■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
神楽フェスティバル
今日の熊本は雲が厚めではありましたが雨の心配はなく木工館のお客さんも昨日より多かったです(^^)
山太郎祭は今日が2日目!って言うと何日もあるみたいですが、2日間しかないのでつまりは最終日という訳でした(^^ゞ
僕は今日も木工館でお留守番だったので、会場の様子はさっぱりわからず音だけ楽しみました(笑)

今年の山太郎祭は「第1回神楽フェスティバル」と同時開催ということで、2日間に渡ってステージでは数時間おきに神楽の時間があって町内各地区の神楽が披露されました!
これは我らが民家村の仲間である篠笛工房 山彦さんが「こんなに神楽が残っている町は珍しい!神楽を存続することは勿論だけど、これをもっと活かさない手はない」と常日頃から訴え続け、町の教育長に働きかけて神楽の連絡協議会を立ち上げたという流れがあってのことだと思うので、こうやって少しずつ形になってきたのは嬉しいですね(^^)

実際に僕も用木以外の地区の神楽を見たことがないので、同じ町内でも違いがあるんだなぁと思いました。僕は音しか聞いてませんがそれでもそう感じたくらいなので、実際に見た人(特に各地区の神楽組の人)は面白かったんじゃないかと思います。
山彦さんは有志を募って新しい創作神楽を作りたいと密かに(?)企んでいるので、近い将来に実現したら楽しいし本当に神楽で町おこしができたら素晴らしいですね!

えっ、神楽のことを言ってたのは蕎麦屋木阿彌さんの方が先だって書いとけって?
わかってますって(笑)

紅葉06
写真は蕎麦屋の前で撮りました。

スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 23:50:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad