■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
作家さん いらっしゃい
昨日は珍しく昼から民家村のガラス工房で会議がありました!
というのもガラス工房の假屋園くんが中心メンバーの1人としてクラフト展を企画していて、今回は民家村で会議をするので是非参加して欲しいとのことだったので(^^ヾ
昨日集まったのはガラス、陶芸、鉄、石、流木、能面、アクセサリーなどさまざまなジャンルの作家さん7名でした。
モノ作りをしている人はイロイロな意味で個性の強い人が多いので少し構えていましたが、行ってみたら顔馴染みの人も多く初対面の人も感じのイイ人ばかりで安心しました(^^)

元々は昨年の冬に山鹿と菊池の間にある「水辺プラザかもと」という物産館で展示会をしたメンバーが中心となっているとのことで、今年の10月中旬に水辺プラザで第1回のクラフト展をして来年は民家村でも開催するという計画のようです。
僕自身はどんな関わり方をするのかまだわかりませんが、民家村での新たなクラフト展実現に向けては是非とも協力したいと思います(^^)
假屋園くんの話ではこれまでも何度か会議を重ねてきて概要は固まってきたのですが、具体案や方向性みたいな突っ込んだ話になると何となく煮詰まってきてるという感じだったようで、初めて会議に参加した本業は看板屋ながら流木アート・竹筆・書・似顔絵その他諸々マルチアーティストとして活躍する高木さんと僕の2人で好き勝手(?)に意見出しをして、違った視点から多少は会議が活性化したのではないかと思います(^^ヾ

その後、皆で民家村を見て周ったのですが、みんな口を揃えて「イイ場所ですね!もっと活用しないと勿体無いですね」と言ってくれて、クラフト展の話とは別に「作家さん同士でスケジュールを組んで入れ替わりで常に誰かが展示できればイイね」とか「空いている場所があればとりあえず1ヶ月でも中に入って活動してみたい」と言ってくれる人までいて嬉しい限りです(^^)
今の年齢層の高い民家村のメンバーだけではどうしても先が見えてしまうので、もう少し若くてやる気があってレベルの高いプロの作家さんに協力してもらえるのなら何とも心強いです!
昨日の会議自体も民家村の定例会議よりエネルギッシュで前向きだったと感じてしまうのは、僕自身も刺激や変化を求めているからかもしれませんね...
とにかくこれから新しい動きが出てくるのではないかと期待に胸を膨らます今日この頃です♪

蓮とトンボ
写真は木工館の横の池で撮りました。


スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:44:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad