴らしいってちょっとやそっと桜が満開でも人が全然いないんですよ!まぁ平日だし桜の名所と言われるようなところやある程度ボリューム感があるところはそんなことないと思いますが、都会では考えられないこの贅沢さ(笑)

夕方、戻ってきて薪を切ってたらご近所さんに菜の花をいただいたので辛子和えにして食べましたが、何だか春を満喫した1日でした(^^)
休日らしいことをしてリフレッシュしたので、また明日から仕事頑張ります(^^ヾ






スポンサーサイト
未分類 | 23:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
土と木
ここ数日は朝冷え込んでますが、さすがに寒の戻りも今回まででしょう...

さて前回GWに行なうMade in Kumamotoの企画展「原口正治 凛として静寂」についてお知らせしましたが、僕はどうするのか?と言うと今年は山鹿の湯の端美術展に初出展することになりました!
昨年までは里山美術展のスタッフだったのでさすがに湯の端に出展することはありませんでしたが、今年からフリーなので湯の端の主催者である百花堂オーナーから三顧の礼で迎えられました(^^ヾ

これで「里山美術展で原口くんがライブペイントをする」「原口くんの作品が僕のショップで見られる」「僕の作品は湯の端美術展へ」ということで、肥後民家村から高野経由で山鹿まで綺麗につながりますね(^^)
里山美術展と湯の端美術展を繋げたいというのが兼ねてより百花堂オーナーと僕の共通の思いだったので、とりあえず今年はそういう形が作れただけでも満足度は高いのですが、自己満足で終わらないように原口くんの企画展も僕の展示もちゃんとした成果を出せるように頑張りたいと思います(^^ヾ

ちなみに湯の端美術展は毎年テーマがあって今年は「土」なんですけど...まぁ木は土から生えてますが、どうやって自分の中で解釈すれば良いのかしばらく悩みそうです...
そもそも何か良いアイデアが浮かんだとしても、それを作る時間があるのかどうかも怪しいですけど(^^;)
逆に主催者の頭の中では僕の作品とテーマが結びついているみたいなので、何も浮かばないときも堂々と展示はしますよ(笑)

ちなみに展示はMade in Kumamotoの常設作家でもあるリブラ工房 樺山さんとの2人展で樺山さんの鉄と僕の木が土をテーマにしてどういう展示になるのか自分でもちょっと楽しみです(^^)

という訳でまだ少し早いですがGWは熊本県北アートめぐりを予定に入れておいてくださいね☆

東蔵
写真は湯の端の会場である天聴の蔵で僕らが展示をする場所の隣にある東蔵です!
先日、漆喰壁の塗り替えが終わったばかりですが、本当に左官さんの技は素晴らしいですね(^^)





未分類 | 23:37:13 | Trackback(0) | Comments(0)
凛として静寂
今週は一気に暖かくなりましたね!
こうなると桜の開花も間近な感じでワクワクしますね(^^)

さて、タイトルを見ていきなり何事か?と思った人も多いかと思いますが、熊本の作家による手作り工芸品のセレクトショップ「Made in Kumamoto」からのお知らせです(^^ヾ

昨年11月に開催した「にしだみき陶人形展 はたらくひと」に続く2回目の企画展は、山鹿の原口正治くんにお願いしました(^^)
原口くんは昨年の里山美術展でライブペイントをしてくれたのですが、そのパフォーマンスもさることながら僕は彼の作品が油絵にしろ鉛筆画にしろ素晴らしいと思い(まぁ絵に関しては僕は素人なのでハッキリ言って善し悪しはわからず好き嫌いのレベルでしか判断できませんが...)、それに加えて昨秋には多くのスタッフを束ねて「原口祭り」という自らの名前を冠したイベントまで行った若さと才能と勢いを兼ね備えたアーティストなのです!

僕は昨年で里山美術展は卒業しましたが、どうせならGWの時期に里山美術展と山鹿の湯の端美術展を繋ぐ仕掛けをしたいなぁと思って、今年も里山美術展でライブペイントをする原口くんにオファーしたところ快く引き受けてくれたので今回の企画展が実現の運びとなりました(^^)

先日の打ち合わせで展示場所を見てもらいテーマも含めて基本的には原口くんにお任せしていたので、どんな感じになるのかと楽しみにしてましたが、出来上がってきたDMが「凛として静寂」...
勝手なイメージですがどこか品もあり覚悟みたいなモノも感じられ、どんな作品が並ぶのか今から本当に楽しみです(^^)

凛として静寂s
期間は5月2日~6日までで期間中は休まず営業しますので、まだ原口くんの作品に触れていない人も僕の工房に来たことがない人もこの機会に是非☆





未分類 | 23:54:32 | Trackback(0) | Comments(0)
唐突ですが現在製作中のベンチの座板です...

顔
お客さんの持ち込みのウォールナットですが、節が2つ並んでる部分が僕には顔にしか見えません(笑)
割れの感じでご丁寧に口と眉までありますよ(^^ヾ

ちなみに写真の左上にある黒い木(黒檀です!)は契り(ちぎり:千切りと書いてある場合もあります)と言って、板の割れが広がらないように入れるのですが、意匠的にも優れてるので本当に昔の職人さんはスゴイなぁと思います(^^)

今回は割れが結構アチコチに入っているので20箇所くらい契りを入れることになりますが、これがピタッと入るのが結構気持ちイイのです。まぁプロですから当然ピタッと入らないと困るんですけどね(^^ヾ

まだまだ完成まで先は長いですが、とりあえずしばらくは契りと格闘です(^^;)





未分類 | 23:53:01 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコCafe vol.9
三寒四温のこの時期は暖かかったり寒かったりするのは理解してますが、それにしても今日の寒さはどういうことですかっ!と言ったところで自然には勝てませんからねぇ(^^;)

さて、またまたやりますよ!何を?って、バンコCafeですよ(^^)
9回目を迎える今回のテーマは「今どきのコミュニティ事情」です!
都会では隣に誰が住んでいるかもわからないという生活をしている人もいる一方で、田舎では過疎化・高齢化により従来のコミュニティの維持が難しくなっている昨今ですが、やっぱり地域のつながりは大事だしどうせなら自分の住んでいる地域が盛り上がってる方が日々の暮らしも楽しいのではないかと(^^ゞ

コミュニティについて考える今回のゲストはトランジション・タウンという持続可能な社会へ移行(トランジション)するために市民が自発的に地域の暮らしを考え行動するという運動をされているNPO法人トランジション・ジャパン共同代表理事の吉田俊郎さんと、これまでに九州各地の地域おこしに関わってこられた行動派地域コーディネーターの堀口悟さんの2人にお願いしました(^^)

そしてライブは昨年末にフジテレビの生放送で見事にあの秦基博と競演を果たしたれーなちゃんが久々に出演してくれることになりました\(^-^)/
こだわりの出店者の皆さんも現在23軒で僕はマルシェをしているつもりはないんですけど、マルシェ感覚で遊びに来て貰えればと思います(^^ゞ

という訳で4月12日は今からバンコCafeを予定に入れておいてくださいね☆
詳細はこちら


関係者の皆さんは近々チラシが届くと思いますのでしばしお待ちを(^^ヾ





未分類 | 23:20:06 | Trackback(0) | Comments(0)
募金箱
いきなりですが、久しぶりにワークショップをやりました!

民家村を出てから基本的にはワークショップはやらないというスタンスなのですが、今回は和水町の緑小学校十町分校の跡地を利用したNPO法人「くまもとスローワーク・スクール」の事業(授業かな?)の一環なのでした(^^)
実は僕もこのNPOに関わっていて、何を隠そう理事をしているのです(^^ゞ

スローワークとはケミカルでない野菜づくりやハンドメイドの工芸品、スローフードづくりなど手間をかけることに価値を見出だす仕事で、そういう作業を通して発達障害を持つ人を支援するといういわゆるフリースクールと思って貰えればイメージしやすいのではないかと...
余談ですが昨年12月に行われた開校式ではスローワークという意味が理解されていなかったのか単に横文字に弱いだけかわかりませんが、町長以下祝辞を頂いた来賓の誰一人として正式な名称を言えてませんでした(笑)

さてワークショップですが、何の制約も無いと何を作ればイイのか逆に悩みましたが、どうせなら今のスクールに必要なモノにしようということで募金箱を作りました(^^ゞ

材料を2つ分用意してたら丁度生徒さんも2人だったので1人1つずつ作って貰いましたが、時間も限られていたのであらかじめキットを作っておいて殆どネジを締めるだけでした(^^;)
それでも組み立てて徐々に形になっていくのは達成感があるし、何より楽しんで貰えたみたいで良かったです(^^)

募金箱
完成品はこれです!
スクールのロゴマークを意識しつつ、何となく募金したくなりそうなデザインを考えました(^^)v
という訳でこの募金箱を見かけたら募金を口に入れてくださいね(^^ゞ
くまもとスローワーク・スクールの詳細はこちら





未分類 | 23:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad