■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
アイアンマン
昨日とは打って変わって今朝は少し暖かいですね!

さて前回紹介したフエルトの貴公子の他にもう一人紹介しなきゃいけない人がいました(^^ヾ
アイアンズの三島さんという鉄の作家さんも先月から水車小屋に仲間入りです!
参考までに作品はこちら

三島さんは鉄工所の三代目(だったっけ?)でそちらの仕事をしながら創作活動もしていて、しかも工場は八代にあってそれとは別に熊本市内でギャラリーもやっていてとメチャメチャ忙しい人なのです(^^;)
なので水車小屋での営業は当面は金土日が中心で三島さんの奥様とアメリカ人のスミスさんというお友だちの革の作家さんが店番をすることが多いようです。

その三島さんにお願いして民家村の入り口にオブジェを作って貰おうと現在画策中なのです(^^ヾ
実は車止めのある江田船山古墳の端から民家村の入り口まで直線距離で50メートルくらいあるのですが、民家村の入り口が目立たないのでそこでUターンして帰ってしまうお客さんが残念ながらかなりいるんですよね(^^;)
来年度の予算で古墳の前の案内看板は新しく作って貰うことになってるのですが、更にもう一歩踏み込んで古墳と民家村の50メートルの距離を埋めないといけません!
そこで三島さんの得意分野でもある鉄のオブジェを3つくらい点々と置いてお客さんはそれを見ながら歩いている内に自然と民家村の入り口まで来ているという仕掛けにしたいのです(^^)

前もっていくらくらいの予算までなら入札によらない随意契約という形でいけるか役場に確認して、三島さんにその範囲内で無理せずお願いしますと伝えておきました。
しかし三島さんは「せっかく水車小屋にお世話になる訳だしどうせならちゃんとしたモノを作りたい」と採算度外視(?)で本来なら1体100万近くする人間のオブジェを含む3体で破格の見積もりを提示してくれました!三島さんの心意気に感謝ですm(_ _)m
昨日役場に書類を提出してきましたが何せ相手は役場ですからすんなりいくかどうか...
無事に予算が通った暁には民家村の入口で鉄人が皆さんのお越しを待っているかもです(笑)

霜08
写真は水車小屋の下で撮りました!昨日の朝は本当に寒かったですね...


スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 07:50:52 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
うひゃー!!!
鉄!!!

いいですねー

最初に入った会社が鉄関係だったので、社員研修で鉄がつくられる工場を見学して感激!!!

たまりませんね、あの色。

鉄子かも(笑)

肥後民家村バンザイ!!
2010-12-11 土 15:07:24 | URL | のりぴ [編集]
新しい仲間が増えるのは嬉しい事ですね。
日々のモチベーションがぐっと上がりますよね。

それにしても、皆、頑張って自分の道を貫いて生活してるんだなと感心させられます。
貫くって、しかもこの日本社会でっていうのは簡単ではありませんよね。
私は自分の理想を旦那がやってくれていてそこに乗っかっていればよかったし、
住んでいた環境も、皆それぞれ自由にやっていたので楽でしたが。。。
やはり、自分が舵取りで、まだまだ封建的な場所でのゼロからのスタートとなると
不可能ではないかと惑わされ気味です。
私は何かモノを作って売るような術は持っていませんが、
もっと人間らしいライフスタイルで、あっちで暮らしていたように日本でも暮らせるはずだと思っていますが。。。どこから始めれば良いのやら。。
焦ってもしょうがないけど。

でもほんとに強いですね。貫いてて。小野さんと周りの人たちは。。。。

2010-12-11 土 19:47:40 | URL | sawa [編集]
> のりぴ

コメントありがとう!
俺の同級生にも某鉄関係の会社に入ったヤツがいたけど、もしかしてどこかでつながってたりして。もちろん会社は東京だったけど(笑)
鉄の色は好きだけどどうしても錆が気になると思ってたら、錆を落とすのにもイロイロとテクニックがあるらしい。例えばバーナーで炙って一度表面を溶かすとか...
ヒトの仕事は本当に面白いよね(^^ヾ
という訳で(?)また民家村にも遊びに来てね!

2010-12-14 火 08:06:54 | URL | 家具オヤジ [編集]
> sawaさん

確かに封建的だなぁと思うことは多々ありますね...
まぁ僕の場合はそもそも都会からわざわざ田舎に来てる変わり者というポジションなので、周りからどう思われようが関係ないという開き直りがありますけどね(^^;)
貫くというと聞こえは良いですけどモノ作りをしている人は結構マイペースですから、あんまり自分を通すのも善し悪しという感じもします(笑)

sawaさんも環境が変わって大変だと思いますが、ステキな経験をされているのですから、そういう暮らしがまたできると良いですね(^^)
2010-12-14 火 08:24:55 | URL | 家具オヤジ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad