FC2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
芸術の秋
11月ですねぇ...10月は本当に慌ただしかったのでいつにも増してアッと言う間でした(^^;)

さてお待たせしていた椅子4脚の納品も何とか終わって気持ち的には少し余裕が出来ましたが、次のオーダーはこれまた結構な大物なのであまりノンビリしている訳にもいきません(^^ゞ
あ、椅子の写真はまた後日改めてということで、今日は素晴らしい日本の伝統文化に触れた話をば...

玉三郎
なんとビックリ!山鹿の八千代座にあの坂東玉三郎の公演に行って来ました(^^)
歌舞伎なんて歌舞伎座が新しくなる前に一応観ておくかと、軽く雰囲気を味わった程度(確か立ち見で一幕だけ観られる安いチケットだったはず)でしたから間違いなくド素人です(^^;)

玉三郎さんも八千代座に来始めて27年目とのことで毎年何となく意識はしてましたが、ここ数年は海老蔵も来てますし年齢のことも考えると本当に山鹿で玉三郎が観られるのもあと何年かなのでは?という気もしますから、後悔する前に一度は観ておきましょうという訳ですね(^^ゞ

今回は口上と映像と舞踊という企画で基本的な歌舞伎の公演とは異なるスタイルですが、逆に玉三郎さんの完璧を求める姿勢とお客さんに対するホスピタリティが格好良すぎます(^^)
何より歌舞伎の知識が無い僕らにとっては、舞は一部だけでもご本人からの振り付けの解説や映像とのコラボなど良いとこ取りな感じで初心者でも楽しめましたよ(笑)

実は八千代座の中に入ったのも初めてだったのですが、さびれていた明治の芝居小屋を遺してくれた先人に感謝ですね!今度は建物だけ見学に行きたいと思います(^^ゞ

という訳で伝統を守ることとかクールジャパンとは何かとかその辺りと地域活性の絡みとかイロイロ考えることもありましたが、本物に触れる貴重な経験が出来て良かったです☆






スポンサーサイト





未分類 | 22:55:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策