■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
こちらも入選
唐突ですが先日古墳祭写真コンテストの表彰式がありました!
前回の和水町の観光写真コンテストのときは欠席しましたが、今回は展示会前の忙しい中でしたが出席してきました(^^)

古墳祭の写真コンテストは毎年行われているのですが、昨年までは熊日フォトサークルの会員しか応募できなかったのです。でも今年はその制約がなくなったので僕も初めて応募してみました(^^ヾ
と言っても古墳祭のスタッフをしながら合間を見て適当に撮ったモノで、特に今年は江田船山古墳から殆ど動けなかったので入選という結果はまぁ良しとしようという感じですね。そもそも写真はプロじゃないし(笑)

古墳祭201004
その写真がこれです!
限られた時間とスペースの中で撮った割りにはなかなか情緒があって我ながら良い写真だと思うのですが、祭りの主役である卑弥呼も松明行列も写ってないので入選より上の賞は難しいでしょうね(^^;)

実際に他の入賞・入選作品を見てもこういう感じの写真は殆どなく、どれもストレートど真ん中の卑弥呼がドーンと写っているモノが多く、失礼ですがただ撮っただけなんじゃ?という写真も散見されますが、こればっかりは審査員の決めることですから言っても仕方ありませんね(^^ヾ

それにしても表彰式でくれる額縁と副賞の文鎮(前回の観光写真コンテストのときと同じヤツでした)は使い途がないので役場に返せないかと相談したら予想通りダメでした(^^;)
でも毎回応募してる人の中には文鎮コレクターになってる人もいるんじゃないかと思うのは大きなお世話でしょうか?僕もこれ以上使わない額縁(もし賞状を飾る気になってもそのときは自分で額縁作りますからね!)とか増えても困るので来年からの応募は止めようかと結構真剣に考えてたりします(笑)

という訳で僕の作品も見られる古墳祭の写真展が民家村の歴史民俗資料館で11日まで行われていますので、民家村に遊びに来るついでに見てやってください(^^)

スポンサーサイト


未分類 | 08:22:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad