■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ライバルひしめく
例年だとまだ残暑厳しいところですが今年は涼しくて過ごしやすいですねぇ(^^)
昨日も爽やかな秋晴れでこんな日は民家村を抜け出してドライブだ!
なーんて民家村を抜け出したのは本当ですが、山鹿の古民家ギャラリー百花堂さんで仕事の打ち合わせでした(^^ゞ
実はちゃぶ台を頼まれているのですが材料を何にするか決まっていなかったので、柿渋仕上げをしたサンプルをいくつか作って持って行ったのです。
百花堂の奥さんと息子で耳掻き職人の大ちゃんだけでなく、居合わせたお客さん2人も加わって議論した挙句にナラで作ることになりました(^^)

まぁそんな感じで無事に仕事の打ち合わせは終わったのですが、お客さんの1人のオバちゃんが草木染めをしているらしく話題は毎年恒例の「くらしの工芸展」へ。
くらしの工芸展は今年で27回目を迎える熊本では由緒ある(?)工芸展で、僕はこれまで5回出して全て入選、大ちゃんも5回続けて入選しているみたいですが、そのオバちゃんは選外も経験しているとのことで、「審査員が変わって布では評価されなくなった」というのが言い分でした...
でも結局は公募展なんて審査員のサジ加減1つですからそれは仕方がないことで、オバちゃんは「賞を取りたかったら審査員受けするように傾向と対策を考えないとダメよ!」と力説してましたが、それがわかれば苦労しませんよね?(^^;)

確かに出品する以上はもちろん賞を取りたい気持ちはありますが、そのために自分の作風を変えては意味がないですし、仮にそれで評価を受けることがあっても後で自分が辛くなるんじゃないかと思います。
僕の場合は基本はお客さんからのオーダーで作るので、公募展はお客さん関係なしで自由に作品を作れる良い機会なので新しいことにチャレンジできるし、それが展示会などのストックになるので最近はそういうスタンスで出品してますね...
それに結果が伴えば言うことナシですが(^^ゞ

何はともあれ昨日の百花堂さんには僕と大ちゃんと草木染めのオバちゃんに加えて陶芸の「きんた工房」さんもやって来たので、ここだけでも4人の出品者が集まっていたのでした(^^;)
この4人の中からグランプリが出れば良いですね!と言って帰りましたが、やっぱり内心では少なくともこの中では負けないぞと思ってます。多分4人ともそうだと思いますが(笑)

蝶16
写真は民家村の旧境家で撮りました(^^)

スポンサーサイト


未分類 | 08:58:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad