■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
「くらしの工芸展」&「くろくも舎」
何が楽しいのかイマイチよくわかってないのですが、とりあえずTwitterなるモノを初めてみました!
今更という感じもしますが気が向いたらフォローをヨロシクお願いしまーす(^^ヾ
こちら

さて朝晩は冷えますが日中は暖かかくて過ごしやすい日が続いてますね(^^)
そんな陽気に誘われた訳ではありませんが昨日は民家村を抜け出して伝統工芸館で行われている「くらしの工芸展」を見に行ってきました!
一応、僕の作品も展示されているのでやっぱり期間中に一度は見ておかないと。そうです、これも仕事の一環なのです(^^ヾ

今年の僕の作品はこれでーす♪
お絵かきベンチ02
子供用のベンチなのですが、倒すと小さな机として使えます。それがわかるように同じモノをわざわざ2つ作りました(^^;)
ちなみに名前は「お絵かきベンチ」にしました!脚の曲線は積層曲げという技法にチャレンジしてみたのですが我ながら良くできたと思いますし、見ているとお客さんの反応もなかなか良いようです(^^)
これで売れてくれると言うことナシなのですが、値段が高いので難しいでしょうね...
これまでも売れたためしがないのであまり期待しないでおきましょう(笑)

知り合い(10人くらいいたかな?)の作品が見られたのは良かったのですが、同じ入選でも何となくレベルの差が大きいようで客観的に見て欲しいなぁと思うような作品は少なかったですね(^^;)
まぁプロアマ問わずの公募展で審査員の選ぶことですから他人の作品をとやかく言うつもりもありませんが来年こそはグランプリ目指して頑張ります(^^ヾ

その後は八女まで足を延ばして「白壁ギャラリー」というイベントも見てきました(^^)
昨年はそこで切り絵作家をスカウト(?)して民家村の里山美術展に出展してもらったりしたので、今年も新しい作家さんと知り合えたらイイなぁという多少の下心もありましたが、昨日は平日ということもあって閉まっているところも多かったせいか思わず声を掛けたくなるような作品には出会えませんでしたねぇ。時間が足りずに全部回れなかったという話もありますが(^^;)

しかし、そんな中でも僕の贔屓にしている切り絵作家 松原真紀ちゃんのイベント期間限定のギャラリー「くろくも舎」は良かったですね!
4月頃にお邪魔したときはまだ引越しの途中だったのですが、それがすっかり綺麗に片付いて良い感じの空間になってました(^^)
作品の素晴らしさはもちろんですがお客さんに対するおもてなしとかも含めて、白壁ギャラリーで僕が見た中では群を抜いてたと思います。逆に言うと挨拶1つしない人もいたのが残念でしたね...

とは言え町全体を巻き込んだイベントで盛り上げようという気持ちはアチコチから垣間見えて、頑張ってるなぁ!というかこういう取り組みは1人ではできないので同じベクトルを持った人が集まってちゃんと形にしていることが羨ましかったりします(^^ヾ

そんな訳で八女のカフェでゆっくりお茶でもしようかと思ってたのにそんな時間もなく慌しい1日でしたが「くらしの工芸展」も「白壁ギャラリー」も7日の日曜までやってますので時間と興味のある方は見に行ってくださいね!

切り絵04
写真は切り絵の鬼です!今回のテーマが鬼だったのですが彫刻家の人から「もっと怖くしないと」とダメ出しされたそうです。「私カワイイんで無理です!」って答えたみたいですが(笑)

切り絵03
「くろくも舎」の名前通り?以前から蜘蛛の作品も多いのですが、相変わらずの細やかな仕事に脱帽です。引越したときにあまりに蜘蛛が多かったのでイロイロ調べたら別に悪いモノではないことがわかりかえって愛着が湧いたとのことでした(^^)

切り絵05
古い町家にマッチしたアンティークな振り子時計を使った作品はアイデアも見事ですね!
白壁ギャラリーでは切り絵の写真以外撮ってなかったことに家に帰ってから気がつきました(笑)
まぁ僕のイチ押しってことで(^^ヾ


スポンサーサイト


展示会情報 | 07:42:21 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
実は子供用のワークベンチ(もちろん勉強机と言う要素も兼ねるんですけど)を探していて、廃材でつくられたようなものはないかなと探しています。。
これ、すてきですね~~~、大きさはどれくらいかな?
でも作ったご本人が高いとおっしゃるのなら、多分私には手が出ないと思います。。

切り絵ですか、すごいな!
時計の作品、いいですね。
皆頑張ってるんですね。
2010-11-06 土 08:50:25 | URL | sawa [編集]
そうですねー
最近あちこちで リメイク 廃材系が流行ってます。味があるのとエコロジー系の方々はなるべく木を大切にしたいという気持ちからですが、廃材など一部に活用してみるというのはどうでしょう?手間がかかるので値段は結果同じなのかもしれませんが、私もどちらかというと新品を使うのは昔から苦手でして、その手のものをわざわざ探して買いました。でも新品が好きな方はおられるので どっちがいいともいえませんが。。。大都市の方々はどちらかというと 近年においては真新しい物も古めかしくなるような加工をさえて、古い素材をリメイクしたものがイケてるという風に実感しています。以上ご参考まで。
2010-11-06 土 14:11:31 | URL | 虹色女将 [編集]
サイズは机にしたときに幅60×奥行44×高さ27cmで、参考までにお値段は88,000円です(^^;)
廃材はDIYならともかくプロがお金をもらってする仕事として考えるとやはり何でも良い訳ではなくそれなりに使える材料は選びますね...
もちろんお客さんが材料持ち込んで「これで作ってくれ!」と言われれば作りますけど(^^)
まぁ色々なニーズがあるのは理解しているのですが、基本スタンスは一生モノの家具をコツコツ作ることだと思ってます(^^ヾ

2010-11-06 土 23:18:26 | URL | 家具オヤジ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad