■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
野外博物館
ここ数日は曇りがちではありますが熊本とは思えない湿度の低さで過ごしやすいですね!

昨日は昼前に民家村には珍しく(?)若者がゾロゾロと入ってきました。
その数30人くらい?どうやら建築科の学生らしく先生が「これが柱で梁で束で垂木で...」とか説明してます。
民家村はもともとは古民家や農機具を展示する野外博物館としてスタートしているので建築関係の見学が来ることも多く、昨日の学生さんたちは先生の話しぶりから2週間くらい前にも来ているみたいです(^^)
木工館は古民家ではありませんが木造建築の構造を理解するにはもってこいの建物なので、わざわざ説明のために立ち寄ってくれたということなのでしょう。

それにしてもこの人数は大学のゼミにしては多いし、学科の授業にしては少ないしどういうことなのだろうか?そもそも大学で見学にいく授業なんてあったかなぁ?少なくとも電気工学科にはなかったけど(^^;)
最近の大学は名前を聞いても何をするのかわからない学部や学科も多く、僕らの頃とは変わっているみたいですねぇ。少子化や国立大学の自主運営など大学を取り巻く環境も厳しくなっているので大学側もあれこれ知恵を絞らないといけないのでしょう...
何より今の学生は大学を出たからといって就職や将来が保証されている訳ではなく、複雑多様化し不安だらけの社会にこれから飛び出さないといけないのでイロイロと大変そうです。

まぁ、僕の同級生は建築科を卒業してテレビ局に勤めてるヤツや出家して住職をしているヤツもいますし、一方で電気科を卒業した僕が家具を作って自分で家を作ってるのだから面白いですね(笑)
世の中何が上手くいくかわからないのでとりあえず学生さんたちは頑張ってください!今勉強していること自体は何らかの形で役に立つと思いますよ(^^)

ツバメ02
写真は民家村の正面ゲート横で撮りました!


スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:46:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad