■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
木工に魅せられた人たち
今日は朝から大川の製材所へ。

製材所03

左がメイプルで右がウォールナットです。
両方とも外材なのでウッドマイレージ的にはどうかとも思いますが、とりあえず僕の作る家具は一生モノなのでライフサイクルコストという観点からは悪くないかなぁ?と無理矢理自分を納得させています(^^ゞ
ウッドマイレージというのはフードマイレージと同じで木材や食べ物が自分の手元に届くまでにどれだけの距離を移動しているかということで、当然マイレージが少ない方が余分なエネルギーを使わずに環境に優しいということになります。
本当は地産地消といきたいところですが、家具に使う材料は堅木が多いのでなかなかそうもいきません(^^;)

今日は合わせて3枚の板を選ぶだけで1時間半くらいかかってしまいました(^^ゞ
せっかくの材料を無駄なく使えるように(専門用語では「歩留まりが良い」と言います)考えながら1枚ずつ自分の目で材料を選ぶとどうしても時間はかかってしまいます。
暑い中で材料をアチコチ動かしながら大変でしたが、今日はなかなか良い買い物が出来たと思います(^^)

ちょうど製材所には福岡の古賀というところで工房をされている方々が来ていてイロイロと話をしました。皆さん田川の職業訓練校で木工の勉強をされたということでしたが、その中の1人が工房をしながら訓練校の先生をしているということで、今年の春に卒業したての2人を連れて、ついでに近くで工房をされている別の2人も誘って材料を買いにきたそうです。

僕も最初は東京の足立にある職業訓練校に行ったので、何となくその当時を思い出し懐かしくなりました。この春卒業したての人は1人は30代前半という感じでもう1人は年配の方でしたが、何となく製材所の中にいても初々しい感じがしました。と同時に僕も独立して8年目になっている訳でこれまで仕事させてもらえているのは本当にありがたいことだと改めて思いました(^^)

福岡の皆さんにたっぷり民家村のPRをしてからお別れして、僕は道具屋へ。
その後、タイミング良く大川の産業会館で木工関係のイベントをやっていたので覗いてみたのですが、受付で名刺を渡して首から職種別にネームプレートを下げて歩かなければならず、東京のビッグサイトでもあるまいしと思ってしまいました(^^;)
実際、大川の家具業界とおそらく行政もかなり力を入れたであろう一大イベントとしては、規模は大きいものの肝心の商品に見るべきモノがなく僕としては収穫ゼロでした。
なんて言うと偉そうですが、どうしても商品を見る目は家具の販売店などの人より厳しくなってしまいますからね。メーカーの人も僕みたいな個人の家具職人なんて来て貰っても何のメリットもないと思われてるとは思いますが(笑)

まぁ、家具の産地として有名な大川に元気がないと、家具メーカーだけでなく関連する業者さんも困ると思うので頑張って欲しいですね。僕も製材所やら金具屋さんやらイロイロお世話になっているところも多いので(^^ゞ

という訳で今日は木工のことをイロイロ考えた1日でした!

スポンサーサイト


木工の仕事 | 21:32:32 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-07-10 木 07:31:04 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad