■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
サスティナブルライフのすすめ
今日の熊本は朝から雨...
珍しくこんな時間にブログを更新してますが、今日は友だちの結婚披露パーティーのため仕事はお休みなのです(^^ゞ

昨夜はパーマカルチャーデザインコース(以下PDC)に参加してきました。
九州で初めてのPDCで12月まで全10回行うのですが、その初回がいよいよ始まりました!


中央に座っているのがPDCの講師を務めるPCCJ事務局長の設楽さんです。
参加者は予想を上回る24名とこれまでもワークショップや講座など行ってきましたが、今回はいまだかつてないほどの大盛況でした(^^)
僕は仕事が終わって夕食から合流。玉名のエコショップちゃぶ台さんのマクロビオテック料理を美味しく頂いた後、夜の講義はレインボーバレーファームのDVDを見てディスカッションです。

「サスティナブル(持続可能)な暮らしはしたい」「でも現状では持続可能な暮らしは難しい」
「何故難しいのか?」「エネルギーが持続可能でないから」「どうしたら良いのか?」
「自然エネルギーを導入して小規模な単位で供給する」「では何故それをしないのか?」
「忙しくて時間がないから...」「1人ではできないから...」
PDCに参加するような人は意識も高く知識もあるのにそれができないのは社会やシステムのせいにしがちですが、つきつめていくと結局問題は自分の中にあるのかと...
設楽さんの話はいつも一方的ではなく皆に質問を投げかけながら答えを導き出していくというスタイルで、色々と気付かされて面白いです。

思うに産業革命以前は生活そのもが暮らしの目的だったのに、現代は現金を稼ぐことが暮らしの目的になっているのでないかと。もちろん今でも生活を目的としたシンプルな暮らしをしている人もいますし、実際に奄美大島でそういう生活をしている人の話が参加者からもありました。
「持続可能な暮らしが可能か?」結論を出すことは難しいですが、まずは米でも野菜でも生活に使う道具でも生産を始めることが重要であり、生産することにより意識が変わり見えてくるものがあるのではないかという話でした。ということで僕も家を作ってます(笑)

他にもたくさん面白い話があったのですが、長くなったのでまた別の機会に紹介します!
ただ普段僕たちが疑問を持たずに受け入れている情報や価値観をもう一度見つめ直す必要はあって、それが自分自身の持続可能な暮らしやひいてはオルタナティブな社会につながっていくのだと思います。
熊本の皆さんは今日は知事選の投票に行きましょう!社会を変えるのも自分たちですよ(^^)

スポンサーサイト


パーマカルチャー | 10:05:14 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
昨日は有難うございました。
健康が一番です。病み上がりの体にはこたえました。
次回までにしっかり養生しときます。

事務仕事がおおいので、すっかり体が弱ってきています。
体が弱ると気持ちも弱る・・・
そろそろ暮らし方を変えようと思っています(笑)
2008-03-24 月 13:09:23 | URL | 山口次郎 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad