■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
買ってきました!
昨日は関東から東海にかけて記録的な豪雨だったんですね!お住まいの皆さんは大丈夫だったでしょうか?

さてさて昨日は久しぶりの丸太買い(切ったまんまの丸太の状態じゃなくて板に割いてあるのを丸太一本分という意味です)かと思って気合いを入れて製材所に行きましたが、丁度バラで買える材料があったので結局今回必要な分だけ買ってきました(^^ゞ

昨日買ったのは国産のサクラですが平成16年3月24日に切ったと記されてました。
4年5ヶ月も製材所の片隅でちょっとずつ乾燥して俺に買われるのを待っててくれたのねん♪という感じです(笑)
板の表面は砂と埃で黒くなっているので、その上から板の大きさは勿論ですが割れや反り、節、腐れ、辺材と心材の具合などを見て効率良く材料が使えそう(専門用語では「歩留まりが良い」と言います)な材料を選びます。

陶芸とかだと後から土を足したりできますが、木は切っちゃったらおしまいなのでどの材料をどこに使うかを決めるのにかなり神経を使います。もちろん切った後に削ったら節や割れが出てきてあれれ?ということもありますが...
なので毎回実際に削ってみるまではドキドキです(^^;)
さて今回はどうなるか、完成をお楽しみに!

製材所05
写真は僕が板を選んでいるときに隣にあった材料です。
タモだと思うんですけど45cm角くらいでしょうか?
おそらくこの状態で使われることはないと思うので、後で適当な厚みに割かれたんじゃないかと思います。製材所に行けば丸太のままはゴロゴロ転がってますが、この大きさで角材の状態はあまり見たことが無かったので思わず写真に撮ってしまいました(^^ゞ

スポンサーサイト


木工の仕事 | 08:16:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad