■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
遠足日和♪
今日の熊本は良いお天気でまさに春の陽気って感じでした(^^)

昼過ぎに工房の外に出たら子供たちの声がしていたので見に行ったら野外ステージの前の広場に小学生が集合してました。
民家村は自然が豊かなのはもちろんですが、江田船山古墳に隣接し歴史資料館もある上に古民家には昔の農具なども置いてあるという小学生のお勉強にもピッタリの場所なので、遠足に利用する学校も多く熊本市内から毎年来てるところもあります。
また大学の建築学科などで古民家を見に来るゼミなどもあるみたいです。

今日来ていたのは地元の菊水西小で6年生のお別れ遠足ということでした。
遠足01
写真に写っているのが西小の全校児童で先生に聞いたら58名ということでした。少ないですね...
でも僕が住んでる家のすぐ近くにある菊水南小は50名いなかったんじゃないかな?(^^;)
和水町も典型的な少子高齢化で実際に小学校の統合も切実な問題になっています。

若者が都会に出て行ってしまうのはある程度やむを得ないとは思いますし、生まれてからずーっと地元にいるよりは一度くらいは都会に出た方が良いんじゃないかとも思いますが、ある程度の年になったら田舎の良さに気がついて戻ってくるという流れがもう少しあっても良いんじゃないか?と思います。
一番の問題は田舎には仕事がないことだと思うので、サラリーマンをしたいという人は難しいかもしれませんが、手に職つけて田舎で暮らそうという若者が増えたらもっと町にも元気が出てくるんじゃないかと思います。あ、ちなみにこの辺りでは40までは若者だそうです(笑)
僕のブログの戯言もUターンIターン者の増加に少しでも役に立てたら嬉しいですね!
スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 23:21:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad