■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
同じ空の下
また寒波がやって来ましたね(>_<)
昨日の熊本は風は冷たいモノの空は抜けるように青くて、この穏やかな民家村にいると本当に東日本の被災地と同じ空でつながっているんだろうか?と信じられない気持ちです...
そんな訳で空は晴れても心にはモヤがかかったようにスッキリしない気分ですが、当たり前の毎日に感謝しながらとりあえず日々を過ごすしかないというのが僕の現実です(^^;)

そんな中、早くも九州のパーマカルチャーやトランジションタウン関係の人からは被災地から九州へ来る人の受け入れを始めよう!という動きが出てきて頼もしい限りです(^^)
確かに田舎には農作物も土地もコミニュティもあるのでとりあえず東日本を脱出して九州で仮住まい(または本格的に移住)というのもあながち非現実的な話ではないですね。
まぁ建築途中の我が家では受け入れは難しい(自分たちが仮住まい状態!?)ですが、本当にそういう人たちが九州に来るようになったら僕の田舎暮らしの経験も多少は活かせるかなぁ?とか考えてます(^^ヾ

その為には地域にチカラがないと受け入れどころの話ではないので、地域が元気になるように僕も頑張らないといけませんね!などとイロイロなことを考えつつ甚だ微力ではありますが仕事とか募金とか祈ることとか自分にできることをコツコツとやっていきたいと思います。被災地の皆さんに1日も早く平穏な日々が戻りますようにと願いつつ...

水車小屋03
写真は水車小屋の近くで撮りました!


スポンサーサイト


未分類 | 08:41:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad