■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
原風景
毎日毎日言うのも嫌になりますが、言わずにはいられません...
やっぱり今日も暑かったです(^^;)

昨日も書きましたが世間ではお盆休みですね。
民家村にも里帰りとおぼしき家族連れが散見されました(^^)
今は自営業なのでお盆休みとは無縁ですが、よく考えたらサラリーマンの時もお盆の時期は避けて夏休みをずらして取っていたので、盆休みという盆休みは子供の頃しかなかったような気がします。

子供の頃は毎年決まって母の実家がある山梨に行っていました。
山梨は東京に隣接しているとは思えないほど田舎で、その当時はテレビはNHKしか映らなかったので必然的に高校野球を見て、セミの抜け殻を取った記憶はありますが、あとは何して遊んでたのかよく覚えてません(^^ゞ
母屋の隣にあった蔵を探索して宝物(?)を見つけてきたり、爺ちゃんの道具とかをいじって遊んでた気もします。爺ちゃんは桃農家をしていたので、たくさん桃が食べられたのが一番幸せでしたね(笑)

という訳で僕の田舎暮らしの原点は子供の頃の盆休みにあったんじゃないかなぁ?と思います。
縁側01
写真は民家村の旧山野家ですが、やっぱり縁側は良いですね!
山梨の家もさすがに茅葺きではなかったと思いますが、建て替える前は土間があって風呂が別棟でもちろん縁側もあってという昔ながらの作りでした。

民家村に来たお客さんから「お婆ちゃんの家に遊びに来たみたい!」という声を聞きますが、みんなの「心のふるさと肥後民家村」に来て、昔懐かしい日本の夏を感じてもらえればと思います(^^)
スポンサーサイト


未分類 | 22:18:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad