■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
今どきのコミュニティ事情?
今日は朝から地元の総会。いわゆる「初寄り」っていうヤツですね。
僕の住んでる地区は155世帯あって和水町では最も大所帯です!
公民館に100人以上の人が集まるとさすがにスシ詰め状態。出欠を取るだけで10分くらいかかります(^^;)
出欠は途中で帰る人がいないように最初と最後に取るんですけど、欠席すると身心金といってお金を払わないといけません。その額4,000円也!(最初か最後のどちらかだけいた場合は半身心で2,000円)
金額の大小は別としてお金を払わなければいけないから出席する(昔は身心金という制度もなかったらしいです)という人もいるとは思いますが、それにしてもこういう地区の寄り合いが残っていて、ちゃんと機能しているのは田舎のスゴイところだと思います(^^)

鹿児島にはこういう小さな集落で土着菌を育てて売ったり、作った芋を原料にして焼酎を作ったり、空家を開放して若い芸術家を受け入れたりして、行政に頼らない町づくりをしているところがあるらしく、実際に土着菌や焼酎の販売による収益で区費が安くなったりしているらしいです。
コミュニティビジネスの良いお手本ですね(^^)
僕の住んでる地区には職人さんが多く地元の人だけでたいがいのことは出来ると言われており、国も地方も財政が厳しい今日この頃なので自治体に頼らない独立した地区を目指そうという動きも一部に出始めてて本当にそうなったら良いなぁと思います。
そこに向けて足並みを揃えるには155世帯はちょっと多過ぎるかもしれませんけど(^^ゞ

ポスト02

写真は民家村の南門から入ったところに何故かあるポストです。
実際にハガキは投函できませんが、春らしく周りに花が咲いてキレイですよ(^^)

スポンサーサイト


未分類 | 23:46:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad