■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
対策完了!
すっかり梅雨が明けて夏ですね!えっ、九州北部の梅雨明けはまだじゃないかって?だからそれは単に気象庁の見解で、僕の中ではこの感じは明らかに梅雨明けです(キッパリ!)
こんなことまでイチイチ誰かの判断を仰ぐのではなく、もっと自分の感覚を大事にして生活しましょうよ!なんてね(^^ヾ

さて、前回の記事で先日の豪雨のときに工房が一部浸水したと書きましたが、いつまた雨が降るかわからないので何かしらの対策をしないといけないなぁ...と(^^;)
原因はわかっていて建物がすぐ横の県道より一段下がっていて、しかも県道の方に向かって傾斜しているので、雨が降ると必然的に県道側に雨水が流れていくのですが、県道(実際は壁ですね)と建物の間が狭すぎるということが問題なのです。
県道の壁沿いに溝を掘って排水経路を確保することで大抵の場合は大丈夫だったのですが、先日の様な豪雨では排水能力が追いつかないということが実証された訳です...

で、どうしたモノかと考えたところ、そう言えばそんなニッチなところに雨水を流さなくても、ちゃんとした排水溝があったよなぁ?ということを思い出して、そこまでのルートを整備すれば良いのだ!ということに気がつきました(^^ヾ
何故そんな単純なことに気がつかなかったかと言うと、僕が工房を借りる以前から工房の周囲に隣の製材所(家主さんです!)の大きなクスノキが桟積みしてあったので、普段は排水溝自体が見えないしクスノキを動かさないと溝も掘れないからです(^^;)

そこにタイミング良く製材所の社長が通りかかったので、とりあえず排水溝の前のクスノキだけでも一度動かして貰えないかと相談したら「この前クスノキが欲しいってお客さんがいて探してたとたい!それじゃあ引き上げようかね!」と、フォークリフトで桟積みの山を3つも移動してくれて、更にショベルで溜まっていた泥まで綺麗にすくってくれてアッという間に問題解決(^^)

いやぁ、やっぱり機械はスゴイなぁと思いますが、それよりもそうやってすぐに快く対応してくれる家主さんが素敵過ぎですね!
田舎にありがちなのかわかりませんが、最初は安い家賃で貸してくれるのにちょっと店が繁盛してきたら家賃を上げるという家主さんの話をしばしば耳にすることがあって何だか残念な気持ちになりますが、そこへいくと僕の工房の家主さんは最高です(^^)
まぁ僕の場合は家賃を上げようにも繁盛してませんけど(笑)
実際、家主さんも僕に出て行かれたら困ると言ってくれてるので、相思相愛(?)ということでこれからもよろしくお願いします(^^ヾ

何はともあれ、これで浸水の心配がなくなったのでホッとしました...本当に心より感謝です☆

蝶201701
写真は今朝の通勤途中に撮りました!
紫陽花がスゴイ群生している場所があるのですが、さすがに終わりかけだし写真だと上手く群生のボリューム感が表現できなかったので青くて黒い大きな蝶がメインになりました(^^)






スポンサーサイト


未分類 | 23:04:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad