■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
エスペラント
昨日に続いて熊本は朝から曇り空です。
「くまもとの木工房展」も無事に2日目が終了しました!
昨日の午前中はお客さんが少なかったのですが、新聞に紹介されていたらしくて昼からは結構お客さんも多かったです(^^)

お客さんの中に群馬から旅行で来たという方がいて僕のでんでん太鼓を買ってくれたのですが、何でも世界のでんでん太鼓を集めているらしいです。
話を聞いたらでんでん太鼓だけではなく笛など世界中の変わった楽器も集めているとのことでしたが、弦楽器は大きくて持ち運びができないのと調律が必要なので集めないのだそうです。なるほど。しかも、ただコレクションするだけでなくそれらを駆使して小学校などで演奏活動をしているとのことです。

さらに「エスペラント」という世界共通言語があって、そのおかげでフランスまでコンサートに行ったという話も聞きました。確かに英語が共通言語だと思っている人も多いと思いますが、英語圏以外の人にはわかりにくい(日本語よりは簡単?)し、結果的に英語圏の人の発言力が大きくなってしまうので、ヨーロッパを中心に母音や子音、構文などにイロイロな国の言語を取り入れた新しい言葉を造り上げた、それが「エスペラント」ということみたいです。
普段からアメリカを中心としたグローバリゼーションには疑問を持っているので、こういう活動は素晴らしいと思います。エスペラントが普及すると国際会議に通訳がいらなくなるということですからね!

とにかくエネルギッシュなオジさんで面白い話をたくさん聞かせてもらいました。
今度九州に来る機会があったら民家村でもコンサートをして欲しいですね!
名前を聞いたら笛 吹男(フエ フキオ)さんだそうです(笑)
笛さんの世界のでんでん太鼓コレクションに僕の作品を加えてもらって光栄です(^^)

それと昨日は小学生が見学に来ていたのですが、1人の女の子が僕の一輪挿しをお小遣いで買ってくれて本当に嬉しかったです(^^)

くまもと木工房展03
写真は甲斐武さんの作品です!皿や盆、盃などの酒器といった小さいモノが多いですが、上品で大人な感じがします。
スポンサーサイト


展示会情報 | 08:15:38 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
それ!
そのエスペラントを日本で紹介した権威(もうとうの昔に亡くなっている年代の方らしいです)が、なんでも菊鹿町の出身なのだそうです!
以前、展示会に、エスペラント語に詳しい方がいらしてたらしく、
うちの工房が菊鹿町なのを知って、あとから熱い手紙を送ってこられたのが、すごく印象的でした。
2008-10-23 木 19:44:43 | URL | る・えり [編集]
そうだったのかぁ、不思議なご縁でしたね!
それにしてもエスペランティストには熱い人が多いってことですか?(笑)
2008-10-23 木 22:55:24 | URL | 家具オヤジ [編集]
掲載ありがとう
 4月一杯パリの北のいくつかの都市や町、イギリス側に突き出たブルターニュ半島のいくつかの町を、エスペラントのグループの招きで回ってきました。どこでも笛さんの公演は大好評で、最高70人、最低6人が集まりました。その他、冷え取り健康法、書道、折り紙、日本とフランスの関係、などテーマが豊富なので、一つのところで2-3回も講演しました。あるところでは、画家が感動して絵までくれました。用語はもちろんエスペラントで、ブルターニュ地方だけでもエスペラントグループは15あるそうです。今度はここだけで1ヶ月回れ、といわれましたが、同じところで一か月か、と即答はしませんでしたが、エスペラントのお陰で、この巡業中の交通費、食事、宿泊は全部ただ、と言うのですからうれしい話です。この間全部、その土地のエスペランチストの家庭での生活ですから、面白いものにもお目にかかれるし、感動することとも多いです。日本語でもどこかに書こうかなと思っています。
 さて明日の早朝出発して、そちらへうかがいます。楽しみにしています。では、また。
2009-05-04 月 23:05:35 | URL | 笛吹男 [編集]
そのエスペランチストはなんという名前ですか
 「そのエスペラントを日本で紹介した権威(もうとうの昔に亡くなっている年代の方らしいです)が、なんでも菊鹿町の出身なのだそうです! 」とありますが、なんと言う人ですか。教えてください。笛吹男
2009-05-04 月 23:08:58 | URL | 笛吹男 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad