■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
パンダのしっぽ
唐突ですがパンダのしっぽは何色だか知ってます?
僕はずっと黒だと思ってたんですけど実は白だったんですね。おかげでまた1つ賢くなりました(笑)
という訳で(?)こんなの作ってみました!
パンダ台

大きさは35cm×17.5cm×7.5cm(背中の部分で6cm)で一応花台のつもりですが花以外の何を置いてもイイのでパンダ台という名前にしました(^^ヾ
材料はメープルとウォールナットで白と黒のコントラストを活かしたパンダのデザインは以前から温めていたアイデアではあったのですが、パンダの目を表現する簡単な方法が思いつかずに実はお蔵入り寸前でした(^^;)
しかし今度のGアート展に向けてもう一度よく考えてみたら黒い楕円の中に白目と黒目を入れなくても四角い黒に白のラインを入れればイイんじゃ?ということに気が付いたのです(^^)
それなら前脚を上まで通して(通しホゾと言います)楔(クサビ)を打ち込めば接合強度も増すし一石二鳥ではないかということで構想ン年の末に遂に完成しました!
我ながらなかなかカワイイのではないかとすっかり親バカな気分です(笑)

折しもパンダ来日と重なり結果的にブームに乗っかったように思われるのは本意ではありません(何せ構想ン年ですから!)が、値段が高い(18,000円の予定)のでブームにでも乗らないと絶対に売れないという話もありますね(笑)

Gアート展にはこのパンダ台の他にも新作をいくつか用意したので11日~13日は水辺プラザに遊びに来てくださいね♪
関係ないけど今日の文章は( )が多いなぁ...


スポンサーサイト


木工の仕事 | 22:52:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad