■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
こんな近くにこんなスゴイものが
今日の熊本は久しぶりにまとまった雨でしたね。
ウチは地下水(いわゆる井戸水ですね)なので、乾燥する冬場は水量が足りずに水が出なくなることが稀にあります。まぁ、これも田舎暮らしの醍醐味かもしれませんが(^^;)
この冬は雨が少ないからか既に2回水がとまったので今日の雨は恵みの雨ですね。
農家の人の気持ちが少しわかりました。


霧の江田船山古墳06

写真は数日前に撮った写真ですが肥後民家村の目の前にある江田船山古墳です。
霧の中で幻想的な雰囲気を醸し出しているこの古墳は歴史の教科書にも必ず載るくらい有名な古墳で出土品はナ、ナント!日本の国宝第一号(?)で上野の国立博物館(それも入ってすぐのところ)に展示されてるとのことです。
僕はその辺の歴史に疎いので江田船山古墳も覚えてなかったし国立博物館にも子供の頃に何度か行ってるのにミイラしか覚えてませんが、1500年以上も前からずっとこの場所に鎮座しているかと思うと悠久のときの流れを感じずにはいられないですね。
産業革命以降、特にここ数十年の地球環境の悪化を古墳の中で眠っている豪族の方はどう思ってるんでしょう...

こんな小さな町にこんなにスゴイ古墳があるなんて僕も最初はビックリしましたよ。
町民はもっと自慢して良いと思うし、特に国宝第一号を出土したっていうのはもっと大々的にアピールしても良いと思いませんか?
スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 19:07:17 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【農家】についてのお得なブログリンク集
農家 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると… 2008-01-11 Fri 19:23:50 | 旬なキーワードでお得なブログのリンク集

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad