■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
目黒雅叙園
気がつけば久しぶりの更新ですが、実は東京に行って来ました!
というのも懇意にさせて頂いている水引工芸家の内野敏子さんが出展する「神の手・ニッポン展Ⅱ
」というイベントが、あの目黒雅叙園で行なわれているのです。で、今回僕は内野さんの作品のディスプレイに使うスタンドやパネルなどを製作させて頂いたご縁で、イベントに先駆けて行なわれた内覧会にご招待頂いたので、これも良い機会ということで久しぶりに帰省も兼ねて上京してきたという訳です(^^ヾ

僕らの世代では神の手と言ったら間違いなくマラドーナですが、もちろんマラドーナとは違う意味で「とても人間技とは思えない、神の手によって創られたような作品群が楽しめる企画展」という主旨で、内野さんを含む5名の作家さんの作品はどれも絶対に作りたくない!と思うほど丁寧で精密なモノばかりでした(^^)

ちなみに内野さんの作品は「十畝の間(じっぽのま)」という最初の部屋に展示されてますが、作品のキャプションに僕の名前までクレジットしてあり、内野さんの心遣いに感謝ですm(_ _)m

そもそも会場の百段階段が普段は非公開の場所なので、入場料1,200円なのですがそれだけの価値はありますよ!本当に作品も見ないといけないし建物も見ないといけないし、イロイロな意味で満喫しました(^^ヾ

12月25日まで開催されてますので東京近郊の方は是非☆
詳細はこちら

雅叙園01
これが有名な百段階段です!実際には99段なんですけど、階段の板は全てケヤキですよ!!
階段の横に7つの部屋があるのですが、一部屋ずつ趣向が違っていてこんなスゴイ建物が80年も前に建てられたと思うと本当にスゴイですね...

雅叙園03
内野さんのメインの作品は雅叙園にちなんで鳳凰だったのですが、そのスタンドが僕の作品です(^^)
あとは根引き松という縁起物の作品を展示するパネルも作りましたが、僕の仕事はさておき内野さんの作品は是非直接見て欲しいですね!
あ、ちなみに内覧会は特別に撮影許可が出てましたが、普段は撮影禁止なのでご注意を...

雅叙園02
こちらはエントランスに展示されている作品で、このエリアは自由に見られますし撮影もOKです!
ちなみにツリーの手前の作品を乗せている台も実は僕が作ってます(^^ヾ
簡単なモノですが市販品ではなかなか適当なモノがないので、お役に立てて良かったです(^^)

偕楽園01
今回は水曜日の23時過ぎに実家に着いて日曜日の早朝に帰途につくという実質4泊3日という日程でしたが、約2年ぶりの帰省だったので両親と一緒に茨城までアンコウ鍋を食べに行って来ました(^^)
水戸の偕楽園にも寄りましたが、紅葉が綺麗で素晴らしいところでしたよ!
日頃は離れていて心配ばかり掛けているので、たまには親孝行もしないとですね(^^ヾ





スポンサーサイト


未分類 | 23:59:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad