■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
仕切り直し
梅雨...もうお腹いっぱいです(^^;)

さて5月の連休前に処分寸前の古い水車を利用して新たに看板(これです!)を作りましたが、それにプラスして今年は看板製作用の予算を町が取ってくれてます。まぁ予算と言っても出るのは材料費だけであとは民家村の皆さんでやってくださいということなんですけどね(^^ヾ

そんな訳で先月からどこにどんな看板を作るか役場の担当者ノリスケさん(仮名)にも手伝ってもらって皆であーだこーだと考えてます。一応、予算の許す範囲内で民家村の入口に中に何があるのかわかるように工房名を明記した看板を作ること、お隣の物産館・菊水ロマン館からお客さんを誘導する案内看板を作ること、民家村の園内の案内表示を充実させることの3つを基本とすることが決まりました。

まずは民家村の入口の看板ということですが、水車の看板の位置から見ると民家村の入口って地味でよくわからないんですよねぇ...
なので、どうせなら遠くからでもハッキリわかる大きいヤツを作ろうと大体の大きさとデザインを決めたところで役場からストップが(^^;)
何でも民家村の入口付近は江田船山古墳の関係で県の土地らしくて、地面に支柱を埋め込むような大きな看板は建てられないとのこと。今まで役場が効果的な対策をしてこられなかったのもイロイロと制約があったからなのかな?

しかーし、だからと言って簡単に撤去できるような小さな看板じゃ作っても意味がないし、役場では出せないアイデアを出すのが僕らの役目でもありますからね(^^ヾ
何はともあれまた仕切り直しですが、看板も含めてどんな入口になるかお楽しみに!

あじさい201102
写真はロマン館からカヌー館経由で民家村の裏の河川敷につながる道沿いで撮りました。
ここは知る人ぞ知る紫陽花スポットで今が見頃ですよ(^^)



スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 08:04:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad