■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
田舎が田舎であるために
木工教室02
昨日は荒尾市の有明小学校から2年生36人が体験に来ました!
人数が多く2グループに分かれての体験だったので大変だったと思います...
というのも基本的に僕の仕事ではないので、僕はその時間を使って次に作る本立ての設計をしていました(^^ゞ

何でも荒尾から電車に乗って来たそうで、電車に乗るのも研修とのことです。
僕が子供の頃は親についてどこかに行くうちに自然と電車やバスの乗り方は覚えていましたが、この辺では確かにわざわざそういう機会を作らないと電車なんか乗らないでしょうからね(^^;)
昔は町内に信号が1つも無くて学校で信号を渡る授業があったという町もあったらしいです。
まぁ、田舎の宿命かもしれませんが、何となくのどかな感じがして好きな話です(^^)

夜はPCNQの事務局会議があったのですが、玉名市石貫地区でPDC参加者が借りている田んぼの側溝にコンクリートのU字溝を設置する話があって、それに対して何かできないかということで一悶着(?)ありました。
田舎は田舎のままで良いんじゃないかと思うのですが、地元の人たちの気持ちもわからないではないです。そりゃあU字溝を入れた方が管理は楽ですからね(^^ゞ
結局、少子高齢化や生活意識の変化に伴い昔と違って人手が少ないので、そうならざるを得ないのだろうと思います。
個人的にはPCNQの活動が充実していけば石貫での実績もでき、関わってくれる若者も増えると思うので、地元の人と協力して新しいコミュニティの形が出来れば良いなぁと思います。
昔の「結(ゆい)」みたいに皆で協力して何かをするというのを、地元の人とヨソ者が一緒にするっていうのは話題性ありますよね!そういうことがまた人を呼んで地域が活性化していくんじゃないかと思います。道のりは長いですが...

地域の活性化といえば僕の住んでいる和水町の用木地区では今週の土曜(11日)に奉納神楽があります!
これも田舎ならではの行事かもしれませんが、やはり人材不足は懸念されています。
ここ数年は新参(氏子の新人)が入ってPRにも力を入れている感じがしますが、やっぱり参拝してくれる人が多いほどやる方もテンション上がるみたいですし、本当に神楽が地域づくりに繋がっていけばイイですね!って僕はもっぱら焼き鳥係ですが(笑)
実際に観光神楽ではなく地元の人が地元の神社に奉納する地元のための神楽はなかなか見る機会がないと思いますので、少しでも興味のある方は是非遊びに来てください(^^)
鬼が出てくるところなんか見応えありますよ!

スポンサーサイト


未分類 | 08:34:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad