■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
使用前・使用後
今日で1月も終わりですね!楽しみにしていた月食は熊本では雲が厚くて、部分月食まではぼんやり見えてましたが、皆既月食の時間帯はすっかり雲に覆われてました。残念...

さて今回はリメイクの仕事の報告です(^^ヾ
お客さんは玉東町の蕎麦屋さんなのですが、持ちこまれた椅子がこちら...
ミシン椅子00
蕎麦屋の店主というだけあってこだわりの人で、古いミシンの脚を利用したテーブルはたくさんありますが椅子に使う人はいないということで店主自らのアイデアなのだそうです。しかし、人づてに大川の職人さんに頼んで作ってもらったそうなのですが、イメージと違ったと...
確かに印象としては野暮ったい感じで、店主の違和感も理解できますね(^^;)

問題は脚の下にある貫という部材が目立つということと背もたれの笠木という部材が大きすぎるということだと思いました。特に笠木についてはミシンの脚を使うことで必然的に座面と背もたれが直角になって座りにくいので、背もたれはできるだけ低くして腰の位置くらいにした方が座り心地が良いですよね...

で、僕が作り直したのがコレです!
ミシン椅子02
脚に黒檀を使ったこともありますが、貫を無くして見た目はかなりスッキリしました(^^)
実際は貫を無くしたことによって強度を保つために座面の下に別の部材を入れて結構手間の掛かる加工をしてあるのですが、まぁ見えないオシャレ的な感覚ですね(笑)
笠木は僕が持っていた赤っぽい材(紫檀なのかな?と思ってますが定かではない...)を使いましたが、座面のケヤキと脚の黒檀と合わせて見た目のバランスも良いかな?と思います。写真ではわかりにくいかもしれませんが笠木の真ん中はRをつけて背中の当たりを柔らかくしています(^^ヾ

という訳で使用前・使用後という感じでご紹介しましたが、お客さんにもとても喜んで頂いて良かったです(^^)
気に入られすぎて同様にあと2脚リメイクを頼まれましたが、差し当たって店の営業にも支障はないみたいなのでしばらく待って頂くこことになりそうです(^^;)
本当にイロイロなお客さんがいるなぁと思いますが、何事も経験なので貴重な機会を下さったお客さんに感謝です☆








スポンサーサイト


未分類 | 23:45:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad