■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
季節はめぐる
熊本地震から1年ですね...
1年はアッという間の様な気もしますし、逆に随分長い時間が経っている様な感じもする不思議な感覚です(^^;)
最近ではメッキリ報道の機会も減っていたので県外の人はもう昔のことみたいに思われている方も多いと思いますが、実際には復興への道のりはまだまだ険しいですね。そりゃあ、あれだけの地震だったのだから当たり前と言えば当たり前かもしれませんが...

1年という節目を迎えてさすがにこのタイミングではニュースでも取り上げられてますね。よく取材先で出てくるテクノ仮設は規模も大きく行政などのサポートも手厚いと聞いてます(それでも十分ではないでしょう...)が、2月に僕が木工教室でお邪魔した飯野小仮設や津森仮設の様な小さな仮設住宅が益城町に16箇所もあるので、そういうところにも目を向けて欲しいと切に願いますm(_ _)m
まだまだ平穏な暮らしに戻れない人も多いと思いますが、それでもどうにか地震をポジティブにとらえようとする声もよく聞くので、熊本人の前を向く力は本当に素晴らしいですね(^^)

逆に原発事故に苦しめられている福島の方を思うと本当に心が傷みます...
最近では忖度という言葉は政治家や役人が保身や見返りのために必要以上の配慮をすることになってますが、本来は相手の心中を慮ったり推しはかることなので、被災された方を含め社会的弱者にこそ忖度して欲しいです(^^;)

長くなりましたが、熊本地震を風化させないためにも、まずは気軽に熊本に遊びに来てもらえたら嬉しいですね(^^ゞ

高野桜2017
写真は工房と桜のツーショットです!
昨日と今日は桜吹雪の中で仕事してましたよ(^^)
長らく待ち焦がれた今年の桜も終わりですが、こうやって季節はめぐるんですよねぇ...






スポンサーサイト


未分類 | 23:09:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad