■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
根気のいる仕事
Yチェアの張り替えを頼まれました!
かの有名なハンス・J・ウェグナーというデンマークのデザイナーの椅子で背もたれの形からYチェアと呼ばれています。
座面はデーニッシュラッシュという紙でできたコードで編まれているので、どうしても長く使っていると切れてしまいます。切れてしまうと張り替えるしかないのですが、正規ルートでは東京の代理店に送るしか手段が無く値段も18,900円+送料という結構な額になってしまいます(^^;)
そのために結構困っている人も多く、実は民家村の蕎麦屋木阿彌さんもその1人で自宅で使っているYチェアの張り替えを頼まれていたのですが何年もほったらかしてました(笑)

今回別のお客さんから張り替えを頼まれたのを機に木阿彌さんのも一緒にすることにしたので全部で3脚の張り替えをしましたがこれがまた大変な作業でした...
何が大変って長いコードは取り扱いが面倒な上にすぐに絡まるし、コードを張るのにかなりの力で引っ張るので指は痛くなるし、コードが細いのでいくら巻いてもなかなか進まないし本当に根気がいる仕事です(^^ゞ

まぁ、よく考えたらこれに限らず木工の仕事って本当に根気が要る仕事ばかりですねぇ...
基本的には木取りといって材料を揃えてから墨付け、加工、組み立て、調整、塗装という工程を経て製品が出来上がる訳ですが、1つ1つの作業を確実に進めていくのはかなりの手間が掛かります(^^;)
以前テレビで若きフレンチの天才シェフが「仮に何かの工程を忘れたとしてもそんなに影響は無いんだけど、1つ1つの工程をしっかり押さえていくと最終的な出来上がりが全然違うんです!」と言ってました。まさにその通りです!
そう考えると本当に木工は手間の割りに利益が少ない仕事ですが、やっぱり好きな仕事なので手は抜けませんよね。もちろんお客さんにも喜んでもらいたいですし(^^)
そう言えば知り合いの木工家の人たちもみんな根気強い人たちばかりかもしれません(笑)

Yチェア05
張り替え前のYチェアです。

Yチェア06
張り替え途中、これでやっと半分くらい?

Yチェア08
ようやく完成!なかなか良い出来です(^^)v
スポンサーサイト


木工の仕事 | 08:58:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad