■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
慣れないことを...
本当に先月とは打って変わって暖かい日が続いて楽ですね!

しかし、せっかく寒さも和らいだというのに近所のおばあちゃんが亡くなってしまい昨日、今日の2日間は通夜と告別式に行ってきました。83歳ということで大往生じゃないかと思いますが、この辺では90過ぎても畑仕事をするような元気なお年寄りも多いので何となくまだ若いのにという気もしてしまいます...
実をいうと僕は故人にはお会いしたことがなくて遺影で初対面(?)という不思議な状態ではありましたが、同じ小組合の協議委員さんのお母さんということで、こういうときには何はさておき仕事も休んでお手伝いしないといけません!こういうのは田舎ならではルールかもしれませんが、地域のコミニュティにおいて冠婚葬祭というのは最も大事なことですからね。まぁ自宅で葬儀をしていたのと比べると今は葬祭場があるのでかなり楽だと思いますが、それでも参列者が集中する時間などは受付をしててもなかなか忙しかったです(^^;)

それにしても何が大変って普段は滅多に着ることのないスーツを引っ張り出して、ネクタイを締めてというサラリーマン時代には当たり前だったことに一苦労です(^^ヾ
スーツはOKと思ったら今度は革靴がないことに気がついて慌てたり、家を出るときには燃え尽きる寸前でした(^^;)
そんなこんなで慣れないことばかりの2日間でしたが、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌。

鳥02
写真は民家村の中原家蔵の横で撮りました。



スポンサーサイト


未分類 | 23:38:23 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-07 月 17:41:51 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad