FC2ブログ
 
■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
タイムスリップ
前回51歳になったという話を書きましたが、50歳を過ぎて良かったことがあります!それは夫婦50割というのが使える様になったので、いつでも映画が安く観られるということです(^^ゞ
で、久しぶりに妻と映画を観に行きましたが、観たのは「ターミネーター ニュー・フェイト」でターミネーター2の正当な続編と言われている作品ですね。いやぁ、タイムスリップのシリーズ物は時系列でイロイロ考えないといけないので大変ですが、期待を裏切らない怒涛の展開でなかなか面白かったですよ(^^)

実はターミネーターの第1作って僕が高校生のときで試写会で観たんですよねぇ...
シティロードという映画情報誌(言うまでもなく有名なのは「ぴあ」でしたが、僕はその頃からマイナー好きだったのかシティロード派でしたw)で当たって、場所は有楽町そごう(今はビックカメラになってます)の上にあった「よみうりホール」だったのもよく覚えてます(^^ゞ
で、何の先入観もなく予備知識も殆どない状態で観たらメチャメチャ面白かったので、その後のブレイクにも納得でした(^^)

新作を見てリンダ・ハミルトンも歳を取ったなぁと思いましたが僕にも同じだけの時間が流れていた訳で、実際にド派手なアクションシーンの連続に若干疲れを感じるお年頃になりましたよ(^^;)
そんな訳で第1作を思い出して何となく感慨深いモノがあり、スクリーンの外でもタイムスリップした気分を味わいました(笑)
ラジオを聴いていたら奇しくも今日は時をかける少女(もちろん原田知世です!)の誕生日でした。お後がよろしいようで(^^ゞ

紅葉20191121
写真は本文と全く関係ありませんが、工房の隣の製材所の紅葉(?)です(^^)








スポンサーサイト





未分類 | 22:38:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策