■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
世紀の天体ショーを見たか?
昨日は日本で46年ぶりという皆既日食でしたね!
熊本では部分日食でしたが太陽の92%が月に隠れるということで期待してましたが、朝まで雨が降っていて怪しい雲行きです(^^;)
まぁ、仕事もあるし日食グラスなどの観測グッズを用意している訳でもなかったので少しでも見られたらラッキー?くらいの気持ちで民家村へ...

10時頃に何だか暗くなったのを感じて外に出てみると太陽が雲に隠れただけのようでやっぱり日食を見るのは難しいのかなぁ?と思いつつまたしばらく仕事です(^^ゞ
最も太陽が欠ける11時少し前まであと10分というところでカメラを持って再び外へ出ると相変わらず雲はかかっているものの少し薄日が差しているではないですか(^^)

辺りは少し暗くなって何だか神秘的な雰囲気ですね!
危険を承知でチラチラ太陽を見てみるとなるほど光の感じから太陽が欠けているのがわかります。
皆既日食01
これは池に映った太陽を撮りました(^^)v

日食のときは直接太陽を見るのではなくて地面に映る木漏れ日など小さい穴から漏れる光の影を見ると欠けた太陽の形になるということで、木漏れ日なら民家村のアチコチで見られると思って写真に収めるのが狙いでした(^^ゞ
しかし、雲に遮られて太陽光が弱いのと民家村には木が繁りすぎていて木漏れ日すら漏れないところが多くなかなか良いポイントがありません(^^;)
皆既日食02
光が三日月形になっているのが辛うじてわかるかな?という感じですね...
こういう写真はアスファルトの方がわかりやすいということがわかりました(^^;)

最終的には直接太陽を見られるくらい雲が厚かったので、空に向けて撮影した写真がこれです(^^)v
皆既日食03

という訳ですっかり部分日食を満喫してしまいました(^^ゞ
わざわざ悪石島まで行かれた方は残念だったと思いますが、昼なのに本当に真っ暗になるというのは部分日食では経験できないので、黒い太陽もダイヤモンドリングもコロナもプロミネントも何も見えなくても皆既日食の瞬間を経験できたというのはやっぱり羨ましいですね!
26年後は皆既日食が見られる場所に行こうと今から盛り上がってます(笑)



スポンサーサイト


未分類 | 08:40:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad