■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
時代は○だ!
だんだんと朝起きるのがツライ季節になってきましたね(^^;)

さて昨日は午後から山鹿の古民家ギャラリー百花堂さんに頼まれていたちゃぶ台の納品に行って来ました(^^)
よく考えたらディテールは違いますが今年に入ってちゃぶ台を作ったのは4つ目でした(^^ゞ
確かにちゃぶ台は人数を選ばないし見た目も丸くてカワイイし、最近見直されてるのを実感しますね。机の角に足をぶつけることもありませんしね(笑)

百花堂さんのオーダーは直径66cmで高さが25cm、脚は折りたたまなくて良いということで出来たのがこれです!
ちゃぶ台3_3
材料はナラで柿渋で仕上げています(^^)v
ギャラリーの雰囲気にもマッチして我ながらなかなか良いのではないかと思います。
百花堂の奥様と息子で耳掻き職人のダイちゃんもとても喜んでくれて一安心です(^^)
写真ではわかりにくいかもしれませんが、天板の横を真っ直ぐではなく凸レンズの様に少し丸みをつけています。これはダイちゃんのリクエストだったのですが、何だかグッと上品になった感じがします。まぁ、それだけ手間は掛かってしまうのですが、手を掛けた甲斐があるってもんですね!
今回はダイちゃんに引き出しを開けてもらったみたいです(^^ゞ

写真のお茶は奥様が僕に煎れてくれたのですが、作った本人が最初に使ってどうするんですか!?と慌ててしまいました(^^;)
奥様曰く「自分で使いたいというよりここに来てくださるお客様にこの空間でお茶するのに使って欲しいという気持ちが強いので私は最初に使わなくても良いんです」とのこと。
元々11月に八千代座(百花堂の近くにある明治時代の芝居小屋です)で坂東玉三郎の公演があってそのときに間に合えばという話だったので、これから先イロイロなお客さんがこのちゃぶ台を使ってくれるのを想像するとお客さんが個人で使われるのとは違うワクワク感がありますね♪

今度は僕もお客さんとしてコーヒー飲みに行きたいと思います。って、あくまでギャラリーで喫茶がメインではないとのことなのでまずは部屋の中からメニューを見つけ出すところからだったりして(笑)
という訳で百花堂さん、この度は本当にありがとうございました(^^)

スポンサーサイト


木工の仕事 | 08:41:11 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
こちらこそ、ありがとうございました。

これからどんな味がでてくるのか、楽しみです。

今日、玉名の「ちゃぶだい」の方々がご来店。
百花堂のちゃぶ台コレクション?をさっそく見ていただきました。

大切に使わせていただきます。
2009-10-15 木 23:49:45 | URL | 百花堂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad