■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
おいおい(^^;)
いやぁ、本当に毎日毎日暑いです...

今日、用事があって役場に行ったら正面玄関の真ん前に黒塗りのクラウンが横付けしてあるじゃありませんか。その場所はもちろん駐車スペースではありませんがロータリーの日陰になっていてある意味ベストなポジションです。
まぁ、町長の専用車だからこれもアリなのかと。すぐに公用でどこかに出かけるのだろう思い役場の中に。そして10~15分くらいはかかったと思いますが用事を済ませて役場から出てきたらまだ同じ場所にクラウンが!
その間、運転手も誰もおらずエンジンは掛けたまま冷房を効かせてあったのでしょう。

これだけ地球温暖化の影響が叫ばれアイドリングストップも半ば常識となりつつあるというのに、この意識の低さは何でしょう?(^^;)
もちろん町長の指示ではなく運転手(と言っても若い役場職員です)が気を利かせてしていたことなのかもしれませんが、条例にも環境について謳っている自治体のトップとしてはもう少し気を使ってもらいたいものです。

前から思っていたんですけどそもそも何で町長の公用車はクラウンなんでしょう?
そりゃあ乗り心地は良いかもしれませんが、この原油高騰の折に税金で走る車にしては燃費は悪いし、デカイので葬祭場で駐車するのに往生していたのを見たこともあります。
よっぽどハイブリッドのコンパクトカーにでも乗っている方が「デキル!」と思われるんじゃないかと僕は思いますが、やっぱり田舎では町長たる者は大きな車に乗ってないと格好がつかないという考えの方が主流なのかもしれません...

先日の洞爺湖サミットも肝心の環境問題については殆ど進展はありませんでしたし、国でも小さな田舎町でも行政を預かる人からはどうも環境に配慮する姿勢というモノが感じられませんね。
まぁ、結局は国民がそういう人間を選んでいる訳で、まだまだ国民全体にそういう意識が欠けているということの表れなのかもと、あまりの暑さにイロイロと余計なことまで考えてしまいましたよ(^^;)

蝶08

写真は境家の庭で撮りました!蝶々もこうやって見ると顔がコワイですね(笑)

スポンサーサイト


未分類 | 22:52:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad