■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
土曜の午後は
今日の熊本は未明は土砂降りでしたが朝には雨も上がり、昼からは嘘みたいに晴れ間も覗きました!もう蒸し暑いのなんのって(^^;)

そんな中、午後1時を過ぎるとピーヒャラピーヒャラと笛の音が聞こえてきます(^^)
木工館の隣(と言っても20メートルくらいは離れてますが)の篠笛工房「山彦」では毎週土曜日の午後に篠笛教室があってます。普段から山彦さんの笛の音はときたま聞こえるのですが、土曜の午後だけは何人かで吹く笛の音とそれをリードする山彦さんの掛け声が一緒に聞こえてくるのです。
篠笛教室02
今日の生徒さんは3人でその内の2人は親子のようでした。
もう笛を始めてからだいぶ経っていると見えて、みんな上手です(^^)
まぁ、実際には笛の世界も奥が深いのだと思いますが、楽器の出来る人は本当にスゴイと思います。笛でもピアノでもギターでも人前でサラッと演奏しちゃったりしたら「おーぉっ!」って思いますもんね。そこいくと家具職人なんて作ってるところを見てても完成形が想像できずに何だかわからないし、出来上がってしまったら「これをアナタが作ったの?」って感じですからね(^^;)
現実に知り合って何年もしてから「本当に家具作ってたんですね!」と言われたのも2,3人ではないと思います(笑)

僕も今までに何度か楽器にチャレンジしかかったことはあるのですが、イマイチそっち方面にはセンスがなさそうなんですよね...
という訳でいずれ山彦さんの教え子が古墳祭や神楽で笛を吹く日まで僕は毎週土曜日に木工館からエールを送りたいと思います(^^)

スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 22:04:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad