■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
コラボしました
2月から民家村のガラス工房で活動を始めた假屋園(かりやぞの)くんに頼まれてスタンド用の箱を作りました!
ガラススタンド01

正面にハマっているガラスは吹きガラスで失敗した作品をもう一度溶かして板ガラスにしているそうです。
上にはペーパーウェイトを置けるようにして、横には適当に穴を開けて光が漏れるようにしたいということだったのでご要望に応えて、ついでに予算もご要望通りで作りました(笑)
実際にこの再生板ガラスは厚さが2センチもある上に平面じゃないので結構大変だったのですが、假屋園くんにはこれから頑張ってもらわないといけないので今回はちょっとサービスということで(^^)

早速、電球を入れてつけてみましたが、假屋園くんが用意していたのは10ワットの電球だったのでどうやら少し暗いみたいです。上のペーパーウェイトや横の穴にも充分な光を当てるにはもう少しワット数を上げた方が良いかなと(^^;)
あと当初は電球を底板に取り付ける予定でしたが、裏板に取り付けるようにして光源を上の方に持ってきた方が全体的に明るくなって良いかもしれません。

こういうのは実際に作ってみないとわからないことが多いので難しいですね...
まぁ、モノ作りは何でもそうかもしれませんが試行錯誤しながらイロイロ作っていくうちにだんだん経験値も上がっていくのでしょう。
何はともあれ假屋園くんとの初のコラボ作品なので、5月24日から玉名の高瀬裏川を中心に行われる「菖蒲まつり」で是非見てやって下さい!
假屋園くんは期間中を通して高瀬の商店街にある「お土産処」というところに出品するそうです。
ちなみに夜は僕の作った行灯で66,000本の花菖蒲がライトアップされますので、そちらもヨロシクお願いします(^^ゞ

スポンサーサイト


木工の仕事 | 22:28:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad