■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
幸せのトンボはどこに
今日の熊本は久しぶりに朝から晴れですね(^^)

前にもブログに書いたことがあったと思いますが民家村の石畳の中にはトンボがいるのです(^^)
実はトンボの他に蝶もいるんですけど見つけやすくてインパクトが強いのはやはりトンボの方でしょう。
しかし民家村によく来る人でも意外にこのトンボを知らない人が多いみたいですね!
毎年ゴールデンウィークに行う里山美術展を主催する里山楽縁企画の代表で画家兼みかん農家の池田道明さんも今年になって初めて気が付いたそうです。
里山美術展も始めてから8年もたつのでてっきり知ってるものと思ってました(^^;)
でも冷静に考えたら確かにずっと下を見て歩いてる訳じゃないし、偶然気が付く確率の方が低いかもしれません(^^ヾ

それならば上手くPRしたら民家村の目玉の1つになるのではないかと(^^)
実際に最初にトンボに気付いたときの池田さんはメチャメチャ嬉しそうでしたからね(笑)
長崎のグラバー園にもハート形の石があって、見つけると幸せになれるとかいう話があったと思います。
トンボだって前にしか進めないということで戦国武将の兜に付けられたり、麻の葉や小桜などといった日本の伝統的な模様(ですよね?)にもトンボ柄があるので縁起が良いのは間違いないはず(^^ヾ
あとはこれにどういうストーリーをつなげるかですね!

まぁ特に見つけたからどうなるということは抜きでも単純に楽しいと思うので是非とも民家村にトンボを探しに来てください(^^)

石のトンボ
ヒントは野外ステージの周辺でーす!って、相当広いですね(笑)



スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 07:52:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad