■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
夏休みが明けて
昼はまだ暑いですが本当に朝晩はめっきり涼しくなりましたねぇ。
今日も熊本は良い天気です♪

さて昨日は新学期最初の木工クラブがありました。
って書いて気がついたのですが、今年から熊本の小学校は前期後期の2学期制になったのでまだ新学期ではなく、正しくは夏休み明け最初の木工クラブがありました。ですね(^^ゞ

今回からは学校の図書室に置く本立てを作りますが、幅が90cmの大き目のモノなので2人1組で作ってもらいます。
木工クラブ06
写真は先生が子供たちに説明しているところですが、子供に説明しつつ先生も自分で確認しているという感じでした(笑)
基本的に木工クラブはもう1人のオッチャンの担当で僕はお手伝いなので詳しい経緯は知りませんが、今回は学校側で材料を用意してもらうことになっていたらしく、届いた材料を見たら集成材でした。
集成材というのは小さい板切れを剥ぎ合わせて大きな板にしたもので、イロイロな材料の組み合わせなので無垢材に比べて反りも少ないし、端材も有効に活用できるなどのメリットはあるのですが、工業製品みたいで手作り感がないのは否めません...
せっかくなら子供たちには無垢材を使って欲しいと個人的には思いますが、学校側にも事情があるのか先生が考えていた材料とは違ったのかオッチャンの説明が足りなかったのか、その辺りはよくわかりません(^^;)
まぁ、子供たちには楽しんで作ってもらいたいですね(^^)

木工クラブの真っ最中に熊本では誰もが一度は目にしたことがある(?)ネコの絵でお馴染みの高木さんが河原町に店を構えるアフリカアートのADOちゃんを連れて遊びに来てくれました!
ADOちゃんには以前から遊びにおいでよ!と言っていて昨日が初めての民家村だったのですが、火曜日は木工館とガラス工房しか開いてない上に僕もクラブがあったので全然お構いできなくて申し訳なかったです(^^ゞ
まぁ高木さんというガイドさんが一緒なので県北ツアーを楽しんで帰ったのではないかと思いますが、これに懲りずにまた遊びに来てね!

スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:12:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad