■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
トランペット♪
立秋を過ぎて暦の上ではもう秋なんですけど残暑の厳しいこと(^^;)

そんな民家村のガラス工房でライヴがありました!
トランペット
というのは冗談ですが、トランペットを吹いているのはプロのジャズトランペット奏者の隅倉さんです(^^)

ガラス工房の假屋園くんが山鹿の百花堂さんに行ったときに知り合いになったらしく、早速その翌日に民家村に遊びに来てくれたとのことでした。
長いこと東京で活躍されていたそうで、今は熊本に戻って色々なつながりを模索している段階みたいです。民家村は古民家はもちろんですがビッグバンドでも演奏できるような野外ステージもあるし、器としてはかなり面白いと思うので、こういうプロのミュージシャンの方には是非とも活用して欲しいモノです(^^ヾ
実際に今までも小林正嗣美術館や旧布施家などでジャズのライブを聞いたこともありますが、いわゆるライブハウスとかホールとかとは違った趣がありますし、様々なジャンルの音楽の中でもジャズと古民家はかなり相性が良いのではないかと思います。

とりあえず9月に民家村で予定しているイベント(詳細はまた改めてアナウンスします!)のときに東屋とかを使って投げ銭式のミニライブをする方向で調整してもらうことになりました(^^)
これをきっかけに将来的には年に1回とか2回とか定期的にライブをしてもらえたらイイですね!チケットの販売は大変だと思いますが、古民家の一角を小洒落たバーかなんかにしちゃって本格的なジャズが聴ける場所として定着したら僕がお客さんとして通うことになりそうです(笑)

せっかくトランペットを持ってきたのでと気さくに演奏してくれたのが上の写真ですが、そんなこんなでまた素敵な出会いがあってワクワクが広がってきました(^^)
それにしても音楽の出来る人は本当に羨ましいですねぇ...



スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:13:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad