fc2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
オープン!
まだ5月だということをすっかり忘れている感じですが、今日から工房の扇風機を解禁しました(^^ゞ

さて、先週工房のすぐ近くにパン屋さんがオープンしました!
オープン早々大変な賑わいで初日から完売という噂は聞こえていて、僕は2日目に行きましたがその時間にはあんパンしかありませんでした(^^;)
何でもパンが焼けたそばから売れてしまうという状況みたいで、もう少し落ち着いてからまた行きたいと思います(笑)
ちなみに辛うじてゲットできたあんパンはオーソドックスですが素材の良さが感じられて美味しかったです(^^)

パン屋さんは元々コンビニだった場所で実は僕も工房移転するときに、候補として考えたところだったのです(^^ゞ
実際に空き店舗のときに見せて貰いましたがコンビニって壁面の冷蔵庫とかなくなると思っていたより結構広くて、そこも30坪くらいあったので間を仕切って作業場と展示場を作れるくらいのスペースはあるし、家主さんも知り合いだったので家賃も安くしてくれるという話で条件的には良い物件ではありました...
しかし、僕にとってガラス張りのコンビニでは窓が開かないということが一番のネックで、木工房で入口しか開口部がないというのは現実的ではないと断念しました(^^;)

という経緯もありましたので、個人的にはパン屋さんという魅力的なお店になって安堵した気持ちもありつつとにかく良かったと思います(^^ゞ
これでまた高野地区の盛り上がりにつながるのではないか?とも思いますので、オープンの勢いのまま繁盛して欲しいですね(^^)

パンの杏樹
という訳で菊水インターチェンジから山鹿に向かう途中にある「パンの杏樹」さんを皆さんもご贔屓にお願いします☆








スポンサーサイト



未分類 | 22:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
振り返る
予想通り九州北部も例年より20日も早く梅雨入りしましたね...
梅雨入りした途端に空気が入れ替わったみたいに湿度が高くなった気がします(^^;)

さて、報告が遅くなりましたが実は縁あって「くまもと手仕事研究所」というサイトのコラムを書かせて頂きました!
オファーがあったのは昨年の12月頃で、木工のこと、東京での個展のこと、和水での暮らしのことを中心に1500~2000字ということでした。冷静に考えると結構なボリュームではあるのでお断りしようかとも思いましたが、折角のお話だし何と原稿料も出して頂けるということだったので、頑張って書いてみます!とお引き受けした次第です(^^ゞ

これまでにイロイロと取材は受けて来ましたが、その場合は僕のとりとめのない話をライターさんが上手にまとめてくれるので、僕は毎回仕上がった記事を感心しながら読むだけで良いんですけどね...しかし、自分でコラムを書くとなると当たり前ですが、話をまとめるのも僕なので改めてライターさんの偉大さがわかります(笑)

という訳でどうにかこうにか書いたコラムをとても素敵な記事に仕上げて頂いたので、時間のあるときにでもご笑覧ください(^^)
僕のコラムはこちら

取材のときにも思いますが、こういう機会があるとこれまでの自分の歩みを振り返ることができるので、オファーを頂いたくまもと手仕事研究所さんに心より感謝ですm(_ _)m

薪割り2021
写真は本文と無関係の我が家の薪置き場ですが、手前にある丸太を梅雨前に割る予定が早めの梅雨入りで計算が狂いました...
このときよりは減ってますが、まだ半分以上残ってるんですけどねぇ(^^;)








未分類 | 22:34:30 | Trackback(0) | Comments(0)
梅雨入り?
今日はまだ5月11日ですけど、九州南部では平年より19日も早くもう梅雨入りと発表があったみたいですね...
熊本も予報を見るとズラッと雨と曇りのマークが並んでいて、梅雨の走りというより本格的な梅雨なんじゃ?という感じです(^^;)

今年は暖かくなるのも桜の開花もずっと前倒しで梅雨入りまで早いのかぁ?と思うと、梅雨が長くなるのか暑い夏が長くなるのかいずれにしてもゾッとしますね...
本当に近年は豪雨による災害が毎年どこかで起きているので、今年はお手柔らかにお願いしますよ(^^ゞ

梅雨と言えば(?)今年は既に近所の梅の木も大きな実がたわわになっていて、今年の梅は表年なんだろうなぁと眺めてます。
民家村にいた頃は園内の梅の実をお客さんにちぎって貰って梅酢や梅味噌を漬けるイベントを何年かしていたのも思い出しましたが、いつも6月の初旬だったと記憶してるのでやっぱり今年は早いですね(笑)

今まで当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなることも多い昨今ですが、季節の移り変わりをダイレクトに感じられるのも田舎暮らしの醍醐味ということで(^^ゞ

野ばら2021
写真は最近のが無かったので、先月民家村で撮った野ばらです(^^ゞ








未分類 | 23:09:01 | Trackback(0) | Comments(0)
最後の湯の端美術展
世間はGWですねぇ...と言っても昨年に引き続き今年もステイホームだとか(^^;)
まぁ、僕の場合は仕事だったり、打ち合わせだったり、仕事ではないけど作業(薪割りとかw)だったりとGWっぽいことは特にしてないですけど、例年に比べたらゆったり過ごしている様な気もします(^^ゞ

何度も言ってますが僕は意識的になるべく普段通り過ごす様にしてますので、わざわざ観光地とか県外とかには行きませんが、いつもの生活圏内では普通に出歩いてます(^^)
そんな訳で昨日はお隣の山鹿で行われている湯の端美術展に行って来ました!

湯の端美術展もご多分に漏れず昨年は中止の憂き目に遭い、今年は感染症対策を実施した上での開催ということで、主催者は不安や葛藤もあったと思いますが勇気ある決断に拍手です(^^)
展示の内容も素晴らしかったのですが、出展していた作家さんだけでなく行く先々で知り合いに会い、今年も楽しい時間を過ごさせて貰いました。個人的な感想ですが改めて湯の端美術展の安定感はさすがだなぁと思います(^^)

11回目を迎えた湯の端美術展も実は今年で最後と聞いてますので、混雑した大型商業施設とかに行くくらいなら歴史ある山鹿のゆったりとした空間でアートに触れるというのはいかがでしょう?(^^)
明日(5日)が最終日で16時まで(だったかな?)なので、気になった方は是非☆

湯の端202101
お馴染みの山本徹夫さんのインスタレーションですが、らしさ全開という感じですね(^^)

湯の端202102
彫刻家の森英顕さんの作品です。蔵の2階という暗い環境であえて自然光で見せるというのが狙いだったそうで、独特の雰囲気のある空間に仕上がってました。

湯の端202103
画家の野田竜太郎くんは最近はすっかり操り人形作家になってますね(笑)
操り人形を始めた動機も含め製作のこともイロイロと話を聞きたかったのですが、昨日は残念ながら会えませんでした...

湯の端202104
itiitiさんの絹糸を使った展示ですが、少しの風にも動く様は見ていて飽きないですね...
こちらは百花堂さんでの展示で美術展終了後もしばらく展示されているそうです(^^)








未分類 | 22:19:33 | Trackback(0) | Comments(0)

PING送信プラス by SEO対策