■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フリ-ペーパー
すっかり忘れてましたが有明地区(荒尾玉名+大牟田)のフリーペーパーで紹介して貰ってました(^^ゞ

しっとんね
紹介して貰ったと言っても別に取材が来た訳でもなく、文章も写真も自分で準備したので、ニュアンス的にはスペースを提供して貰ったという感じですかね(笑)

ボランティアみたいなフリーペーパーなので取材まで手が回らないというのも理解出来ますが、編集長の考えは本人が文章を書いた方がその人の個性が出て良いということらしいです...
でも自分で自分の記事を書くのは結構難しいですよねぇ(^^;)

僕も少なからず取材を受けた経験がありますが、出来上がった記事を読むとやっぱりライターさんはプロだなぁと思いますし、ライターさんやカメラマンさんの腕が雑誌のクオリティにも反映されるのではないかと...
最近はレベルの高いフリーペーパーも多い中、フルカラーでコストも掛かってそうな割にセンスが感じられない(失礼ですがあくまで僕の私見ですし、もちろん意気込みは買ってますよ!)フリーペーパーですが、3万部も発行してるそうなので有明地区の方は見かけたら手に取って貰えたら嬉しいです(^^ゞ







スポンサーサイト
未分類 | 23:12:40 | Trackback(0) | Comments(0)
ほぼ大工...
いやぁ、大変でした...
納品したのは先週だったのですが、僕のモノ作り史上最大だったのがこのロフトベッドです(^^ヾ

ロフトベッド01
ベッドの下に机を置いて上で寝るということでベッドの下端までが180cm、全高だと240cmです。セミダブルサイズなので外寸で幅215cm、奥行き138cmという、もはや家具なのかどうか疑いたくなる大きさですね...
材料は地元産の杉ということもあって、気分的にはほぼ大工です(笑)

このくらいのサイズになると完成してから運ぶのは不可能ですが、現場で全て組み立てるのも大変なので、ある程度のところまで組み立ておいて残りを現場で組み立てるという作戦です(^^ヾ
軽トラで運ぶのは難しいと判断してお客さんに2tトラックを手配してもらいましたが、搬入当日は雨...まず濡れないように養生するところから始まり、現場に降ろしてから2階に上げるという、そこまでで相当な試練です(^^;)
そもそもロフトのある家でロフトの上にロフトベッドという構図なのですが、これが普通の家だったらまず人力では2階に上げられないでしょうね...
お客さんと協力して頭とカラダをフル活用してどうにか2階に全ての部材を上げて、それからようやく組み開始!ホゾが抜けないように込み栓(この辺も大工っぽい?)を打ち込んで、柱と梁に斜めの補強材を入れたところで問題発生(>_<)

組み立ては上下逆さの状態でしていたので、いざ上下を入れ替えようとしたら家の梁に当たるではないですか!?限られたスペースでかなりの重量物を動かすのは大変ですね...
最終的にはお客さんがシーリングファンライトを取り外してくれて、それでも梁に当たりそうなのを少しずつズラしながらようやくミッションクリア!最後にスノコ状に板を取り付けて完成したときは17時30分で工房にトラックが着いたのが朝9時過ぎだったので1日作業でしたね(^^;)

それにしても天気、サイズ、工程、作業スペースと幾つものハードルを越えて無事に納品できて安堵しました...何なく自分の中で一回り成長した様な、どういう状況でもちゃんと準備が出来ていれば何とかなるという自信になりました(^^ヾ
お客さんにも喜んで貰えて良かったです(^^)
貴重な機会を頂いた上にイロイロとサポートして貰ってお客さんには心より感謝です☆








未分類 | 23:13:31 | Trackback(0) | Comments(1)
一人反省会
報告が遅くなりましたが、5月3日~7日に行なった詩人stan作品展「詩人は働かない」無事に終了しました!
無事に終了したのは間違いないのですが、今回はあまり集客が振るわずにstanさんに申し訳なかったです(^^;)
今年は土日が休みの人だと普通に5連休だったので、例年よりも色々と予定があった人が多かったのだろうとは思いますが、そんな中に脚を運んで頂いたお客さんに心より感謝ですm(_ _)m
まぁ、お客さんが少なかったのはカレンダーのせいではなく僕の力不足なのですが、今後のためにちゃんと振り返っておかないとということで一人反省会の今日この頃です...

まずGWに企画展をしているのはこれまでに何度も書いてますが、民家村の里山美術展と山鹿の湯の端美術展に合わせているので、微力でも2つの美術展をつなぐ様な役目をしたいという思いからです。
湯の端美術展は期間中は見に行けなかったので、翌日に搬出の手伝いをするという裏技(?)で一部の作品を見ることが出来ましたが、話を聞くとお客さんも多かったみたいです(^^)
一方で里山美術展は今年はお客さんが少ないという話が僕の耳にも入っていましたが、今日民家村で話を聞いたら実際にこれまでより顕著に少なかった様で残念です...
個人的な感想としては里山美術展はちょっとマルシェっぽくなって来た感じがして、美術展として定着してきた湯の端とその要素が薄まってきた里山で客層も違って来たのかな?という気がしてます。あ、あくまで僕の推測ですけどね...

そうなると2つの美術展をつなぐという気持ちがあっても僕の企画展はボリューム的には少ないし、あまりに微力すぎて無理があるのでは?と思ってしまいます(^^;)
逆にGWを外して普通の時期に落ち着いて行なった方がお客さんも来やすくて、出展してくれる作家さんのためにも良いのかなぁ...と現時点では漠然と考えています。来年になったらまた気が変わっているかもしれませんが、一応その辺りの日程変更も視野に入れて今後に向けて色々と考えたいと思います(^^ヾ

詩人は働かない06
写真は「詩人は働かない」の様子です!回を重ねるごとに色々な表情を見せてくれるこの白い空間がドンドン好きになって来てます(^^ヾ
stanさんの作品は素晴らしかったので、これからも和水町を拠点に活躍を期待してます(^^)
stanさん、ありがとうございました☆








未分類 | 23:16:43 | Trackback(0) | Comments(0)
「働かない」もあと2日!
GWも終盤ですね...
という訳で熊本の作家による手作り工芸品のセレクトショップ「Made in Kumamoto」がお送りする詩人stan作品展「詩人は働かない」も残すところ土日の2日間となりました!

お客さんはまだまだ多くはありませんが、それでも何かと忙しいGWに脚を運んで頂いて感謝ですm(_ _)m
今日もstanさんのご近所の方がハガキを貰ったからと言って見に来てくれたのですが、どうやらstanさんが何をしているのか漠然としかわかっていなかった様で、作品を見て感心して帰られました(笑)
和水町に移住して来たstanさんにとって地域の人に何者なのか理解してもらうのは重要だと思いますので、そういう意味では良い機会になったのではないかと(^^ヾ

何はともあれ残り2日間、最終日の7日はstanさんも在廊してますので、1人でも多くの方に詩人stanワールドに触れて貰えたら嬉しいです(^^)

詩人は働かない03
写真は今回の僕のイチ押し作品です!
もちろん主役はstanさんの作品なのですが、逆に僕の額も引き立てて貰っているみたいな気がします(^^ヾ








未分類 | 23:53:44 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad