■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
NEWフェイス
昨日の熊本はおよそ1ヶ月ぶりにまとまった雨が降り気温も30度に届かなかったみたいで本当に夏も終わりだなぁと実感します...

さてそんな9月の民家村にNEWフェイスが仲間入りです!
9月10日に能面工房「嘉祥苑」が旧布施家にオープンしたのです(^^)
山鹿の能面作家・野村琉堂さんとは今年の初め頃にお馴染みの古民家ギャラリー百花堂さんでお会いしてから何かと縁があり、6月に民家村の小林政嗣美術館で展示したのを機に本格的に旧布施家で活動する気になったみたいです。
「嘉祥苑」という名前の由来を聞いたら「何となくおめでたいでしょ」とのこと(笑)

旧布施家の板の間には野村さんの作品の能面が並べられて、文字通りNEWフェイスが一杯ということです(笑)
どれもスゴイ存在感があり夜中に1人で見たくないなぁという怖いのもあります(^^;)
能面だけでなく家紋も作られているのですが僕は作る気にならないくらいの細かい作業ですよ(^^ゞ

オープン初日には熊本市のケーブルテレビが取材に来ていてやっぱり能面工房なんて滅多に無いので話題性もあるし、そういう取材を呼び込むところに野村さんのエネルギーを感じ頼もしいですね(^^)
それより驚いたのは翌日には早くも生徒さんがいたことです!
野村さんの作品は分厚いヒノキの板から削り出して作るのですが、体験用はポリスチレンフォームという断熱材や最近では畳の中に使われたりする発泡スチロールの一種(?)を使うのでカッターナイフで誰にでも簡単に作れるということです。
能面という歴史も伝統もある物に今どきの素材を組み合わせるとは目からウロコでした(^^;)
この体験用能面を考えついたことも民家村で能面工房をするきっかけになったようですね。

体験は簡単とは言え1日では完成しないので何回か通っていただかないと行けませんが、それもリピーターを増やしたい民家村としては願ったりというところでしょうか?(^^ゞ
詳細については直接お問い合わせ願います♪

【体験教室】
 ○能面作り教室(週1回) 1ヶ月5,500円
 ○家紋作り教室(週1回) 1ヶ月3,500円
 TEL:080-1766-6769(野村琉堂)

旧布施家は民家村で一番最初に移築された一番大きな古民家というシンボリックな存在なので、旧布施家が賑わうことが民家村全体にとって大きなプラスだと思います。
という訳で能面工房「嘉祥苑」を宜しくお願いしまーす。
能面なんて興味ないという方は地元のオバちゃん達の手作りお弁当の販売もあるのでそちらもお楽しみに(笑)

能面05
能面のできるところを見ているだけでも楽しそうですね(^^)



スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:23:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad