■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
盛り上がろう!
九州北部もようやく入梅しましたね!って、かなり前から梅雨みたいな天気でしたけど(^^;)

さて昨夜は古墳祭の企画委員会でした!と言っても会議はそこそこで後半は今年の卑弥呼も決まったしということで毎年恒例(?)の決起集会的な意味合いのBBQでしたが(^^ヾ
何でも今年の卑弥呼さんは応募総数1名の中から選ばれたらしく、和水町の温泉施設で働いているモノの山鹿在住とのことでした。もちろん卑弥呼さんには何の文句もなく頑張って欲しいと心から思いますが、もう少し町民の盛り上がりが感じられると嬉しいなぁと。

僕の中でも何となく今年の古墳祭が盛り上がらないのは2日目が展示会の搬入と重なって全く参加できないから?とも思いましたが、やっぱり一番の理由は古墳祭ライヴが中止になったことだと思います。
中止というのは4月初旬の時点で出演者の調整がつかずに企画会社からの提案がなくコンペが成立しなかったからで自粛ではなく中止となった訳です。まぁ、それ自体は仕方がないことなので中止やむ無しとは思いますが、じゃあその代わりに何かをしようという積極的な姿勢が感じられないのが残念ですね...

今まで20年近く続けて来た古墳祭ライヴを中止にするのですから、これをきっかけに何か新しい取り組みや新しい企画を打ち出したいところですが、蓋を開けたら商工会青年部に丸投げという形でビックリしました。新しく何かを立ち上げるというのは前例重視の役場にとっては難しいミッションだと思いますが何となく拍子抜けしたのは事実です(^^;)

こういう時期だからこそ音楽で何かを伝えたい、元気を与えたいというミュージシャンは探せばいくらでもいるのではないかと思います。どうせなら九州の中央に位置し菊水ICを有する地の利を活かして九州中のミュージシャンを集めて昼からぶっ続けでやったら、かなりイイ感じのライヴになると思いますし、多くの人が関わればその分だけ関係者やファンも増えるので、結構お客さんも集まるんじゃないかと思います。
とにかく「九州から被災地に元気を届けよう!」という主旨で、しかもそれを和水町から発信できればとても意義のあることだと思います。そもそも古墳祭ライヴは和水町を皆に知ってもらうためだったと思うので、そういう意味ではこれまでのライヴより効果もあるかもしれません(笑)

しかし、商工会だけではこれだけの仕掛けをするのは難しいので何となくこじんまりまとまりそうな感じは否めませんね...
商工会青年部は頑張ってますが何となく町全体でバックアップする姿勢というのがないと古墳祭自体も盛り上がらないのではないかと(^^ヾ
企画委員のモチベーションは高いのでこれをどうやって一般の町民にフィードバックするかが古墳祭の永遠の課題かもしれませんねぇ。何て言いつつ僕は今年は初日しか参加できないんですけどね(^^;)

あじさい201101
写真は木工館の横の池で撮りました!


スポンサーサイト


未分類 | 08:10:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad