■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
美術展が終わって
今日は久しぶりの民家村の休日です♪
と言いつつ今日も朝から民家村へ...
実は昨日は夕方から消防の集まりがあったので、自分の出展してたところは最低限の片付けをして、その後テントの撤収を少し手伝ったところでタイムリミットでした。最後まで撤収したスタッフの皆さんにはご迷惑をお掛けしましたm(_ _)m
という訳で今日は自分の展示品の残りを搬出しに行ったのでした(^^ゞ

今年の里山美術展は初めて木工館とは別の場所に出展しましたがお客さんや関係者からも概ね好評で自分でも売り上げ以上の手応えは感じました。同じ場所で出展していた編物や皮工芸の先生からは「来年も同じ場所で一緒にしましょう!」と誘ってもらいましたが、来年どうしようかは悩むところですね(^^;)

もちろん自分のためには今年と同じく別の場所に出展した方がメリットはあると思いますが、充分なスペースが確保できるかどうかもあるし、展示用の新作がどのくらい作れるかということもあるし、木工館をもう1人のオッチャンに任せっきりになるということもあるので、これらの懸案事項を全てクリアできたらということになるかもしれませんね...

ただ今回初めてゆっくり見て回って思ったのは、美術展という冠の割にはそれに相応しい展示をしているところが少ないということでしょうか?
例えばスタッフにも花屋さんがいて入口付近にテントを出して花苗の販売をしてましたが、もし来年も僕が出展するならどこか古民家を使ってコラボしたら面白いんじゃないか?と思います。僕が展示する家具のディスプレイとして花を飾ってもらって、古民家の土間で花苗を販売するとかイロイロとアイデアは浮かんできます(^^ゞ
まぁ、自分がどうするかは別として自分なりに気がついたことをフィードバックして、来年に向けて里山美術展がレベルアップしていけばイイなぁと思います(^^)

蝶03
写真は美術展のときに河野家の前で撮ったチョウチョの写真です。羽がキレイだったので何とか写真に収めようとしてしばらくデジカメ持って撮りまくってました(笑)


スポンサーサイト


未分類 | 23:36:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad