■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
限界に挑戦?
リオデジャネイロオリンピック盛り上がってますね!
僕の記憶にある最初のオリンピックは40年前のモントリオール(あのコマネチのときですね)ですが、その頃から考えたらお家芸と言われる柔道やレスリング、体操などの他に日本がこれだけ多くの競技で世界と互角に戦えるなんて想像も出来ませんでしたよね...
まぁ、マスコミはメダルを取ると騒ぎますが、選手の皆さんは結果に関係なく悔いのないパフォーマンスをして欲しいです(^^)

さて、世界のトップアスリートがリオで自分の限界に挑戦しているのと時を同じくして、僕も頑張ってました(^^ゞ
ホールソー

今はとある棚を作っているのですが、厚さ4㎝の杉板に直径10㎝の穴を開けるという作業がまさに限界に挑戦状態でしたよ(^^;)
最初はジグソー(手持ちの糸ノコみたいなヤツですね)で切り抜こうを思ったのですが、ジグソーだとなかなか綺麗な円にならないし、いくら杉とは言え厚みがあるので刃がブレて切り口が斜めになる可能性も大です...
そうなると後で修正する手間がメチャメチャかかるので、今回はホールソー(写真の白くて丸いヤツです)を使うことにしました!
Amazonで2,000円くらいのもありましたが、経験上この手の廉価版はすぐに刃が切れなくなって使い物にならないので、奮発して6,800円も出しましたよ(^^ゞ

しかし、直径10㎝ですからかなりの抵抗があって、気を付けててもすぐにキックバックして、その度に腕の筋肉にダメージが...
わかりやすく言うと大リーグボール3号を投げた後の星飛雄馬の様な感じです。えっ、余計にわからない?(笑)
そんな訳で14枚の板に2つずつ計28個の穴を開け終わったときは、腕だけでなく全身のアチコチが筋肉痛ですよ!きっとイロイロと余計な力が入ってたんでしょうね(^^;)

そもそも、このサイズになるとハンディのドリルで使うこと自体が間違いで、本来はボール盤にセットすべきなんでしょうけど、板が大きいので材料を安定させるために治具を作るのも大変だし、機械だと何か失敗したら台無しになるリスクもあるので...

とりあえず、ホールソーもドリル(負荷がかかるので素手で触れないくらい高温になってました)も僕のカラダもどうにか最後までもちましたが、良い子の皆さんは決して真似しないでくださいね(^^ゞ






スポンサーサイト


未分類 | 22:30:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad